Read Article

新型カローラツーリングスポーツ|3ナンバーTNGA化|2019年9月発売

トヨタは、カローラ フィールダーをカローラ ツーリングスポーツ(仮)として2019年9月に発売予定です。

カローラセダンも同時期の発売となっています。

新型カローラツーリングスポーツは、TNGA化でGA-Cプラットフォームを採用。

デザインを刷新し、ボディサイズも「3ナンバー」に進化しています。ファミリー感の強かったフォルムから、若者向けのエクステリアになります。

よりスマートになったフォルムによって空力性能が向上するため、燃費にも期待が持てるでしょう。

低重心化・ボディ剛性強化・サイズ拡大により、室内空間は質感が上がり、居住性も拡大します。これは乗り心地・安定性・操縦安定性にもつながりますね。

予想価格は180万〜260万円とされていますが、機能向上により、これより数万円アップも予想されます。

スポンサードリンク

カローラフィールダーのフルモデルチェンジ情報2019【カローラツーリングスポーツ】

新型カローラ フィールダーのエクステリア

カローラ フィールダー カローラ フィールダー2カローラ ツーリング スポーツ11

▽ハッチバックとのフォルム比較 カローラ ツーリング スポーツ3 カローラ ツーリング スポーツ4

【動画】【カローラ】WAGON<海外仕様>コンセプトムービー

新型カローラ フィールダーのインテリア

▽コクピットカローラ フィールダー3

▽リアシートカローラ ツーリング スポーツ7

▽ラゲッジスペース カローラ フィールダー4

搭載エンジンは全3種類。

新型カローラ フィールダー搭載エンジン

  • ハイブリッド①:1.8L+モーター
  • ハイブリッド②:2.0L+モーター
  • ガソリン:1.2Lターボ

そのエンジンが発揮する燃費の予想は以下となっています。

新型カローラ フィールダーの予想燃費

現行より10%向上の35キロ超えを目標に開発中という情報です。さらに、GTモデルとして、排気量を拡大したターボ搭載グレードも追加予定とされています。

新型カローラ フィールダーに1.6Lターボ「GT-FOUR」追加?

燃費を重視した実用的なターボエンジンではなく、スポーツ性と燃費を両立する「ターボエンジン」を設定するとの予想。

「GRシリーズ」に設定される可能性のようで、250psで2.0Lターボ並みのパワーを発揮するエンジンを搭載するようです。

また、フルタイム4WD専用モデルとなり、懐かしいカルディナGT-Four(2002年~2007年)をほうふつとさせるマシンの登場が期待されます。

ここまでのスペックをまとめておきます。

ガソリン(1.2L)搭載モデル|スペック

エンジン:1.2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボ
最大出力:116ps/5200-5600rpm
最大トルク:18.9kgm/1500-4000rpm
トランスミッション:6MT/CVT
駆動:FF/AWD
JC08モード燃費:20km/L(現行19.4km/L)

ハイブリッド(1.8L)搭載モデル|スペック

エンジン:1.8L 直列4気筒 DOHC+モーター
最高出力:98ps/5200rpm
最大トルク:14.5kgm/3600rpm
モーター最大出力:72ps
モーター最大トルク:16.6kgm
駆動:FF/4WD(E-Four)
JC08モード燃費:35km/L(現行30.4km/L)

また、新型カローラツーリングスポーツは先進安全装備も充実。

新型カローラ フィールダーの先進安全装備

各種支援機能が追加され、より安全性能が進化・向上するでしょう。

 

追伸情報

関連記事

「ワゴン」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.autocar.co.uk
画像引用元:https://www.carscoops.com

テストカー

全体的なフォルムはTNGA採用により低さが強調されます。
カローラ フィールダー-8 カローラ フィールダー-12カローラ フィールダー-2 カローラ フィールダー-6

エクステリア|フィールダー1エクステリア|フィールダー4 エクステリア|フィールダー10

Return Top