新車発売情報Labo

Read Article

Honda SENSINGとは|N-BOXやオデッセイに搭載されるホンダの予防安全装備

Honda SENSINGとは、ホンダ車の予防安全装備パッケージのことです。

軽自動車ではN-BOXやN-VANに搭載。登録車ではNSXやシビックタイプRを除いた、ほとんどの車種に搭載グレードが用意されています。



Honda SENSINGとは

Honda SENSING

Honda SENSINGの機能

Honda SENSINGの機能は、

  1. 衝突被害低減ブレーキ
  2. アダプティブクルーズコントロール
  3. 歩行者事故低減ステアリング
  4. 車線維持支援システム
  5. 誤発進抑制機能
  6. 標識認識機能
  7. 先行者発進お知らせ機能
  8. オートハイビーム

などで構成されています。
最も装備数が少ないシビックには、誤発進抑制機能と歩行者事故低減ステアリングは搭載されないなど、車種によって微妙な差があります。

しかし、

  1. 衝突被害低減ブレーキ
  2. 車線維持支援システム
  3. アダプティブクルーズコントロール
  4. 先行者発進お知らせ機能

上記は、ほぼ全車に標準装備と言えるでしょう。 なお、オートハイビームは比較的車種の差が大きく、当初からHonda SENSINGを搭載した車と現行フィット、グレイスには装備されており、ヴェゼルには搭載されていません。

軽自動車と乗用車で機能差はあるのか?

Honda SENSINGは、新型車に搭載される度にアップデートされており、軽自動車と登録車の差はほとんどありません。 ただ、渋滞時のアクセル・ブレーキ制御とステアリング制御を行うトラフィック・ジャムアシストは、高級セダン・レジェンドのみの機能となっており、レジェンド以降に販売された車種には搭載されていません。

Honda SENSINGの搭載位置

Honda SENSINGは、ミリ波レーダーと単眼カメラによって作動します。

  1. カメラ:室内のフロントウィンドウ上部
  2. レーダー:フロントバンパー内
  3. またはエンブレム付近

上記に搭載されます。この位置関係に関しては、今後も変化はないと言えるでしょう。
また、標識認識機能はマルチインフォメーションディスプレイに表示されます。

Honda SENSINGとシティブレーキアクティブシステム

マイナーチェンジ前のフィット・現行N-ONE・初代N-WGNには、シティーブレーキアクティブシステムという簡易的な予防安全装備が搭載されていました。

機能はHonda SENSINGより少なくなっており、Honda SENSINGよりも検知速度範囲が小さい低速域衝突軽減ブレーキ + 誤発進抑制機能のみとなっています。

簡易的ですがセーフティ・サポートカーS〈ベーシック〉に認定されます。

Honda SENSINGの今後

Honda SENSINGの今後の基本機能は、次期N-WGNまたは次期フィットのものが標準となり、モデルチェンジごとに新機能を追加、性能を向上していくでしょう。

それ以前の参考としては、現在最新型のインサイトとCR-V搭載のものとなるでしょう。次期N-WGNは、アダプティブクルーズコントロールの対応速度域の向上という話もあります。

現行モデル・オデッセイやヴェゼル、ステップワゴンは、新型へモデルチェンジされるまで、大きな変化はないと考えられます。また、アクティトラック及びS660への搭載は可能性が低いと考えられます。

また、自動運転に関するテクノロジーにホンダはあまり積極的ではない部分もあり、ある程度、実現した場合でも、Honda SENSINGとは異なるオプションやグレード別設定となることが考えられます。

Honda SENSING以前の予防安全装備

Honda SENSING以前にも衝突被害低減ブレーキは開発・搭載が試みられており、2003年のインスパイアのCBMSが世界初の衝突被害低減ブレーキ搭載の量産車となっています。

インスパイアにはセットで車間距離維持機能や車線維持支援システムも装備されHiDSという名称でセットとなっており、CBMSはその後

  • 8代目シビック
  • 同時期のシビックハイブリッド
  • 4代目オデッセイ
  • 4代目ステップワゴン
  • 3代目CR-V
  • 2代目ストリーム
  • クロスロード

上記のような”上級グレード”に搭載されているので、中古車でも安全性をという方は、こちらを探すのも良いでしょう。

Honda CONNECTとは

Return Top