新車発売情報

Read Article

C-HR GRMN新型モデル情報2021年秋に期待|GRヤリス1.6Lエンジン搭載4WD

C-HRにGRMNを登場させ、GRヤリス1.6Lエンジンを搭載。登場はカローラスポーツ&ツーリングGRMNと同じ時期の2021年秋が期待されています。


GRの上位にあるGRMNは、ほぼ日本国内専用とも言えるもので200台程度の限定生産となります。

過去のマークXや86のGRMNは既存エンジンを出力アップ/チューンしたもので、ヴィッツGRMNはターボチャージャーを追加したエンジンとなっています。

一般的なGRMNのメニューはC-HRの1.2Lガソリンエンジンをチューンする方向性です。ST2クラス仕様にするなど、C-HRの限界を目指すという方向はあり得る話かもしれません。

ただ、大量生産向けではないGRヤリスはしばらく限定販売が続けられるはずで、他車種にエンジンを供給できるのかやや疑問といえる部分があり、トヨタのサイトを中心に情報を注視したほうが良いでしょう。

GRMNの性質から海外モーターショーでの出展の可能性はやや低く、

  • スーパー耐久などモータースポーツ
  • 東京オートサロン
  • 国内のイベント
  • 東京モーターショー

に注目するとよいでしょう。

C-HR GRMNが発売された場合の価格と販売方式は200台程度の限定販売となり、インターネットサイトで抽選販売となるはずです。

価格は86のGRMNが6,480,000円となっていたため、エンジン換装の価格差を考えると少なくとも6,200,000円程度にはなるでしょう。



C-HR GRMNの足回りとメカニズム

C-HR GR Sport1

C-HR GRMNは4WDを採用する可能性が高く、GRヤリスの4WDシステムと同等のトルク配分が可能なものか、C-HRベースのものか、まだ不明です。

GRMNの強化メニューと同様に、

  • 専用ブレーキキャリパー装着
  • 専用サスペンション装着

なども行われます。6速マニュアルは現時点のC-HRにも採用されているため採用は確実です。

C-HR GRMNのエクステリア

C-HR GR Sport5

C-HR GRMNのエクステリアはGRMNのメニューに照らし合わせると

  1. 専用4本出しマフラーなどチューンナップに合わせたマフラー
  2. スポイラー装着
  3. C-HR GR SPORTと異なるデザインの専用グリル採用
  4. デフューザー付きリアバンパー装着
  5. エンブレム・ストライプの装着

などはあります。フェンダー拡幅、ヴォルテックスジェネレーターの装着までは行われない可能性が高くなります。

オプションでカーボンルーフ採用の可能性もあり、ボディカラーはホワイト・レッド・ブラック・シルバーは用意されるはず。
2トーンカラー採用の可能性は低めです。

C-HR GRMNの内装

C-HR GR Sport6

C-HR GRMNのインテリア面ではフロントシートをスポーツシートに換装していることが大きな特徴になります。また、多くのパーツをブラックで仕上げ、アルミ製ペダルや専用仕上げのシフトノブが装着されるはずです。

一方、リアシートの部分に関してほとんど変化はないとみていいでしょう。

C-HR GR Sport7

C-HR GRMN Labo


トヨタGR SPORT/GR/GRMN新型モデル情報2021-2017

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top