新型ワゴンRスライドドア2021年12月に期待|ムーヴキャンバス対抗派生モデル登場

ワゴンR新型スライドドアモデルは2021年12月登場が期待されています。

ムーヴキャンバス対抗のスライドドア採用派生車ということになりますね。

わざわざスライドドアモデルを作るということは、

ムーヴキャンバスに人気があるという証明かもしれませんね。

ダイハツ新型ムーヴが気になる話。

ワゴンRの新型スライドドア仕様も女性向けの清楚系モデルになるんでしょうか?

ワゴンR新型スライドドアモデルの外観

ムーヴキャンバス

このモデルはクリアで目立つLEDヘッドランプ装備の

ムーヴキャンバスそのものを意識したモデルという情報でした。

これ以上の情報は出てないため、このワゴンRに

ワゴンR 25周年記念車

スライドドアが装備されるイメージしかわきませんね。

ムーヴキャンバスはムーヴより全高を拡張したモデルです。

サイズ比較
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
ムーヴキャンバス
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1655mm(+25mm)
  • 2455mm
ムーヴ
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1630mm
  • 2455mm

この違いのようにワゴンRも全高をサイズアップして

クリアLEDヘッドランプなど女性目線の可愛い装備を纏うものと考えられます。

同社スペーシアやソリオが女性ターゲットのジャンルですよね。

スペーシアとどんな関係になる?

全高にこだわりが出るモデルなのでスペーシアの全高1785mmより低く抑え、

他のサイズは軽自動車枠の中に納まるノーマルな仕様だと思います。

ワゴンRやスペーシアと違いを出す部分は、

装備や機能で限りなくムーヴキャンバスに近づけることがポイントでしょう。

スライドドア採用の車重アップによる燃費低下を防ぐ工夫

ワゴンRとスペーシアの中間モデルとして広さを充実させると思います。

外観の2トーン仕様はありきたりですね。

女性の日常生活に特化させた仕様をモデル全体で工夫すると感じられます。

どのグレードに設定される?

ワゴンRはスティングレーを除けば2つのスタイルを設定しましたよね。

  • FZはよりカスタムに近いノーマルモデル
  • FX・FAが従来の廉価ノーマルモデル

と考えれば、価格の張るFZには採用されにくそうです。

スライドドアの装備増加分の価格が圧し掛かるでしょうから

FX・FAで価格を抑えてスライドドアを採用するほうが、購入者の負担を抑えられます。

 

現在スズキとトヨタは協業関係にあります。

「ムーヴキャンバスに対抗する」というより、

  • 自動車業界全体を盛り上げていくためにダイハツも協力するカタチ

という捉え方もありそうです。

新型ワゴンR情報はこちら。