Read Article

日産三菱EV軽自動車|デイズ&eKワゴンのEVグレード|2020年発売予想

日産と三菱が新型のEV軽自動車を開発しているとの情報です。新型EV軽自動車は、企業が使用する営業車のイメージに優れていて、高い注目が集まることは間違いありません。

軽自動車の開発に関しては、合弁会社のNMKVが一手に行い、日産と三菱は両社ともに優れたEV技術を持った企業です。

今回は日産と三菱の新型EV軽自動車について予想を交えて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

日産×三菱EV軽自動車のモデルチェンジ情報2020

新型EV軽自動車は日産主導で開発

電気自動車(EV・PHEV)の市販車においてパイオニアである日産と三菱は両社ともに優れたEV技術を有しています。

今回の新型EV軽自動車では日産リーフの技術を用いたものとなる可能性が高いと思われます。

新型EV軽自動車のエクステリア

三菱i-MiEVを彷彿させる空力性能に優れた流線型になると予想します。

i-MiEV2 i-MiEV4

EV自動車は限られた電力で航続距離を稼ぐ必要があり、軽自動車サイズとなると、搭載出来るバッテリー容量にも限界があるので、空力性能に重きを置いたデザインにする必要があるからです。

エクステリアのアクセントには、EVの先進性をイメージしたブルーやホワイトのパネルやバッチが採用されると思われます。

新型EV軽自動車のパワートレイン

日産三菱の新型EV軽自動車のプラットフォームには、2019年3月にフルモデルチェンジした新型デイズ・ekワゴンと同じ物が採用される可能性が高いです。

デイズeKワゴン

これは新型デイズ・ekワゴンには全面刷新された新型プラットフォームが採用されており、設計段階からEVモデルも想定されたプラットフォームになっていると思われるからです。


このプラットフォームにリーフのEV技術を用いたEVシステムが搭載される見込みで、軽自動車サイズにリーフのモーター出力は過剰となることから、75馬力程度になると予想しています。

また、航続距離に関しても企業が営業車として使える200kmを目標としています。

新型EV軽自動車の先進安全装備

新型EV軽自動車には新型デイズ・ekワゴンと同等レベルの先進安全装備プロパイロットが採用される可能性が高いです。

  1. アダプティブクルーズコントロール
  2. 車線逸脱警報・車線逸脱防止支援システム
  3. SOSコール
  4. インテリジェント アラウンドビューモニター

アダプティブクルーズコントロール

全車追従・停止機能を含む0〜100km/hまで対応可能なアダプティブクルーズコントロールを採用します。

車線逸脱警報・車線逸脱防止支援システム

車線の中央をキープするようにステアリングアシストなどドライバーの負担を軽減する「プロパイロット機能」は必須の機能でしょう。

車線を逸脱しそうな場合にドライバーに警告を行い、車線を逸脱する危険性が高まった場合に正しい車線へ戻す力を短時間発生させドライバーが車線内に戻す操作を支援します。

SOSコール

事故といった緊急時に自動で緊急通報を行ってくれます。

インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物検知機能付)

車を真上から見下ろすように、周囲の状況を画像で確認可能な機能です。

新型EV軽自動車の発売時期

順調に開発が進めば2019年10月に開催される東京モーターショーで市販前提モデルが発表され、年内に発売開始されることも考えられます。

日産と三菱は新型EV軽自動車の開発を正式に公表を行っていません。しかし、水面下で開発が進められていると思われます。

新型EV軽自動車の予想発売価格

同じジャンルに属する三菱i-MiEVの価格を参考にすると、250万~300万円前後になると予想されます。

軽自動車の販売価格としては高額になります。ただ、様々な補助金が用意されていたり税金の軽減や免税が行われるので、実質の負担額は、一般的な軽自動車と同等レベルまで抑えられます。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top