新車Labo

Read Article

ワゴンR新車2021年12月に期待|ムーヴキャンバス対抗派生スライドドアモデル登場

新型ワゴンRは2021年12月登場が期待されています。

スタイルを大幅に変更。

ムーヴキャンバス対抗のスライドドア採用派生車の追加がうわさになっています。

外観だけでなく中身も強化されて、ハンドリング性能やパワートレイン刷新が図られるということです。



新型ワゴンRの予想エクステリア

ワゴンR 25周年記念車3

ノーマルとスティングレーの構成を継続します。

ワゴンR 25周年記念車2

そのうえでヘッドライト・グリル・バンパー・ボンネットと大きく改良が行われるでしょう。

ハイブリッドFXやFAにもLEDヘッドランプやLEDアクセサリーランプが採用されて、質感アップする可能性も。

このヘッドランプにはプロジェクター式が採用されるでしょう。

プラットフォームは改良され、乗り心地をさらに向上します。

スタイル全体の変更点では、ムーヴキャンバスに似せたスライドドア仕様の追加が検討段階とのうわさ。

ムーヴキャンバス

このモデルはクリアで目立つLEDヘッドランプを採用する、ムーヴキャンバスそのものを意識したモデルになるといわれています。

スズキとトヨタは協業関係にあります。

ダイハツのモデルに対抗するというより、自動車業界全体を盛り上げていくために、ダイハツも協力するカタチでしょう。

新型ワゴンRの内装は使い勝手重視

シートカラーの追加やシートスライド機能に変化をつけ、リアシートへのセンターアームレストの追加やサンルーフの装備も期待されます。

スティングレーは、エアコン吹き出し部のメッキ装飾の追加、マルチインフォメーションディスプレイ画面の変更も行われることが期待されます。

新型ワゴンRのパワートレイン

R06D型エンジンをさらに改良し、効率化。

NAマイルドハイブリッドとターボが設定され、ムーヴキャンバス対抗モデルにも同じパワートレインが採用されるでしょう。

現行燃費はトップレベルのWLTCモード25.2km/Lで、後発のN-WGN(23.2km/L)よりも優れています。

燃費は改善しても、JC08モード34.0km/L程度となるでしょう。

トヨタ技術で軽自動車にフルハイブリッドを搭載か?

トヨタとの協業成果を新型で投入する可能性があります。

話題性と未来の軽自動車の可能性に投資する場合は、実現するかもしれませんね。

フルハイブリッドとなれば、軽自動車全体に影響が出ます。

スズキはそのチャンスを淡々と狙い、今後展開していくかもしれません。

ライバルのダイハツは2016年トヨタの傘下に入り、新型トールを開発・発売。

トヨタとスバルへのOEM供給で、販売ルートを多様化するなど、話題を作りました。

次は必ずスズキが反撃に出るはずです。

それが軽自動車へのフルハイブリッド搭載。実現するといいですね。

トヨタは軽自動車のフルハイブリッド化・軽から高級スポーツカーまで含めた自動車業界統合を狙っています。

軽自動車大手2社は今後、大きな転機を迎えるでしょう。

新型ワゴンRの予防安全装備

スズキセーフティサポート

最も変化する可能性が高いと考えられるのが予防安全装備。

 

【2019年12月】ワゴンRマイナーチェンジ

  • 自然吸気エンジンにR06D型採用

 

【2017年2月1日】6代目ワゴンR

ワゴンR 25周年記念車

ボディサイズは継続。デザインは大幅に変更されました。

フロントマスクやリアビュー、インテリアの質感に手を加えています。

  • 2段型ヘッドライト(NAモデル)
  • 新世代軽量プラットフォーム
  • リアバンパー水平ランプ採用
  • デュアルカメラブレーキサポート搭載
ワゴンR/STINGRAY
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • モータートルク
  • トランスミッション
  • 26.8km/L
FA
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1650mm
  • 2460mm
  • 750kg
  • R06A型0.66L直3
  • 52ps/6500rpm
  • 6.1kgm
  • CVT
  • 26.8km/L
HYBRID T
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1650mm
  • 2460mm
  • 800kg
  • R06A型0.66L直3ターボ
  • 64ps/6000rpm
  • 10.0kgm
  • 3.1ps/1000rpm
  • 5.1kgm/100rpm
  • CVT
  • 28.4km/L

新型ワゴンRのエクステリア

  1. 2段型ヘッドライト(NAモデル)
  2. 水平ランプリアバンパー採用
  3. NA(自然吸気エンジン)モデル
  4. 水平2段型ヘッドライト採用
  5. 水平リアコンビネーションランプ採用
  6. ターボモデル(スティングレー)
  7. タテ型ヘッドライト採用
  8. 水平リアコンビネーションランプ採用

これまで、NAモデルが「タテ型ヘッドライト」採用。
新型ワゴンRは、NAモデルに「水平ヘッドライト」を採用。2段タイプ。

そしてスティングレーは、個性的なタテ型ヘッドライト採用。
イメージはヴェルファイアルックのブル顔。ワルい見た目になりました。

グリルに独立式グリルを採用。
個性的なフロントマスクでノーマルとコンセプト分けます。

新型ワゴンRのインテリア

インテリアは2モデル共、質感向上・装備の充実が施されました。

  1. ハイブリッドFZ/FX
  2. 軽自動車初、ヘッドアップディスプレー装備

車速・シフト位置・警告などを表示。
目線を進行方向に保つ時間が増え、運転時の負担軽減になります。

ダイハツの高品質な内装に負けないよう、
スズキもインテリアの充実に力を入れます。

ワゴンRの価格(当時)

2WD

FA
107万8920円
ハイブリッドFX
117万7200円
127万3320円(セーフティパッケージ装着)
ハイブリッドFZ
135万円
140万9400円(セーフティパッケージ装着)

4WD

FA
120万2040円
ハイブリッドFX
129万8160円
139万4280円(セーフティパッケージ装着)
ハイブリッドFZ
147万960円
153万360円(セーフティパッケージ装着)

スティングレーの価格(当時)

2WD

L
129万3840円
135万3240円(セーフティパッケージ装着)
ハイブリッドX
148万8240円(セーフティパッケージ装着)
ハイブリッドT
165万8880円(セーフティパッケージ装着)

4WD

L
141万4800円
147万4200円(セーフティパッケージ装着)
ハイブリッドX
160万9200円(セーフティパッケージ装着)
ハイブリッドT
177万9840円(セーフティパッケージ装着)

ワゴンRの性能

新世代軽量プラットフォーム採用

  1. アルトに採用された軽量新世代プラットフォーム採用
  2. 最高33.4キロの燃費

パワートレイン

  1. NA(自然吸気エンジン)モデル
  2. 改良型Sエネチャージ(モーターアシスト)
  3. ボディの軽量化によりクラスNo.1燃費へ

NA&ターボ(スティングレー)を設定

  1. キープコンセプトでスティングレー設定
  2. デザインはNAモデルと入れ替わる感じに

デュアルカメラブレーキサポート搭載

  1. 前方衝突警報機能
  2. 前方衝突警報ブレーキ機能
  3. 前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
  4. 自動ブレーキ機能

メーカーオプション

  1. 誤発進抑制機能
  2. 車線逸脱警報機能
  3. ふらつき警報機能
  4. 先行車発進お知らせ機能

ワゴンR Labo

Return Top