新車発売情報Labo

Read Article

トヨタカローラツーリングGT-FOUR新規モデル情報|予想価格350万円スポーツグレード設定

トヨタは”ターボエンジン”搭載グレード・カローラツーリングGT-FOUR追加が期待されています。発売時期はベースモデルから半年ほど遅れて、2020年秋登場と言われていました。

トヨタカローラツーリングGT-FOURは新開発1.6L直噴ターボを搭載。最高出力250psを発揮する本格スポーツモデルとなります。

このターボエンジンはGRヤリス搭載

トランスミッションにカローラスポーツ6MTで採用された”iMT”(インテリジェントマニュアルトランスミッション)を採用します。

”GT-FOUR”というネーミングから四輪駆動であることは間違いありません。しかし、縮小しているワゴン市場に高出力エンジンを導入するか微妙なところです。

そのため、ハッチバックのカローラスポーツやC-HRへ”GT-FOUR”設定という方向性も考えられます。

また、”GRMN”のように限定車で”GT-FOUR”登場ということがあるかしれません。この場合は、カローラツーリング以外にも設定の可能性が出てきます。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 4390mm
  • 1790mm
  • 1520mm
  • 2640mm
  • 1420kg
  • 1.6L直3ターボ
  • 272ps
  • 37.7kgm
  • 6速MT


外観はボンネット上部に大型のターボ給入口設定は確実

専用バンパー装備の可能性も高いです。しかし、バンパーのグリルがメッシュで比較的大型のため、予測は難しく、両サイドにグリルがつくかしれません。

リアバンパーもスポーティなのとなるはずです。また、大きめのリアスポイラーの装備も確定的なはずです。ヘッドライトのデザインは、まず変化ないでしょう。

COROLLA TOURING GT-FOURのボディカラー

ベースモデルと同等の色が用意されると考えられます。また、イエロー系やメタリックグレー系などが追加されることも考えられます。

車体下部に”赤いライン”が引かれることもあるでしょう。

【ボディカラー】を選ぶ基準


内装はベースモデルにスポーティな装飾を追加したもの

マルチインフォメーションディスプレイの表示も専用のものとなり、ダッシュボードにエンブレムがつくことも考えられます。

また、250psという設定からスポーツシートへの変更もあるでしょう。

リアシートの2人掛け化の可能性は低いと思われ、荷室の使い勝手も基本的にカローラツーリングと同等となるはずです。

スポーティな仕様のため、撥水シートは装備されないでしょう。GRヤリス搭載の直噴1.6L 272psターボエンジン採用

  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • タイヤ
  • 駆動
  • 1.6L直3ターボ
  • 272ps
  • 37.7kgm
  • 6速MT
  • 225/40R18
  • GR-FOUR

詳しくは記事にまとめました。参考にどうぞ。

トヨタGR-FOUR&1.6L直3ターボエンジン“G16E-GTS”とは

新開発スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”採用?

多板クラッチ採用の前後で駆動力を可変できるシステムを採用しています。駆動は”GT-FOUR”のネーミングから考えて”4WD”となります。

ただ、RAV4に搭載されるような4輪駆動システムは搭載されない可能性があります。

変速機は6速インテリジェントマニュアルトランスミッション搭載

iMT採用(インテリジェントマニュアルトランスミッション)とは

「半クラッチ」や「ギア合わせ」を気にせず、自動で回転数を合わせてくれるマニュアルトランスミッションが採用されます。

マニュアル初心者や苦手な人でも、最初からストレスなくマニュアル運転を楽しめる仕様となり、どんな人も好きなクルマに乗れます。

インテリジェントマニュアルトランスミッション”操作”の仕組み

SPORTモードで「iMT」がスタンバイ状態に。

この状態でドライバーの変速を検出してコンピューター制御により、エンジン回転数をクルマが自動的に合わせスムーズな変速をアシストしてくれます。

クラッチ操作が苦手でもショックが少ないため、ワインディングや登降坂路でスポーティなドライビングが楽しめる仕様です。

一方で、SPORTモードにしなくても発進アシスト機能が作動します。
発進時のクラッチ操作を検出し、エンジン出力を最適に調整(トルクアップ)。

クラッチのみで発進操作をスムーズに行える仕組みとなっています。
ATのクリープ機能みたいなものですね。坂道発進も楽々行えます。

その他パワートレイン情報

DSGや多段オートマチックの装備はやや微妙なところでしょう。また、車体剛性やサスペンションも大幅にチューニングされることが考えられます。

さらに、4WDではないグレードや200ps程度に抑えられたグレードが登場する可能性もあります。

カローラツーリングGT-FOURの予防安全装備Toyota Safety Sense

カローラツーリングが販売時点の最新機能を持つ予防安全装備が搭載されます。実用車ベースであることから、予防安全装備がカットされる可能性は低いでしょう。

グレード名にセリカのGT-Fourを冠したカルディナGT-Four

トヨタ自動車から販売されていたスポーツワゴンと言えば、往年の名車・カルディナGT-FOURを思い出される方も少なくないでしょう。

カルディナ GT-FOUR

260psを誇る2.0Lターボエンジン搭載

ニュルブルクリンク走行でスープラよりも速い8分46秒という記録を達成。まさに走るために生まれてきたワゴン車でした。

カローラツーリングGT-FOUR情報Labo

カローラスポーツGTI

画像引用元:https://www.motor1.com
画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:http://kakaku.com

Return Top