新車発売情報

Read Article

トヨタプリウスPHV一部改良一部改良2019年5月9日|後部シート5人乗り仕様へ変更

スポンサードリンク


トヨタはプリウスPHVに一部改良を行い5月9日発売しました。

注目の情報は、5人乗りが追加されたことです。

また、プリウス(HV)がマイナーチェンジによってプリウスPHVのデザインに似せたこともあり、プリウスPHVのデザインは現行から大きく変更することなく現状キープです。

期待される先進安全装備に関しては、次回のマイナーチェンジで先進的な車にふさわしいトヨタ最新の技術が導入がされ、夜間の歩行者や自転車の検知が可能になります。

今回は新型プリウスPHVに関する情報について紹介したいと思います。

トヨタプリウスPHVマイナーチェンジ情報2019

プリウスPHV2

プリウスPHVを一部改良して”5人乗り”仕様へ

今回の一部改良では、5名乗車用シートを採用して、プリウスPHVも5人乗り仕様になります。

現行はEVモードの航続距離60キロを維持するため、MIRAIと同じく乗車定員4人となっています。

EV性能・航続距離60キロの数値目標を優先した結果で、後席にはあえてセンターコンソールを設置したようです。

プリウスPHV6

ハイブリッドは5人乗りとして提供されている状況なので、5人乗り仕様の発売は、メーカーも意識していたそうです。

2019年のNYオートショーで後部座席3人掛けプリウスPHV(北米仕様)披露

詳細な画像は、下記DRIVER WEBのサイトで閲覧可能です。

プリウスPHVの一部改良によるエクステリアの変更点

エクステリアデザインは、基本的には好評となっているので、大きな変化はないようです。

プリウスEV2

【予想】次のマイナーチェンジで行われそうなエクステリアの変更点

前後バンパーに新たなデザインを採用して、スポーティな印象になることです。

LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)を装備して、フロントマスクの印象を大きく変わるかもしれません。

プリウスPHV15

プリウスPHV一部改良によるインテリアの変更点

プリウスのマイナーチェンジ同様に、ホワイトのアクセントをブラックに変更し、高級感を高めます。

また、5名乗車となった後部座席に合わせて、2つのUSBポートを追加します。さらに

Apple CarPlay・SiriusXM・Amazon Alexaへ対応

プリウスPHVプリウスPHV5プリウスPHV18

【予想】次のマイナーチェンジで行われそうなインテリアの変更点

全てのグレードにDCM(専用通信機)を標準装備したコネクティッドカーとなることです。

クルマとトヨタスマートセンターが通信で繋がることで、24時間カーライフをサポートすると共に、

対応ナビを使用することで様々なサービスを利用することが可能となります。

【予想】次のマイナーチェンジで行われそうな先進安全機能の進化

プリウスPHV23

各種支援機能が追加され、より安全性能が進化・向上するでしょう。

 

【2018年1月8日】トヨタプリウスPHV特別仕様車

  1. S“ナビパッケージ・Safety Plus”A“Utility Plus”
  2. S“Safety Plus”
  3. S/Sナビパッケージ/Aグレードベース
  4. 特別仕様車:S“Safety Plus”/S“ナビパッケージ・Safety Plus”/A“Utility Plus”を追加
  5. 先進安全機能インテリジェントクリアランスソナー特別装備
  6. サポカーS・ワイド相当
  7. 価格帯:332万5320円~382万9680円

S“ナビパッケージ・Safety Plus”共通|特別装備(安全性向上)

プリウス PHV 特別仕様車 S“Safety Plus”

インテリジェントクリアランスソナー

駐車場などでのアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する安全機能

シンプルインテリジェントパーキングアシスト

スイッチを押すだけで駐車スペースを判断して駐車のアシスト実施

S“Safety Plus”|特別装備

急速充電インレット

外出先でも短時間で充電可能

ナビレディセット

後退時にバックカメラによる後方映像の画面表示を可能に

S“ナビパッケージ・Safety Plus”|特別装備

  1. アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/ヴィークルパワーコネクター付)
  2. ETC2.0ユニット

A“Utility Plus”|特別装備(標準装備)

  1. アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、ヴィークルパワーコネクター付)
  2. ETC2.0ユニット
  3. 標準装備
  4. インテリジェントクリアランスソナー
  5. シンプルインテリジェントパーキングアシスト

特別仕様車3グレード共通|変更点

  1. ステアリング・シフトパネルをブラック加飾に変更
  2. 上質な室内空間を演出し特別感を表現

基本スペック

  1. リダクション機構付のTHSII Plug-in
  2. 直列4気筒DOHC 1.8L 2ZR-FXE
  3. 2WD(FF)

 

【2017年9月19日】プリウスPHV GR SPORT

G’sに代わるスポーツコンバージョンモデル・プリウスPHV GR SPORT。

S(326万円)/Sナビパッケージ(366万円)をベースに、パワートレーン以外のボディ・足回りをスポーティに仕上げています。

価格

  • S GRスポーツ:371万1960円
  • Sナビパッケージ GRスポーツ:411万6960円

販売店は全国のトヨタ店/トヨペット店/トヨタカローラ店/ネッツ店

プリウスPHV GR SPORT専用ボディカラー全7色

  1. ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)
  2. シルバーメタリック
  3. グレーメタリック
  4. アティチュードブラックマイカ
  5. エモーショナルレッド(メーカーオプション)
  6. サーモテクトライムグリーン(メーカーオプション)
  7. スピリテッドアクアメタリック

プリウスPHV GR SPORTベース【Sグレード】スペック

全長:4645mm
全幅:1760mm
全高:1470mm
ホイールベース:2700mm
トレッド:フロント1530mm/リヤ1540 mm
最低地上高:130mm
EV走行距離:68.2キロ
HV燃費:37.2キロ
エンジン:1.8L+モーター
駆動:2WD
トランスミッション:CVT
最高出力:798ps/5200rpm
最大トルク:14.5kgm/3600rpm
乗車:4人
価格:326万1600円

 

【2017年8月28日】インテリジェントクリアランスソナー

安全支援技術「Toyota Safety Sense」「ICS(インテリジェントクリアランスソナー)」の搭載による事故低減効果を公表。

Toyota Safety SenseとICS同時装着モデルの設定を、2018年度末までにコンパクトカーも含めた販売車両全体の約9割まで拡充していくと発表しています。Toyota Safety Senseは、低速域から高速域まで衝突回避支援・被害軽減を図る安全支援技術。

一方、最近多く報道に見られるペダル踏み間違いによる事故低減に貢献を果たすインテリジェントクリアランスソナーは、駐車場でのペダル踏み間違いや踏みすぎによる事故防止などを支援する機能となります。

追突事故調査結果(調査期間:2015年12月~2016年12月|プリウス24万7000台調査対象)

  • 事故発生率は事故件数を走行台数(販売台数を販売時期をもとに換算)で割って算出
  • 事故低減効果は、交通事故総合分析センター(ITARDA)の事故データをもとにトヨタが独自算出

追突事故について
Toyota Safety Sense搭載車:非搭載車に対して約5割減
Toyota Safety Sense P&インテリジェントクリアランスソナー搭載車:非搭載車に対して約9割減

Toyota Safety Sense Pとインテリジェントクリアランスソナーを搭載する車両は、経済産業省、国土交通省などが推奨する安全運転サポート車のうち、高齢運転者に推奨される「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」の「ワイド」に相当します。

 

【2017年2月15日】新型プリウスPHV

S
急速充電無し 326万1600円
Sナビパッケージ
366万6600円
A
380万7000円
Aレザーパッケージ
406万6200円
Aプレミアム ナビパッケージ
422万2800円

グレード体系

S
オーディオレス(6スピーカー付/カバーレス)仕様の普及グレード

Sナビパッケージ|「A」の装備追加
LEDフロントフォグランプ
先読みエコドライブ(先読み減速支援)
T-ConnectSDナビゲーションシステム

A|上級グレード
ブラインドスポットモニター(BSM)
インテリジェントクリアランスソナー(巻き込み警報機能付)
シンプルインテリジェントパーキングアシスト
T-Connect|SDナビゲーションシステム
充電インレット:急速充電機能追加

Aレザーパッケージ|シートが「Aプレミアム」と同仕様
本革シート表皮
運転席8ウェイパワー&助手席4フェイフロントシート
運転席電動ランバーサポート
リヤ大型センターアームレスト(合成皮革巻き・ステッチ付)

Aプレミアム|最上級グレード
雨滴感応式オートワイパー
カラーヘッドアップディスプレイ
ナノイー
アクセサリーコンセント

バッテリー充電方法

トヨタ プリウスPHVバッテリー充電方法

  • 充電ステーション急速充電にも対応
  • 従来の家庭用電源からの充電も可能
  • ソーラーパネル発電で駆動用バッテリーに充電(世界初)
  • ソーラーパネルは179Wの発電能力あり
  • 1日で6.1km分の走行電力をまかなう
  • 年間1000km走行できる電力の発電が可能

ボディカラー全9色

  1. スピリテッドアクアメタリック
  2. エモーショナルレッド
  3. サーモテクトライムグリーン
  4. スティールブロンドメタリック
  5. アティチュードブラックマイカ
  6. グレーメタリック
  7. シルバーメタリック
  8. ホワイトパールクリスタルシャイン
  9. スーパーホワイトII

スペック

全長:4645mm
全幅:1760mm
全高:1470mm
ホイールベース:2700mm
車重:1510キロ
システム:直列4気筒DOHC1.8L+2モーター
最高出力:98ps/5200rpm
最大トルク:14.5kgm/3600rpm
モーター出力1/2:72ps/31ps
モータートルク1/2:16.6kgm/4.1kgm
駆動方式:2WD(FF)
タイヤ:195/65R15
バッテリー:リチウムイオン
EV航続距離:60キロ以上
EV走行最高時速:135km/h
総電力量:8.8kWh
トランスミッション:電気式無段変速機
燃費:37キロ(ハイブリッド燃費)
乗車定員:4名
価格:326万~422万円

エクステリア

  1. 4眼LEDプロジェクター採用

インテリア

  1. ガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコン
  2. 11.6インチ大型ディスプレイ
  3. T-Connect SDナビゲーションシステム

【走行性能】先読みエコドライブ(先読み減速支援)機能搭載

  1. ドライバーの過去の運転傾向から減速・停止地点を登録
  2. 「アクセルOFF案内」とエンジンブレーキの効果を高める「回生拡大制御」を行う
その他|ITS Connect採用(メーカーオプション)
  1. 道路とクルマ、クルマ同士が通信
  2. ドライバーの安全運転を支援

安全機能トヨタセーフティセンスP採用充実

  1. トヨタセーフティセンスPを全車標準装備
  2. 同一車線運転支援システム搭載
  3. イジテリジェントパーキングアシスト2に機能追加

トヨタセーフティセンスPに同一車線運転支援システムを搭載。

日産・プロパイロット並みの性能を保有することになります。

全車標準装備により、どのグレードを選択しても長距離クルーズをより安全でドライバーの負担軽減する安全性能へ進化。

運転支援機能をオプション設定
  1. 電子インナーミラー
  2. ブラインドスポットモニター
  3. リヤクロストラフィックアラート
  4. ITSコネクト

現行は、プリクラッシュセーフティシステム(対物)搭載。

また、オプション設定(エグゼクティブラウンジグレードを除く)のみ搭載です。

トヨタセーフティセンスPはミリ波レーダー+単眼カメラを採用。

プリクラッシュセーフティシステムに歩行者対応自動ブレーキシステムが採用されます。

トヨタセーフティセンスPの主な機能
  1. レーンディパーチャーアラート
  2. オートマチックハイビーム
  3. 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
  4. レーダークルーズコントロール

Toyota Safety Sense第2世代版を2018年より導入

レーントレーシングアシスト(LTA)

レクサス 新型LSシリーズに搭載されたレーントレーシングアシストを次世代 Toyota Safety Sense Pに初採用。

高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシストのスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援。

【動画】プリウスPHV試乗

 

追伸情報

トヨタプリウスGR SPORT新型モデル情報2020|マイナーチェンジモデルベース

画像引用元:https://www.carscoops.com/
画像引用元:http://toyota.jp

現行プリウスPHV概要

プリウスEV12

プリウスPHVはハイブリッドカーであるプリウスのプラグインハイブリッドモデルで、2017年2月に現行型となる2代目モデルが登場しました。

「TNGA」に基づき一新されたプラットフォームは現行型プリウスと基本的に共通となっており、

パワートレインには現行型プリウスで大幅改良を受けた1800cc直列4気筒エンジンに駆動モーターと、発電兼用のモーターが組み合わされています。

プリウスPHVはリチウムイオンバッテリーの容量を先代モデルの21.5Ahから25Aに増やした上で、システムの効率化を行なっていることから、

JC08モード・充電電力使用時走行距離を26.4kmから68.2kmと倍以上の距離へと伸ばしています。

Return Top