C-HR GRMNはBEVで実現する?|MR2後継に見るEV GR化の可能性

C-HRは「GRMN」を2021年秋登場させると期待されていました。

C-HR GR SPORTは一部改良を2020年8月に受け、CVTが設定されています。

 

動きはあるもののC-HRにGRMNの実現はなく、2022年を迎えました。

一方で、GRヤリスには2022年入ってすぐGRMNが設定されています。

 

「C-HRにはこの先、何も進展はないのか?」と感じるかもしれません。

でも2021年末、BEV戦略説明会ではC-HR EVを思わせるモデルが披露されています。

 

「EVだからGRMNないんじゃない?」と思いますよね。

でも、このBEV群にはGRモデルが含まれていました。

上記はMR2後継のミッドシップになる期待もあり、

BEVでもGR(GRMN)が実現する可能性が示されています。

 

時期はまだまだ先になりそうです。

でも、C-HR GRMNはBEVで実現する可能性もありますね。

 

 

以下は、ガソリンモデルで予想されていたC-HR GRMNの情報になります。




ガソリンモデルのGRMNの情報はこちら

GRヤリス1.6Lエンジンを搭載

登場はカローラスポーツGRカローラツーリングGRと同時期の2021年秋予想でした。

実現はしていません。

ただ、可能性は先に書いた通りです。

 

さて、GR上位のGRMNは、ほぼ日本国内専用とも言えるもので

200台程度の限定生産となります。

 

過去のマークXや86のGRMNは既存エンジンを出力アップ/チューンしたもの。

ヴィッツGRMNはターボチャージャーを追加したエンジンとなっています。

 

一般的なGRMNのメニューは

C-HRの1.2Lガソリンエンジンをチューンする方向性です。

 

予想価格

200台程度の限定販売となり、インターネットサイトで抽選販売となるでしょうね。

ここはGRMNヤリスと同じです。

GRMNヤリスの価格帯は7,317,000~8,467,000円でした。

 

C-HR GRMNの足回りとメカニズム

4WD採用

GRヤリスの4WDシステムと同等のトルク配分が可能なものか、

C-HRベースのものか不明です。

 

GRMNの強化メニューと同様に、

  • 専用ブレーキキャリパー装着
  • 専用サスペンション装着

なども行われます。

 

C-HR GRMNのエクステリア

C-HR GRMNのエクステリアはGRMNのメニューに照らし合わせると

  • 専用4本出しマフラーなどチューンナップに合わせたマフラー
  • スポイラー装着
  • C-HR GR SPORTと異なるデザインの専用グリル採用
  • デフューザー付きリアバンパー装着
  • エンブレム・ストライプの装着

など。

 

フェンダー拡幅

ヴォルテックスジェネレーター装着

のようなチューニングは行われないかもしれませんね。

 

オプションで考えられるもの

  • カーボンルーフ
  • ボディカラー|ホワイト・レッド・ブラック・シルバー

GRMNヤリスには限定色マットスティールが設定されていてとてもいい色味です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

新車発売情報(@haru27biz)がシェアした投稿

 

C-HR GRMNの内装予想

フロントシートをスポーツシートに換装していることが大きな特徴になります。

また、多くのパーツをブラックで仕上げ、

アルミ製ペダルや専用仕上げのシフトノブが装着されるはずです。

 

関連情報

C-HR EV情報はこちら。

GRMNヤリス情報はこちら。

MR2後継情報はこちら。

C-HR GR SPORT一部改良情報はこちら。




WEEKLY RANKING