Read Article

ダイハツ新型SUV|イグニス・XBEE対抗コンパクトSUV|2019年9月発売予想

トヨタ/ダイハツは、ラッシュ/ビーゴ後継モデルを2019年9月に発売します。トヨタでは全店扱いされるとの情報です。

ダイハツ新型SUVは、ダイハツの企画・開発・生産でトヨタにOEM供給される新型コンパクトSUVです。

スズキのイグニス・クロスビー対抗のコンパクトSUVとなります。

イグニス5

イグニス|カスタマイズモデル

XBEE2

XBEE

スポンサードリンク

ダイハツ新型SUV|モデル情報

  • DNGA新開発プラットフォーム採用
  • C-HRのクラス下コンパクトSUVとの位置づけ
  • 1.0L 3気筒NA/ターボエンジン搭載
  • 1.2Lハイブリッド搭載予想
  • スマートアシストⅢ採用

ダイハツ新型SUV|予想スペック

全長:3980mm
全幅:1670mm
全高:1600mm
ホイールベース:2490mm
エンジン:1.0L 3気筒NA/ターボ
最高出力(NA):69ps/6,000rpm
最高出力(ターボ):98ps
最大トルク(NA):9.4kgfm/4,400rpm
最大トルク(ターボ):14.3kgm(ターボ)
駆動:2WD/4WD
トランスミッション:CVT

※最高出力・最大トルク値は「ルーミー・タンク」の値です。

新型ラッシュは、旧モデルより「ワイドデザイン」を採用しています。

ダイハツ新型SUVのエクステリア

DN-TREC3

フロントマスク

DN-TREC2

リア

プラットフォームには、ハイトワゴンのトール、コンパクトのブーンに使われた新開発ユニットを採用予定。

新型ラッシュの内装は、シンプルでキレイめカジュアルに仕上がっています。

ダイハツ新型SUVのインテリア

DN-TREC1

この画像では、ちょっと未来感が垣間見えるC-HR系のデザインですね。

市販版は「SUVっぽさ」を多少演出するでしょうけどこのデザインの延長線上で作り上げて欲しいですね。

新型ラッシュには安全機能もしっかり備えられます。

ダイハツ新型SUVはスマートアシスト搭載

ダイハツ主導開発のため、Toyota Safety Senseではなくスマートアシストを採用します。世界最小・小型ステレオカメラ搭載の安全装備です。

  1. 衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両/対歩行者)/衝突警報(対車両、対歩行者)
  2. 一次ブレーキ(対車両、対歩行者)
  3. 被害軽減ブレーキアシスト(対車両、対歩行者)
  4. 緊急ブレーキ(対車両、対歩行者)
  5. 車線逸脱警報機能
  6. 先行車発進お知らせ機能
  7. AT誤発進抑制制御機能/前方誤発進抑制制御機能
  8. 後方誤発進抑制制御機能
  9. ハイビームアシスト

【参照】MCPN予防安全性能アセスメント「ASV++」先進安全車に認定

スマートアシストⅢの先進安全車の認定は、日本の事故実態を踏まえた重度の事故を少なく出来る効果に応じて、

12点以上ならASV+、46点以上ならASV++と認定されています。

ラッシュ日本モデル|最近までの動向

トヨタ
  • キャミ(1999年5月-2006年1月)
  • ラッシュ(FR・2006年1月-2014年10月/4WD・2006年1月-2016年3月)
ダイハツ
  • テリオス(1997年4月-2006年1月)
  • ビーゴ(2006年1月-2016年3月)

意外に最近まで販売されていたようですね。

2016年2月にオーダーストップとなり、ダイハツ・ビーゴと共に2016年3月生産終了を迎えています。その後は在庫対応。

追伸情報

関連記事


画像引用元:https://www.carscoops.com/

Return Top