【続報】C-HR フルモデルチェンジ2023|2.0L&1.8L HEV搭載「1.2Lターボ廃止」

2023年秋フルモデルチェンジ予想。

予想価格3,300,000円~

初代は「プリウスSUV」として華々しくデビューしたトヨタC-HR(レクサスUX)。

新型はBEVでコンセプトが発表されたこのデザインになりました。

スモールSU EVのデザインがC-HR

なんかサイズが小さくなった気がしますね。

こちらはHEVとPHEV仕様で登場。

じゃあ↓のデザインは何?と思いませんか?

BEVのToyota bZ Compact SUV Concept。

このデザインは一歩進んで、↓になりました。

こちらはC-HR BEVとしてBEV専用車で登場しそうな流れになっています。

 




外観デザインはプリウスと共通?

プリウスのデザイン

C-HRの目もこうなりますよね。原型(コンセプト)がこちら。

コンセプト段階で完成度上がっています。

旧C-HRのヘッドライト形状はこちら。

スポーティさが際立つデザインに変更されます。

予想ボディサイズ

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • 4300mm
  • 1800mm
  • 1570mm
  • 2700mm
  • 1500kg

内装予想

後席居住性が見直されます。ここ重要課題でしたよね。

車高上がる?

予想では、車高を若干上げて後席居住性向上が図られるとの情報。

コンセプトは内装は見せていません。しかし、車高アップは少し図られているように見えます。

C-HRは後席居住性や頭上空間が課題。

TNGA効果で車高は低く見せつつ、室内空間は充実させるデザインになったのかもしれませんね。

 

パワートレイン

2.0L HEV

プリウスがフルモデルチェンジで1.8L継続で新規2.0L追加。

C-HRもプリウスに準じます。

【参照】プリウススペック

  • システム最高出力:144kW(196ps)
  • 28.6km/L(Zグレード・Gグレード燃費)

1.8Lハイブリッド

【参照】プリウススペック

  • 最新の第5世代ハイブリッドシステム搭載。
  • 32.6km/L(Uグレード・Xグレード燃費)

駆動はE-Four

旧型ハイブリッドは2WDのみのラインナップです。

新型C-HRには追加設定で『ハイブリッド4WD』のE-Fourが搭載されます。

前後にモーターを搭載し4輪を操る仕様のため、安定性は高まります。

PHEV?(搭載の情報は出ていません)

搭載する可能性があればプリウスPHVの2.0L PHEV採用。

同トヨタ系列でプラグインハイブリッドを搭載しているものにNXやRXも存在。

しかし、こちらは排気量違いの2.5L PHEVです。

この2.5L PHEVは、可能性としてアルファードに搭載される予想も出ています。

2.0L自然吸気エンジン?(続報は出ていません)

2.0Lハイブリッドのシステム抜きでガソリン車登場の可能性。

1.2Lターボ廃止(続報)

2030年代ガソリン車販売禁止に伴い電動化が必須になっていきます。

このあとに続く『BEV』登場予想が本当なら、内燃機関で初めに廃止されるんでしょうね。

このガソリンエンジンに代わるものが上記2.0L自然吸気エンジンです。

 

『BEV』も登場?(続報は出ていません)

プリウス公式発表から数日待たずにbZコンパクトSUVコンセプト(Toyota bZ Compact SUV Concept)を発表。

これどう見てもC-HRですよね。BEVのコンセプトカーです。

内装がbz4xと共通しています。

LAオートショー出展予定。

レクサスUX300eから移植?

で、C-HR BEVの予想はe-TNGAではなくTNGAにBEVシステムを適用させると言われています。

同システムで、すでにレクサスUX300e(2022年一部改良)が存在しているからです。

完全なBEVで登場させないのなら、以下のような内容でC-HR BEVが登場します。

C-HR BEV(UX300eシステム移植)予想スペック

UX300eで代用

UX300e
  • モーター
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • Liバッテリー
  • 駆動
  • 航続距離
  • 急速充電
  • セーフティネット
  • 充電ポート
スペック
  • 4KM型
  • 230ps
  • 300N・m
  • 54.4kWh(床下)
  • 前輪
  • 367km
  • 50分75%/80分100%
  • 過充電防止システム
  • リア左右

C-HRに同内容でBEVが設定される(?)と価格も跳ね上がります。

UX300eの価格帯で5,800,000円・6,350,000円。エンジン車の倍近いです。

レクサスプレミアム価格を抜いて500万円台といったところでしょうか。

 

新型C-HRの搭載パワートレインまとめ

  • 2.0Lハイブリッド(確定)
  • 1.8Lハイブリッド(確定)
  • 2.0Lプラグインハイブリッド
  • 2.0Lガソリン
  • BEV

予想。

 

プリウスSUVであるC-HRにBEVが設定されたとして、見えてくるのはプリウスBEVです。

【関連】プリウスBEVはいつ登場?

予想自体はかなり前から出ています。

プリウスEVは登場するの?2023年より先?|bZ SDNコンセプトはbZ3(中国)モデル

でも、これから話が出てくるか、この予想はロマンで終わる感じです。今の時点では。

bZ SDNコンセプトがプリウスのBEVかと思ったらbZ3(中国)になりました。

でも同モデルの登場でもう一個BEV登場が示されています。また中国モデルかもしれませんが。

【記事更新】『TOYOTA bZシリーズ(開発中車両)』はプリウス?クラウン?何ですか、コレ。

 

【ロマン予想】GR同時設定(続報なし)

新型登場と同時にGR設定の予想。MTが期待されています。

GRMNは?

現行でも出なかったので、もう期待できる内容ではないですね。

どうしてもの場合は、BEVに期待しましょう。

C-HR GRMNはBEVで実現?|2022年8月に特別仕様車設定でG存続

 

関連記事

プリウス情報はこちら。

プリウスPHEV情報はこちら。

レクサスUX300e情報はこちら。

レクサスUX一部改良2022情報はこちら。




DAILY RANKING