イグニス一部改良|新グレードHYBRID MV設定2021年9月7日

イグニスを一部改良。

価格帯は1,600,500円~1,993,200円。



HYBRID MV装備

  • LEDヘッドランプ
  • LEDフロントフォグランプ
  • リヤフォグランプ
  • パドルシフト

HYBRID MG追加装備

  • キーレスプッシュスタートシステム
  • フルオートエアコン

HYBRID MF追加装備

  • レザー調シート
  • 防汚タイプラゲッジフロア
  • ラゲッジシェルフ

 

【2020年2月4日】イグニス一部改良

イグニス変更点

  • エクステリア意匠変更(MG・MX・MZ)
  • SUV色強めた新グレード設定
  • 内装配色変更と快適装備充実
  • 安全装備の充実
  • 価格は1,522,400円~1,975,600円
  • 燃費はWLTCモード19.0~19.8km/L

エクステリア意匠変更

ハイブリッドのMG・MX・MZのエクステリアが一新されています。

可愛らしさが増した印象です。

新意匠グリルがSUVの力強さを強調しつつも、

女性が乗るのを想定したコミカルな新しい外観になっています。

  • 5スロットグリル
  • ボディ同色の新意匠リヤバンパー

に特徴が出ており、まとまりができましたね。

これは新規グレードHYBRID MFの影響でしょう。

HYBRID MFは見ての通り、

ロアグリルにバンパーガード状の意匠を加えて

SUV色が強調されたデザインです。

ほかにもシルバー塗装を施した

  • リヤバンパー
  • ルーフレール
  • フェンダーアーチモール
  • サイドアンダーモール

で色を出しています。

女性がSUV系に乗っているとカッコいいですし、

ワイルドな感じの相棒に包まれたい女子ウケしそうですね。

インテリアにも特徴

高級レザー調シート表皮でワイルドさを強める

カーキ&ガンメタリックが採用されています。

ワイルドさが好きな人は

アウトドアも好きな確率も高いと思います。

そんな彼女へ向けてHYBRID MFには

防汚タイプラゲッジフロアが

リヤシートバック背面とスライドラゲッジボードに採用されています。

新ボディーカラーと2トーン設定

先ほどのタフカーキパールメタリックが加わりました。

これが一番SUV色を強めます。

ここにブラック2トーンルーフが加わり、

全16パターンから色を選べます。

内装色変更&快適装備充実

メインはシート・メーターの意匠が変更されています。

モデルの気分転換といった感じです。

センターコンソール・ドアグリップカラーに

鮮やかなブルーとガンメタリックでコントラストをつけています。

ただ、残念ながら廉価版のHYBRID MGはシンプルなブラックです。

インテリアはオートライトシステムに

快適機能「ガイドミーライト」が全車標準で追加されています。

ガイドミーライトって?

夜間、クルマを降りたあと、

周囲を照らすように一定時間ヘッドランプが点灯してくれます。

また、クルマに乗り込むまえにも

リモコンでドアロック解除したときにヘッドランプが点灯します。

こちらの機能も女性の視認性の安全と

乗車前の身の安全を考えた機能と言えますね。

スズキセーフティサポート全車標準装備

デュアルカメラブレーキサポートを含む安全装備が

全車に標準装備されています。

 

【2019年7月11日】特別仕様車HYBRID MGリミテッド

イグニス特別仕様車HYBRID MGリミテッドを発売。

価格は2WDが1,512,000円、4WDが1,649,160円です。

HYBRID MGをベースとし、

デュアルカメラブレーキサポートを標準搭載します。

  • フルオートエアコン
  • キーレスプッシュスタートシステム

など装備も充実させ、お得感の高いモデルとなっています。

スズキイグニス特別仕様車HYBRID MGリミテッド設定2019

こんにちは!
石栗です

イグニスから特別仕様車 HIBRID MGリミテッドが登場しました!
メッキとガンメタリック塗装を一部に装備!! コンパクトサイズなので、狭い道も走りやすいですよ☺️ 特別な装備のイグニスもよろしくお願いしますね pic.twitter.com/QzAvHU7XKJ

— スズキアリーナ小樽 (@arenaotaru) 2019年7月12日

エクステリア

  • メッキフロントグリルガーニッシュ
  • メッキフロントフォグランプベゼル

インテリア

  1. サテンメッキ調エアコンルーバー
  2. 専用高輝度ガンメタリック塗装パーツ採用

オプション

  • 全方位モニター用カメラパッケージ

ボディカラー新設定

  • キャラバンアイボリーパールメタリック
  • ラッシュイエローメタリック
  • ブラック2トーンルーフ仕様|全15パターン

 

【2019年7月1日】イグニス一部改良

  • セーフティパッケージ標準装備
  • HYBRID MX・HYBRID MZ
  • ボディカラー追加
  • キャラバンアイボリーパールメタリック
  • ラッシュイエローメタリック

 

【2019年4月】イグニス一部改良

ボディカラー設定変更

  • ヘリオスゴールドパールメタリック廃止
  • ヘリオスゴールドパールメタリック ブラック2トーンルーフ廃止

 

【2018年7月】イグニス一部改良

全方位モニター用カメラパッケージに

  • GPSアンテナ
  • TV用ガラスアンテナ
  • USBソケット

追加。

 

【2017年12月7日】イグニス特別仕様車Sセレクション

イグニスのHYBRID MXをベースとした

特別仕様車Sセレクションを2017年12月7日発売。

スズキセーフティサポート装備を充実。

エクステリア特別装備

  • LEDヘッドライト装備
  • LEDヘッドライト
  • LEDポジションランプ
  • オートライトシステム

ボディカラー|計8色

  • ネオンブルーメタリック
  • ヘリオスゴールドパールメタリック
  • ファーベントレッド
  • スピーディーブルーメタリック
  • フレイムオレンジパールメタリック
  • ピュアホワイトパール
  • プレミアムシルバーメタリック
  • スーパーブラックパール

また、ボディカラーに合わせて2色の内装色を設定。

インテリア特別装備

  • 助手席シートヒーター(2WD)
  • 本革巻ステアリングホイール

 

【2016年2月18日】イグニス登場

  • 価格帯1,382,400円~1,875,960円。
  • 燃費25.4~28.8km/L。

iM-4コンセプトが市販になったもの。

1.2Lデュアルジェットエンジン搭載。

マイルドハイブリッド。

ハスラーの兄貴的位置づけとなるSUVモデルです。

イグニスのボディサイズはソリオと同等

iM-4コンセプトがほぼそのままの形でデビューします。

全長全幅全高 3700mm 1660mm 1595mmのボディサイズ。

日産ジュークよりもひとまわり小さいサイズで

エスクードほど大きすぎず、ハスラーよりも居住性は良いでしょう。

取り回しのしやすいコンパクトSUVとして、人気が出そうな予感です。

ポップで新しい外観で本格SUVを楽しめるイグニス

スズキは小型SUVの評価が高く、

これまでにも他モデルで実績があります。

ハスラーなど軽自動車はもちろん、

エスクードの本格クロスオーバーも手掛けます。

今回、新型エスクードが街乗り仕様になり、

少しコンパクトになりましたがまだまだ本格派。

そこへ軽SUVハスラーと

本格SUVエスクードの中間モデルとしてイグニスを投入します。

中間モデルとは言え、16インチタイヤを装備。

乗車定員も5名でアウトドア好きの若者が

集まって出掛けるのにベストな大きさです。

何よりもデザインがスポーティで新しく、

ヘッドライトにはU字のLEDクリアランスランプを採用。

その中に、アルトと同じコの字LEDライトが見てとれます。

内装もハスラーで培ったオシャレなカラーパネルを採用。

イグニスはマイルドハイブリッドモデル最高燃費28.8km/L

軽量化に加えエンジンも1.2Lデュアルジェットエンジンを搭載。

ソリオと同じくマイルドハイブリッドが搭載されます。

4WDグリップコントロール機能装備。

高い走破性も備え

安心してレジャーを楽しめるモデルが新型イグニスです。

ボディカラー

  • フレイムオレンジパールメタリック(新色)
  • ネオンブルーメタリック(新色)
  • ヘリオスゴールドパールメタリック(新色)
  • ピュアホワイトパール
  • プレミアムシルバーメタリック
  • ファーベントレッド
  • スーパーブラックパール
  • ブーストブルーパールメタリック

ブラック2トーンルーフ設定

  • フレイムオレンジパールメタリック(新色)
  • ネオンブルーメタリック(新色)
  • ヘリオスゴールドパールメタリック(新色)
  • ピュアホワイトパール
  • ファーベントレッド

 

 



MONTHLY RANKING