新車発売情報Labo

Read Article

ホンダシャトル次世代情報2020|フィット搭載2モーター式e:HEVハイブリッド採用

スポンサードリンク


ホンダシャトルは2020年に次世代型へ移行予定で注目はハイブリッド方式の変更です。
現行モデルの1モーター2クラッチ式から、2モーター式高性能ハイブリッドe:HEVを搭載します。

エクステリア・インテリアともに質感アップを図り、ユーザーの期待に応えます。

またシャトルにもCROSSTAR(クロスター)を設定との情報もあり、クロスオーバーグレードが追加設定されるかもしれません。

次世代安全装備として衝突回避支援パッケージHonda SENSINGは全車標準装備されます。

ホンダシャトル次世代情報2020

ホンダシャトル次世代型にCROSSTAR(クロスター)設定か?

SUVテイストを盛り込んで、フロントマスクに内装、ルーフレール、アルミホイールに専用デザインを採用します。

このクロスター戦略で売れれば、2020~2021年の間にシャトル・N-BOX・ステップワゴン・オデッセイに採用拡大していくとの情報です。

【参照】フリードの場合

フリード

クロスターは、EXグレードと置き換えられます。
ガソリン・ハイブリッド、3列シート・2列シート、2WD・4WDと全タイプに設定。

エクステリアはルーフレールを採用。
15インチアルミホイールを装備して標準モデルとフロントマスクを差別化。

インテリアには木目調のダッシュボードを採用し、アウトドアの雰囲気が盛り込まれています。

フリード4

【動画】フリード クロスター

シャトル次世代型にe:HEV2モーターハイブリッドシステム搭載

6シャトル

ホンダはシャトル次世代ハイブリッドに1.5L+2モーター式e:HEV搭載。

  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • トランスミッション
  • 1.5L+モーター
  • 108ps
  • 13.9kgm
  • 125ps
  • CVT

2モーター式ハイブリッドe:HEVとは?

ホンダの最新のハイブリッドシステムで、環境性能の良さ、走る楽しさも両立させる次世代ハイブリッドシステムです。

これを実現するために走行用のモーターと発電用のモーターの2つの用途の異なるモーターを使っているのが特徴。
日産のe-powerにやや似ています。

走行用のモーターを独立させることでEV走行領域が広がっています。

発進を含む低速走行から高速走行まで、全域でモーター駆動を発揮。
レスポンスに優れたスムーズで力強い加速と静粛性を実現し、同時に燃費も向上。

すでに、この新方式のハイブリッドを新型インサイトやステップワゴン・アコードに搭載。
国内外から高い評価を得ています。

なぜ大型車種限定e:HEVをシャトルに搭載できる?

コストを抑えて量産化できるようになったためです。

2モーターに組み合わされるガソリンエンジンは改良を加えた1.5L i-VTECエンジン。
十分なパワーを引き出し、JC08モード燃費は34.4km/L以上となります。

ホンダシャトル次世代型は内外装の質感アップ

4シャトル

ホンダシャトル次世代型のエクステリアは基本的に現行コンセプトを踏襲します。
丸みを帯びた現行モデルに対して、エッジを利かせたシャープなラインを多用。

スポーティでスタイリッシュな印象のデザインでユーザーを惹きつけるでしょう。

フィットがフルモデルチェンジした後に登場するため、フィット次世代モデルのデザインが参考となります。

フィット1

ホンダシャトル次世代型のボディサイズ

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • 4450mm
  • 1695mm
  • 1580mm

現行モデルより若干大きくなる程度。5ナンバーを維持するでしょう。
国内の走路事情を考えると5ナンバーに抑えるということは重要なポイントです。

ホンダシャトル次世代型にHonda SENSING全車標準装備

0シャトル

Honda SENSING新機能

  1. オートブレーキホールド機能付き電動パーキングブレーキ搭載
  2. 渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール
  3. パーキングセンサーシステム(4センサー)

予想追加Honda SENSING機能

  1. 横断自転車の検知
  2. 夜間無灯火の歩行者認識
  3. 前走車追随
現行HONDA SENSING機能
  1. 衝突軽減ブレーキ
  2. 誤発進抑制機能
  3. 歩行者事故軽減ステアリング
  4. 先行車発進お知らせ機能
  5. 標識認識機能
  6. 路外逸脱抑制機能
  7. アクティブクルーズコントロール
  8. 車線維持支援システム
  9. 後方誤発進抑制機能
  10. オートハイビーム
衝突軽減ブレーキ

自転車と夜間歩行者検知機能が付き、アクティブクルーズコントロールには全車速追従機能が追加されます。

ホンダシャトル次世代情報Labo

フィット次世代モデル



画像引用元:https://indianautosblog.com
画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:https://www.motor1.com

Return Top