Read Article

トヨタC-HR GR SPORT新型モデル情報2019年11月発売|予想価格280万円~300万円1.2Lターボ6速MT設定

C-HRに、新型となるGR SPORTを設定します。

パワートレーンには、1.2Lターボ(6速MT)と1.8Lハイブリッド(CVT)が設定され、さらに予想として1.2Lターボ(CVT)が2020年夏に設定されるとのこと。

発売時期は、1.2Lターボ(6速MT)/1.8Lハイブリッド(CVT)が2019年11月、1.2Lターボ(CVT)が2020年夏というスケジュールです。

詳細は、東京モーターショー2019で明らかになるでしょう。

スポンサードリンク

トヨタC-HR GR SPORT新型モデル情報2019

◎新型C-HR GR SPORTのエクステリア

  1. 専用フロントバンパー
  2. 19インチアルミホイール
  3. ブラックカラードアミラー
  4. ボディ剛性を高めるブレース強化
  5. ホワイト塗装のブレーキキャリパー
  6. GRエンブレム

デザイン性の高いベースモデルにGR SPORT専用パーツを装着し、ノーマルとの違いを強調する個性的でスポーティなデザインを採用します。

▽イメージ

C-HR 6

◎ボディカラー全11パターン

モノトーン6色
  1. ホワイトパールクリスタルシャイン
  2. メタルストリームメタリック
  3. ブラックマイカ
  4. エモーショナルレッドⅡ
  5. イエロー
  6. ネビュラブルーメタリック
2トーンカラー5色|ブラックルーフのみ
  1. ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラック
  2. メタルストリームメタリック×ブラック
  3. エモーショナルレッドⅡ×ブラック
  4. イエロー×ブラック
  5. ネビュラブルーメタリック×ブラック

そしてGR SPORTは、エンジン性能には手を加えず、シャシー性能を充実させます。

前と中心、後方にかけてブレース強化

ベース車の「低重心による運動性能の良さ」をさらに向上させるため、最も効果的な「ブレース補強」を実施します。

特にフロアセンターブレースはフロア骨格とリヤサス取付部を結合することにより、操舵時のリヤタイヤ応答性を大幅に向上させ、気持ちのいいハンドリングを実現します。

この効果でシャシー性能は高められるため、サスペンションの改良のみでパフォーマンスの向上は期待できます。

現在、C-HRは国産SUVナンバーワンの販売力があります。その勢いをさらに後押しする目的で「GR SPORT」を追加します。

ノーマルでもワイド&ロースタンスデザインの重心をさらに下げ、C-HRをよりスポーツ性豊かに見せるデザインを追求するでしょう。

新型C-HR GR SPORTの外装について解説してきました。

では次に、判明しているインテリアとシャシー装備を見ていきます。

◎新型C-HR GR SPORTの内装インテリア装備

  1. 本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ・ブラック塗装)
  2. 専用本革巻きシフトノブ(シルバーステッチ・ブラック塗装)
  3. 専用メーターパネル
  4. 専用パワースイッチ(GRロゴ)
  5. アルミペダル

そのほか、新型C-HR GR SPORTのスポーツ走行を支える装備品も取り揃えられるでしょう。

◎2019年C-HRマイナーチェンジモデル全体の変更点

C-HRマイナーチェンジモデルのエクステリア

マイナーチェンジによって、C-HRのエクステリアに大きく変更が加えられます。

  1. フロントバンパー形状変更
  2. グリル意匠変更
  3. ワイドスタンスを強調
  4. フォグランプ位置グリル外へ
  5. リアランプ一体型リアスポイラー採用
  6. リアランプ点灯意匠変更(水平)
  7. 廉価LEDヘッドランプ(Sグレード装備)
  8. LEDパーッケージ廃止
  9. フロントシーケンシャルターンランプ廃止
  10. デイライト&ターンシグナル一体型LED採用(Gグレード)
  11. リアにシーケンシャルターンランプ採用
  12. 新意匠17インチアルミホイール採用
  13. 18インチは現行意匠継続採用

▽現行海外モデル

C-HR1C-HR2

ボディカラー変更点
新採用
  1. エモーショナルレッドⅡ
  2. オレンジメタリック
  3. オキサイドブロンズメタリック

▽オレンジメタリック

カローラ フィールダー アクシオ

▽オキサイドブロンズメタリック

カローラスポーツ11

廃止
  1. センシュアルレッドマイカ
  2. ダークブラウンマイカメタリック
  3. ラディアントグリーンメタリック

C-HRマイナーチェンジモデルの内装インテリア

Gグレード内装色変更

リコリスブラウンを廃止して、オーキッドブラウンを採用し、車内の印象を明るくします。

予想として、質感の向上のため、加飾に変更を加えるとされています。

コネクティッド機能標準装備
  1. 車載通信機
  2. ディスプレイ付きオーディオ

C-HRマイナーチェンジモデルのパワートレイン変更点

海外のみの設定だった1.2Lターボの6速MTが、日本モデルに導入されます。駆動は2WDのみ。

C-HRマイナーチェンジモデルの安全装備変更点

  1. ペダル踏み間違い誤発進抑制機能(MT/GR外)
オプション設定変更

パノラミックビューモニター全車オプション設定

セットオプション設定変更

Gグレードに設定の快適温熱シート&電動ランバーサポート&naneoのセットオプションを本革シートとのセットオプションとして扱われます。

以上、新型C-HR GR SPORTの記事でした。

追伸情報

関連記事


画像引用元:http://toyota.jp

ライバルはジュークNISMO

GRモデル体系

頂点にエンジン内部チューニングを施す数量限定販売の「GRMN」が君臨。次にGRMN寄りの量販スポーツモデルとして「GR」が位置します。

そして、ミニバン・SUV・コンパクト・ハイブリッドまで、気軽にスポーツドライブを楽しめるモデル「GR SPORT」で構成。

スポーツモデル・カスタマイズが好きなトヨタ車オーナーにとっては、とても楽しめるシリーズです。

Return Top