C-HR GR SPORT一部改良2020年8月4日

CVT設定

 




C-HR GR SPORT一部改良|CVT設定【2020年8月4日】

  • 快適温熱シート
  • 電動ランバーサポート
  • ナノイー

をG・G-T・S“GR SPORT”・S-T“GR SPORT”に標準装備。

 

価格

  • S-T(2WD/6MT)
  • S-T(2WD/CVT)
  • S(2WD/CVT)
  • S-T(4WD/CVT)
  • 2,782,000円
  • 2,815,000円
  • 3,145,000円
  • 3,013,000円

 

 

【2019年10月18日】C-HR GR SPORT登場

C-HRに新型となるGR SPORTを設定。

C-HR GR SPORTの価格

S-T GR SPORT(1.2Lターボ/2WD/6MT)
2,732,000円
S GR SPORT(1.8Lハイブリッド/2WD/CVT)
3,095,000円

 

C-HR GR SPORTのエクステリア

  • 専用LEDヘッドランプ(GR専用ダークスモークエクステンション)
  • LEDクリアランスランプ
  • LEDターンランプ
  • LEDデイライト
  • LEDフロントフォグランプ
  • 専用フロントバンパー/アンダーガード
  • 大開口アンダーグリル
  • リヤコンビネーションランプ
  • LEDテール&ストップランプ
  • LEDシーケンシャルターンランプ
  • ドアベルトモール
  • ドアウインドゥフレームモール
  • 大型リヤリップスポイラー
  • 225/45R19
  • 専用アルミホイール
  • LEDサイドターンランプ
  • オート電動格納式リモコンドアミラー
  • ホワイト塗装のブレーキキャリパー
  • GRエンブレム

 

ボディカラー全11パターン

モノトーン6色

  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • メタルストリームメタリック
  • ブラックマイカ
  • エモーショナルレッドⅡ
  • イエロー
  • ネビュラブルーメタリック

 

2トーンカラー5色|ブラックルーフのみ

  • ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラック
  • メタルストリームメタリック×ブラック
  • エモーショナルレッドⅡ×ブラック
  • イエロー×ブラック
  • ネビュラブルーメタリック×ブラック

 

GR SPORTはエンジン性能には手を加えず、シャシー性能を充実させます。

前と中心、後方にかけてブレース強化

ベース車の「低重心による運動性能の良さ」をさらに向上。

最も効果的な「ブレース補強」を実施します。

 

フロアセンターブレースはフロア骨格とリヤサス取付部を結合。

操舵時のリヤタイヤ応答性を大幅に向上させ、気持ちのいいハンドリングを実現します。

 

この効果でシャシー性能は高められ、

サスペンションの改良のみでパフォーマンスの向上は期待できます。

 

現在、C-HRは国産SUVナンバーワンの販売力があります。

その勢いをさらに後押しする目的で「GR SPORT」を追加。

 

ノーマルでもワイド&ロースタンスデザインの重心をさらに下げ、

C-HRをよりスポーツ性豊かに見せるデザインを追求するでしょう。

 

新型C-HR GR SPORTの外装について解説してきました。

では次に、判明しているインテリアとシャシー装備を見ていきます。

C-HR GR SPORTの内装インテリア装備

ターボ&ハイブリッド共通

  • GR専用本革巻き小径3本スポークステアリングホイール
  • センターコンソールアッパー加飾
  • パワーウインドゥスイッチベース加飾
  • 専用スポーティシート
  • インストルメントパネル加飾
  • ドアインナーガーニッシュ
  • GR専用シルバーステッチ付シフトレバーブーツ
  • 左右独立温度コントロールフルオートエアコン
  • 専用スタートスイッチ
  • アルミペダル

 

ハイブリッド専用装備

  • ハイブリッド専用コンビネーション2眼メーター
  • ハイブリッドシステムインジケーター
  • GR専用ディンプル付本革巻きシフトノブ
  • 電子制御ブレーキシステム
  • 車両接近通報装置
  • EVドライブモードスイッチ

 

ターボ専用装備

  • コンビネーション2眼メーター
  • 7速スポーツシーケンシャルシフトマチック(CVT車)

画像を見る限り、質感高いインテリアに仕上がっていますね。

 

関連情報

C-HR GRMNはBEVで実現する?|MR2後継に見るEV GR化の可能性

C-HR廃止? or EVに移行で新型?|トヨタbZ新型コンパクトSUVで実現したら歓喜




WEEKLY RANKING