Read Article

トヨタ新型C-HR GR SPORT|GRデザインモデル追加|2018年10月発売予想

「GR」は量産型のスポーツモデルをベースに、

ドライブトレーン・シャシー・デザインの変更を行い、

将来的にはスポーツエンジン搭載も視野に入れたシリーズ。

 

また、「GR SPORT」は拡販スポーツモデルに位置付けられ、

主にシャシーとデザインの変更を行うシリーズというのが各モデルの基本的な考え方になります。

スポーツモデル・カスタマイズが好きなトヨタ車オーナーにとっては、とても楽しめるシリーズ。

新型C-HR GR|モデル情報

  • ターボ・ハイブリッド両パワーユニットにGRスポーツを設定
  • モーター出力を強化。走りの戦闘力を高める仕様
  • 大型のエアロ&スポイラー装備
  • 内装もかなりの質感で登場
  • 専用エアロを装備
  • 予想価格:320万円~350万円

 

スポンサードリンク

 

エクステリア

C-HR GR引用元:トヨタの攻勢が始まる。2018〜2019年新車発売全情報

新型C-HR GRは、デザイン性高いベースモデルにGR専用パーツを装着し

ノーマルとの違いを強調する個性的でスポーティなデザインを採用します。

 

現在、C-HRは国産SUVナンバーワンの販売力があります。

その勢いをさらに後押しする目的で「GR」を追加します。

 

ノーマルでもワイド&ロースタンスデザインの重心をさらに下げ

C-HRをよりスポーツ性豊かに見せるデザインを追求するでしょう。

参考にこれまでのGRモデル画像を貼付します。

まずは同じSUVのハリアー

ハリアー GR SPORTハリアー GR SPORT2

そして同じコンパクトジャンルのヴィッツ

GR SPORTヴィッツGR SPORT “GR”ヴィッツGR SPORT “GR”2引用元:http://toyota.jp

最後はコンパクトジャンルでコンセプトが最も近いアクアとなります。

アクア GR SPORT

以下のC-HRにGRスポーツパーツを装着します。

CH-R

 

 

新型C-HR GRの外装について解説してきました。

では次に、どのような装備がされるのでしょう。

ここでは、判明しているインテリアとシャシー装備を見ていきます。

インテリア装備予想

  • 本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ・ブラック塗装)
  • GR専用フロントスポーティシート
  • アームレスト付センターコンソールボックス(シルバーステッチ)
  • GR専用本革巻きシフトノブ
  • GR専用パワースイッチ(レッド/G’sロゴ付)
  • アルミペダル(アクセル・ブレーキ)
  • フロントドアスピーカーリング(メッキ加飾)
  • GR専用フロアマット

上記は、「GRスポーツ」に共通のお決まりインテリア装備品ですね。

しかし、実車はかなり質感高いスポーツモデルに仕上がります。

 

 

GRのスポーツ走行を支える装備品も取り揃えられるでしょう。

シャシー装備予想

  • ボディ補強
  • サスペンション

など「操縦安定性」メインにチューニングが施されます。

 

GRスポーツであればエンジン性能には手を加えず、

  • 内外装のデザイン
  • 高いスポーツ性能を持つ足回り
  • シャシー装備

を充実させます。

 

前と中心、後方にかけてブレースを追加

ベース車の「低重心による運動性能の良さ」をさらに向上させるため、

最も効果的な「ブレース補強」を実施します。

特にフロアセンターブレースは、フロア骨格とリヤサス取付部を結合することにより、

操舵時のリヤタイヤ応答性を大幅に向上させ、気持ちのいいハンドリングを実現します。

この効果でシャシー性能は高められるため、

「サスペンションの改良のみ」でパフォーマンスの向上は期待できます。

 

以上、新型C-HR GRの記事でした。

 

 

追伸情報

関連記事



 

C-HRベースのハイパフォーマンスバージョン

「Hy-Powerコンセプト」が2017年9月12日に発表されています。

このモデルがC-HR GRとして市販?と予想されていました。

C-HR超スポーツコンセプト

マットなボディカラーで存在感を強調。

C-HRのGRモデルか?と言われていました。

これはどう見ても「ショーモデル」ですね。

トヨタC-HRハイパワーコンセプト 2

C-HR超スポーツコンセプトは、大きなカスタマイズは採用しない代わりに

「革新的な色・仕上げ・ディテール」の使用でベースモデルの品質をさらに増すデザインとなります。

ボディは、鋭いラインと深く彫刻された造形部分との相互作用を強調する

「艶消し仕上げ」のダークカーボンシルバーペイントを使用。

トヨタC-HRハイパワーコンセプト 3

  • フロントリップスポイラーの下部
  • トヨタのエンブレムの上の領域
  • アーチトリム

に「ピアノブラック」を使用することにより、

ボディカラーの艶消しとのコントラストを強調しています。

 

エクステリアの特徴は強烈なオレンジトーン

スタイリングがより深まるバーニングオレンジを採用

トヨタC-HRハイパワーコンセプト 2
ボディ全体からパーツに目を向けると

  • フロントピラー
  • ドアミラーのハウジング
  • ヘッドランプユニット内のアクセント

からバーニングオレンジを滲(にじ)ませるデザインとなっています。

トヨタC-HRハイパワーコンセプト14トヨタC-HRハイパワーコンセプト23

そこへ輝きある「ダーククロムメッキ」を使用した

  • ヘッドランプ
  • 20インチの合金ホイール

が合わされ、ボディの「マットシルバー」の深みを増幅しています。

c-hr-hypowerconcept

艶消しと光沢のあるコントラストがモデル表面全体を覆い、鮮やかな印象を表現していますね。

 

バーニングオレンジ採用箇所はほかにも随所

  • ロアグリルのブラックダイヤモンドメッシュパターン内
  • ルーフ全体のハイライト

として使用されています。

トヨタC-HRハイパワーコンセプト1トヨタC-HRハイパワーコンセプト12

 

インテリア

「トーン オン トーン」の色使いでコンセプトのデザイン力を表現。

エクステリアのテーマを引き継ぎ、黒の室内装飾とバーニングオレンジとを組み合わせています。

トヨタC-HRハイパワーコンセプト4トヨタC-HRハイパワーコンセプト

ユニークなステッチパターンで、グラデーション糸と高品質の革のトリムを組み合わすことにより、

複数のダイヤモンド形状の非対称キルティングパターンを形作っています。

オレンジのヘッドレストを備える「黒革」仕上げのシートです。

トヨタC-HRハイパワーコンセプト5

個性的なバーニングオレンジは、シートバックから座面にも渡るデザインとなっており

包み込まれるような造りで、質感や雰囲気を高めます。

バーニングオレンジは、ドアパネル内側の「アームレスト」にも使用。

 

そして、パワートレーン。

高性能エンジンを特別に搭載?

GRスポーツは「エンジンに手を加えない」ですが、

C-HR超スポーツコンセプトは、ベースモデルとは異なる高性能エンジンを搭載

もし市販されるとしたら、GRスポーツだけどエンジンもチューニングされる特別仕様車となりそうです。

 

以下、搭載が予想されていたエンジンです。

1.5L 直噴ターボ/最高出力200ps

エンジンは、1.5L 直噴ターボをチューニングし、

最高出力200psに向上させたエンジンを搭載します。

 

そしてハイブリッドも特別なようです。

ハイブリッドは「超ハイブリッド」システム?

「ハイパフォーマンス・ハイブリッド仕様」を投入して、燃費と走りを高次元で両立する

超ハイブリッドを搭載するとの情報です。

このハイブリッドの詳細は、2018年、明らかになるようです。

 

スペックをまとめておきます。

予想スペック|ハイブリッド

全長:4400mm
全幅:1800mm
全高:1550mm
ホイールベース:2640mm
重量:1440キロ
エンジン:直4 1.8L+モーター
最高出力:98ps/14.5kgm
最大トルク:92ps/18.2kgm
トランスミッション:CVT
駆動:FF
燃費:27キロ
価格:320万円~350万円

 

Return Top