Read Article

三菱パジェロ特別仕様車FINAL EDITION|700台限定発売|2019年4月24日発売

スポンサードリンク


三菱のフラッグシップSUVであるパジェロは2019年4月に700台限定の特別仕様車FINAL EDITIONを発表し、同時に2019年8月に国内販売の終了も発表しています。

事前報道ではマイナーチェンジを施したものを販売するとの話もありましたが、実際には特別仕様が発表されています。

そのため、限定車が購入できなかった場合などでも一般の仕様も選択可能となっています。

また、パジェロの今後ですが、三菱はおそらく現行タイプを海外で販売し続け、排ガスや燃費規制などに対応しきれなかった時点で販売を終了するものと思われ、次回型は当面製造されないでしょう。

なお、ロシアなどで販売されているパジェロスポーツの国内導入に期待のかかる所ですが、現時点ではアナウンスはなく、少なくとも2019年の東京モーターショーまでは今後については不透明と言えるでしょう。

パジェロFINAL EDITIONのエクステリア

パジェロFINAL EDITIONのエクステリアでは、ルーフレールの装備が目を引きますが、特別仕様車だけにベースモデルとの差はありません。

マイナーチェンジではないだけに機能的にもほぼ同等となっています。

メーカーオプションでリヤデフレクター、メッキスペアタイヤカバー、アルミプレートも装備されたマッドフラップの装備も可能です。

パジェロFINAL EDITIONのインテリア

パジェロFINAL EDITIONのインテリアはパジェロのクリーンディーゼル車のEXCEEDグレードをベースにしています。

ベージュまたはブラックから選べる本革シート(電動パワーシート)と電動ロングサンルーフの装備が特徴的です。

7インチ WVGAディスプレイ メモリーナビゲーションも装備されます。

なお、シリアルナンバーの入ったプレートのようなメモリアルアイテムは装備されません。

シート自体の機能そのものは同等であるため、サードシートの床下収納やセカンドシートのスライドが可能となっています。

パジェロFINAL EDITIONのメカニズム

パジェロFINAL EDITIONは、3.2L コモンレール式クリーンディーゼルエンジンと5速オートマチックのみの組み合わせとなっており、すべて4WDで、ガソリンエンジン仕様は設定されません。

ただし、一般仕様の他グレードで購入が可能です。

また、FINAL EDITIONには脱出性能を高めるリヤデフロックが装備されています。(他グレードでもオプションで設定)

パジェロFINAL EDITIONの特別装備

パジェロFINAL EDITIONでは全タイプ寒冷地対応の仕様となっており、

  1. フロントワイパーディアイサー
  2. ヒーテッドドアミラー
  3. リヤアンダーカバー
  4. 寒冷地対応バッテリー
  5. フューエルラインヒーター
  6. スタートアップヒーター

が標準装備されています。

パジェロFINAL EDITIONの安全装備

パジェロFINAL EDITIONでは、ベースモデルのパジェロと安全装備面ではほぼ変化がなく、SRSサイド&カーテンエアバッグが装備され、衝突安全ボディなども採用されています。

予防安全装備は搭載されていません。なお、一般グレードであっても予防安全装備は用意されません。

パジェロFINAL EDITIONのボディカラー

パジェロFINAL EDITIONのホディカラーは、

  1. ウォームホワイトパール(3万円の有料色)
  2. スターリングシルバーメタリック
  3. ブラックマイカ
  4. スターリングシルバーメタリック /アイガーグレーメタリック(4万円の有料色)

の2トーンカラーが用意されています。

ディープレッドマイカとディープブロンズメタリックは一般仕様で購入可能ですが、

三菱ホームページには

「生産スケジュールの都合により、カラー、メーカーオプションなどが、お客様のご希望に添えない場合がございます」

との告知があるため、注意が必要です。

パジェロFINAL EDITIONの価格

パジェロFINAL EDITION はクリーンディーゼル車のみの設定で4,530,600 円となっています。

EXCEEDグレードより高く、SUPEREXCEEDより安いといった価格設定です。

 

【2018年10月11日】パジェロ 一部改良|装備標準装備化・オプション設定

三菱のオールラウンドSUVである「パジェロ」が2018年10月11日に一部改良を受けて魅力を向上させてきたので、今回はパジェロが受けた一部改良の内容について紹介したいと思います。

今回の一部改良ではユーザーからのニーズが高かった装備の標準装備化やオプション設定が中心となっていてエンジン等のメカニズムに関する改良は見送られています。

現行型のパジェロは発売開始から12年が経過しておりフルモデルチェンジに関する情報も流れ始めていますが、毎年のように一部改良を実施することで魅力の向上が行われておりパジェロの魅力を保っているのです。

オプション装備の標準装備化で魅力を大きく向上

パジェロ2

今回の一部改良では「GR」グレードでオプション装備となっていた「プロジェクター式ディスチャージヘッドライト(ロービーム光軸調節機構付)」や、
「ヘッドライトウォッシャー」・「オートライトシステム」といったヘッドライトに関するオプションパーツの他、

「電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター・ウインカー・アプローチランプ付)」・「LEDポジションランプ&フロントハロゲンフォグランプ(ベゼル一体型)」・「本革巻きステアリングホイール・本革巻きA/Tセレクトレバー・本革巻きトランスファーレバー&パーキングブレーキレバー」といった利便性や質感を高めるオプション装備が標準装備化されています。

その他にも「SUPER EXCEED」や「EXCEED」ではオプションパーツ化の要望が多かった「ルーフレール」と「サンルーフ」をセットにしてオプションパーツ化するなど魅力の向上が図られています。

パジェロの販売価格

パジェロの販売価格に関して関しては

  1. 「GR」の3000ccV型6気筒エンジン搭載モデル:3,391,200円
  2. 「GR」の3200cc直列4気筒ディーゼルターボエンジン搭載モデル:3,865,320円
  3. 「EXCEED」の3000ccV型6気筒エンジン搭載モデル:3,839,400円
  4. 「EXCEED」の3200cc直列4気筒ディーゼルターボエンジン搭載モデル:4,282,200円
  5. 「SUPER EXCEED」の3200cc直列4気筒ディーゼルターボエンジン搭載モデル:4,951,800円

となっています。

パジェロ|概要

パジェロ5

パジェロは日本を代表するオールラウンドSUVのひとつで、世界的にも有名なラリーレースである「パリ・ダカールラリー」に数多く参戦し、
優勝を含む好成績を残したことから日本だけなく中東地域やヨーロッパでも知名度が高いモデルとなっています。

そのため、現在でも三菱自動車を象徴する自動車となっており、

強靭なラダーフレームと乗り心地に優れたモノコックボディを組み合わせた「ラダーフレーム・ビルドイン・モノコックボディ」や、
電子制御四輪駆動システムの「スーパーセレクト4WD2」によって高い走破性能を誇ります。

 

【2016年10月27日】Mitsubishiパジェロ 一部改良

三菱は、オールラウンドSUVパジェロに一部改良を加え発売。2018年2月、ショートの生産を終了しています。

パジェロ

また、2018年7月中国でマイナーチェンジを迎え、2019年モデルを発表していることから次期パジェロの動きの1つと考えられますね。

▽MITSUBISHI GT-PHEV ConceptGT-PHEV CONCEPTMITSUBISHI GT-PHEV Concept

パジェロ|一部改良内容

  • 新色追加
  • ドアトリムに合成皮革採用
  • ピアノブラックのインパネ採用
  • ナビの操作性向上

SUPER EXCEED/EXCEED(ロングボディ)

  • ボディカラーに新色ディープブロンズメタリックを設定

EXCEED/GR(ロングボディ)・VR-Ⅱ/VR-Ⅰ(ショートボディ)

  • ドアトリムの一部に合成皮革を採用し、質感を向上

GR(ロングボディ)・VR-Ⅰ(ショートボディ)

  • ピアノブラック調のインパネを採用し、質感を向上

機能装備

  • 7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション「MMCS」の操作性を向上

※SUPER EXCEEDに標準装備
※EXCEED、VR-Ⅱにメーカーオプション

価格

ショート

VR-Ⅰ(3.0L SOHC 24バルブ V型6気筒ECI-MULTI)
292万6800円

VR-Ⅱ(3.2L DOHC 16バルブ 4気筒インタークーラーターボディーゼル)
400万1400円

ロング

GR
327万7800円(3.0L SOHC 24バルブ V型6気筒ECI-MULTI)
375万1920円(3.2L DOHC 16バルブ 4気筒インタークーラーターボディーゼル)

EXCEED
383万9400円(3.0L SOHC 24バルブ V型6気筒ECI-MULTI)
428万2200円(3.2L DOHC 16バルブ 4気筒インタークーラーターボディーゼル)

SUPER EXCEED
495万1800円(3.2L DOHC 16バルブ 4気筒インタークーラーターボディーゼル)

※全変速機:5速AT(INVECS-Ⅱスポーツモード)
※全駆動:4WD(スーパーセレクトⅡ)

ボディカラー

新色

  1. ディープブロンズメタリック

モノトーン

  1. クールシルバーメタリック
  2. ダイヤモンドブラックマイカ
  3. ウォームホワイトパール
  4. ディープレッドマイカ

2トーン

  1. プラチナベージュメタリック/ディープシーグリーンマイカ
  2. クールシルバーメタリック/アイガーグレーメタリック

エンジン|特徴

3.0L V6 24VALVEエンジン(EXCEED/GR/VR-Ⅰ)

  • 最高出力:131kW(178ps)/5250rpm
  • 最大トルク:261N・m(26.6kgf・m)/4000rpm
  • 低中回転域の力強さと扱いやすさ
  • V6のスムーズで軽快なレスポンス
  • 走りに楽しさを感じられる

3.2L コモンレール式クリーンディーゼルエンジン(DI-D)

  • 最高出力:140kW(190ps)/3500rpm
  • 最大トルク:441N・m(45kgf・m)/2000rpm
  • クリーンディーゼルエンジン
  • 取得税・重量税免税
  • 排ガスのクリーン性能が高い
  • 振動と騒音を大幅に低減する燃料噴射システム
  • 静粛性が高い
  • ターボチャージャーが高レスポンスを引き出す
  • 幅広い回転数域でトルクフルな走り
  • 低速からビッグトルク

燃費

  • SUPER EXCEED:10キロ
  • EXCEED/GR/VR-Ⅱ:10.4キロ

 

追伸情報

関連記事

「SUV」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top