bZ4Xが魅せる未来|移動と居住の水準が高騰し生活安泰に影響

箱根駅伝で多くの人が走っている実車を確認したbZ4X。

BEVが生活に浸透する予感を受け取りましたよね。

 



乗員の目線を低く保てるSUV

コックピットを低い位置に配置しています。

ドライバーはステアリング上にメーターを眺められる最適位置で運転のしやすさを感じやすくなります。

 

コクピット上部が低い位置だと助手席の乗員も目線を遠くへ飛ばすことができ、情報の少なさに安心感を覚えるでしょう。

後席の腰高感がなければ、後席に乗る人も頭上の圧迫感がなく快適性は高くなります。

 

外観から確認できるリアビューもどっしり低重心。

このことから推測するに、後席は腰位置低く乗れる構造に収まっていると感じます。

 

遮音性が高く静かな居住性

ハイブリッド以上のモーター走行による静音性に加え

剛性を高めたボディは遮音性も高いです。

 

数年前から話題の音声認識機能も搭載し

ワイパーやエアコンを声で動作指示できる機能もあり、

これまでのようなスイッチ操作の雑音もなく

スマートな音声入力で静粛性はもっと高まります。

 

シルエット完璧

初のBEVという理由もあって、見た目への力の入れようも格別です。

その意気込みはスバルとの共同開発だったことにも表れていると思います。

レクサスがRZ450eで登場させることからも、エクステリアに込められた意味は強いです。

 

塊感は最高で、ガソリン車のような変な隙間を感じさせない詰め様になっています。

ボンネットとフロントガラスの角度が目いっぱい無くされていることも塊感の向上に効果が出ています。

 

箱根駅伝で実際に走っているbZ4Xを見てどう感じましたか?

人それぞれ感想はありますよね。

管理人は「結構普通だな」の感想でした。

でもbZ4Xを目の前で披露されたら「ウホッ!」ってなると思うんですよ。

すぐに欲しくさせる魅力を感じるでしょう。

 

クルマ好きだからではなく、それほどの気持ちにさせる新しさと輝きがbZ4Xには備わっているように感じます。

この感情は初めてプリウスを見たときの感情と似ています。

 

BEVに対するハードルが低い

30分で80%充電できる150kWDC急速充電に対応し、

電気自動車に心配されがちな

「中途半端な場所で充電切れたら嫌だな」

「充電に時間がかかると行動しにくいな」

といった不安や心配が解消されています。

 

「どこに充電できる施設があるか不安」

という疑問にも充電施設の位置情報をコネクティッドナビで把握できる機能を搭載するので安心。

 

また、このナビ機能には

「あとどれだけ走れるのか心配」

という不安にも「航続可能エリア表示」機能で対応。

これらはマルチメディアシステムに含まれる機能の1つです。

 

走行可能な距離と充電施設位置を把握しておけば

自分の行動を制限されることはありません。

生活にちょっと計画性が必要になりますけどね。

 

これも、良いほうに捉えれば日常をダラダラせずに済み、

計画的な生活習慣が身につくと考えることも出来ますね。

 

通信アップデートで移動レス

Toyota Safety Senseのソフトウェアアップデートは無線通信により可能になりました。

KINTOで話題になりましたよね。

わざわざ購入店舗に出向く煩わしい移動や手続きが減ります。

 

所有を共有できる

デジタルキーをオプション設定すれば

例えば家族間でスマホを通して「クルマの鍵」を共有できます。

アナログな「鍵」受け渡しがなくても

今クルマに乗りたい人がスマホで「デジタルキー」を受け取って、遠くにいても即乗りできるという訳です。

なんかLINEでメッセージを送るくらいの便利機能ですね。

 

ソーラーパネルで”備え”られる

これプリウスPHV登場で話題になったけど

今これを「抜群に生活で役立ててます!」という人を見かけたことないですよね。

年間走行距離1800Km分の電力を発生するらしいです。

 

必要とする人が出ない話題だけの機能と思いきや

最近話題の「災害・緊急時の電力」を太陽光で充電可能です。

充電スタンドレスで駐車場充電もできて、

ポータブル電源のように”いざ”に備えられます。

 

スバルの息により耐衝突性高

クロス骨格・部材によって衝突エネルギー吸収効率を高めつつ

車両加害性も低減されています。

ぶつかってもぶつかられても被害を最小限に抑える工夫です。

事故に関してはゼロを目指してますからね。

 

また、所有者が心配なのは衝突による「電池クシャ‼」

何が起こるか分からないパルプンテ状態に突入します。

 

ここは前面・側面の衝撃から保護する分散構造により、

不安を最小限に抑える作りになっているようです。

 

外骨格がやさしいまま発現し、王の一翼を担うサンジくらい最強です。

 

電池の安全と質重視

あれだけコンピュータに近いスマホより安全そうです。

というのは防止・兆候検知する設計・監視のシステムが内蔵されているからです。

 

具体的な安心材料

  • 異常発熱しない設計
  • 異物混入排除(製造段階で)
  • 電圧・電流・温度を多重監視
  • 電池に冷却液が触れない設計
  • 高抵抗タイプ冷却液でショート防止
  • ボディ一体型大容量電池パック

 

国内最強メーカーが力を込めて作った第一弾BEVです。

中国製バッテリーが突然発火するような事態にはならないでしょう。

 

災害時・緊急時「外部給電」可

別売り給電器があれば、大出力の電力を「住宅」や「家電」に供給可能。

電気自動車ならではの一番の強みです。

 

備えに対する意識が徐々に上がってきている日本。

2030年前後に南海トラフ大地震や富士山噴火、再パンデミックの可能性もあるとメディアで騒いでます。

 

最悪を考えて正しく恐れる意識を持ち

そのために電気自動車がどんな役に立つか考えて中古でも購入しておけば

いざというときの備えに一役買います。

 

関連情報

トヨタ新型bZ4X機能情報はこちら。

スペックや機能は同じ他社OEM

レクサス新型RZ450e情報はこちら。

スバル新型ソルテラ情報はこちら。

 



MONTHLY RANKING