【最新】トヨタC-HRフルモデルチェンジ情報2023年夏予想|スタイリッシュクーペSUVの2代目

プリウスSUVとして華々しくデビューした初代トヨタC-HR(レクサスUX)。

ついに来年2023年夏頃フルモデルチェンジして登場のようです。

デザインは既出。BEVのあのデザイン。ヘッドライト形状が特徴です。

また新型プリウスが2022年中にも登場すると予想があり、同モデルのデザインも共有します。

しかし、プリウスのほうがまだはっきりデザインが判明していません。

今のところ、こちらもBEVに準じるのかに注目です。

 

さらに、デザインに限らずパワートレインがプリウスに準じるならPHVも入ってくる可能性も?

では、深掘りしていきます。

 




予想価格

3,300,000円~

 

外観デザインはクーペSUV継続

新型プリウスと共通点多数出て完成?

新型プリウスのデザインはまだはっきり出てきません。

しかし、上記bZ3が当初プリウスデザインの原型だと話題になりました。

C-HRのほうがわかりやすくこの生画像デザインなので、そう遠くないデザインで登場するでしょう。

公式公開っぽいデザインはこちら。

現行のデザイン路線を継続しつつ、進化を遂げるハズです。

予想ボディサイズ

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • 4500mm
  • 1800mm
  • 1570mm
  • 2700mm
  • 1500kg

 

GR同時設定予想

新型登場と同時に設定の予想。MTが期待されています。

GRMNは?

現行でも出なかったので、もう期待できる内容ではないですね。

 

内装予想

車高上がる?

予想では、車高を若干上げて後席居住性向上が図られるとの情報。

でも、このモデル、コンセプトカーとは言え車高上がってるでしょうか?

いよいよ車高低く見えます。笑

コンセプトは理想のデザインを形にしたものなので、初期段階は理想の車高です。

だいたい市販のときは、現実的な車高になってガッカリします。

でもC-HRは後席居住性や頭上空間が課題でしょう。

TNGAで工夫され、車高を上げて見せず、室内空間を充実させるデザインに落ち着くかもしれません。

 

パワートレイン

内燃機関は1.8L HEV・2.0Lガソリン

1.8Lハイブリッド(=HEV)

予想スペック

  • エンジン
  • エンジン出力
  • エンジントルク
  • モーター出力(F)
  • 1.8L直4 HEV
  • 100ps
  • 15.0kgm
  • 100ps

※E-Four:リアモーター出力+45ps予想

新型プリウスと共通の1.8Lハイブリッド。

 

PHVを搭載する?

その場合は新型プリウスPHVの2.0L PHEV。こちらはRAV4 PHVハリアーPHVとも共通です。

同じトヨタ系列でプラグインハイブリッドを搭載しているものに、NXやRXも存在します。

しかし、こちらは排気量違いの2.5L PHEVです。

この2.5L PHEVは、可能性として新型アルファードに搭載される予想が出ています。

 

2.0L自然吸気エンジン搭載

1.8Lハイブリッドと併せ、搭載の可能性が高いパワートレインです。

上記新型プリウスPHVのプラグインハイブリッド、2.0L PHEVのエンジン部分だけのものになります。

 

1.2Lターボ惜しくも廃止?

2030年代ガソリン車販売禁止に伴い電動化が必須になっていきます。

このあとに続く『BEV』登場予想が本当なら、内燃機関で初めに廃止されるんでしょうね。

このガソリンエンジンに代わるものが上記2.0L自然吸気エンジンです。

 

まとめると

新型C-HRのパワートレインには

  • 1.8Lハイブリッド
  • 2.0Lガソリン(PHVクラスの性能)

が採用されます。

 

駆動はE-Four

現行ハイブリッドは2WDのみのラインナップです。

新型C-HRには、追加設定で『ハイブリッド4WD』と言われるE-Fourも搭載されます。

前後にモーターを搭載し、4輪を操る仕様のため、安定性はより高まります。

 

BEVも登場?レクサスUX300eから移植?

予想はe-TNGAではなくTNGAにBEVシステムを適用させて登場させるというもの。

同内容ですでにレクサスUX300e(C-HR OEM関係)が存在しています。

完全なBEVで登場させないのなら以下のような内容でC-HR BEVが登場する可能性もありますね。

C-HR BEV予想スペック

UX300eで代用します。

UX300e
  • モーター
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • Liバッテリー
  • 駆動
  • 航続距離
  • 急速充電
  • セーフティネット
  • 充電ポート
スペック
  • 4KM型
  • 230ps
  • 300N・m
  • 54.4kWh(床下)
  • 前輪
  • 367km
  • 50分75%/80分100%
  • 過充電防止システム
  • リア左右

C-HRに同内容でBEVが設定されると価格も跳ね上がります。

UX300eの価格帯で5,800,000円・6,350,000円。エンジン車の倍近いです。

レクサスプレミアム価格を抜いて500万円台といったところでしょうか。

 

プリウスSUVであるC-HRにBEVが先行設定されたとして、見えてくるのは新型プリウスBEVです。

新型プリウスBEVはいつ登場?

予想自体はかなり前から出ています。

新型プリウスEV 2023年末以降?に期待|PHEVの次は電気自動車でフルラインナップ?

でも、これから話が出てくるか、この予想は予想で終わる感じですね、今の時点では。

こちらは完全なBEVの予想でした。

でも、新型プリウスはまだ内燃機関とPHVで登場なので、これからどうつながって来るかに注目ですね。

関連記事

【続報】新型プリウス情報はこちら。

新型プリウスPHV情報はこちら。

レクサスUX300e情報はこちら。

レクサスUX一部改良2022情報はこちら。




DAILY RANKING