【過去記事】カローラスポーツGR(GRカローラ)2022年秋登場予想|1.6L直3ターボ4WD搭載

カローラスポーツに1.6L 4WD搭載『GRカローラ』を設定。

 

【最新】トヨタGRカローラが2022年4月1日発表(米国)され日本秋登場予想。GR-FOUR搭載

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

新車発売情報(@haru27biz)がシェアした投稿

 

予想スペック

GRヤリスの性能をもつモデル。

パワー出力は300psまで高められGRカローラ専用スペックになります。

 

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 4375mm
  • 1810mm
  • 1450mm
  • 2640mm
  • 1340kg
  • 1.6L直3ターボ
  • 300ps
  • 37.7kgm
  • 6iMT

 




予想価格

5,000,000円~

 

カローラスポーツGRのデザイン

カローラスポーツGRはお馴染みGR共通

  • 開口グリル
  • リアオーバーフェンダー

が採用されます。

(最低地上高・全高10mmダウン予想)

 

後付けリアフェンダーで2cm拡幅

5ドア仕様そのままで、カッコよさだけがランクアップします。

 

日常的な使いやすさを持つGRモデル

5ドアなのでGRヤリスと比較すると日常的な使いやすさが残る仕様になります。

しかし、カローラスポーツGRはスポーツカー扱い。

ファミリーで使うには不便な点も多いでしょう。

 

でも車好き一家が所有すれば毎日がワクワクに満たされます。

 

GRヤリス比で操作性は?

足回りのチューニング実施が行われます。

そのため、トレッド&ホイールベースが広いカローラスポーツはGRヤリスほどクイックレス。

大らかな走行感覚になるでしょう。

 

カローラスポーツGRの内装予想

内装もGRヤリス同等の専用スポーツシートを採用します。

 

何度も言うようにカローラスポーツは5ドアで日常性の高いモデル。

GR化するとインテリアの使い勝手は最低限にしぼる可能性も出てくるでしょう。

 

しかし、GRヤリスに比べると

  • サーキットを想定していないモデル

なので、スポーツモデル程度の装備をオプションを用意する扱いになるかもしれません。

 

カローラスポーツGRのパワートレイン予想

カローラスポーツGRのエンジンはGRヤリスと同じ1.6Lターボを搭載します。

馬力は調整され300ps発生するチューニングが行われます。

(トルクはノーマル同等)

 

トランスミッション

6速MT採用でターボ搭載300psを操る楽しさが提供されます。

 

そして、新開発パワートレイン情報も出ています。

【新情報】新型カローラスポーツGRに水素エンジン採用予想

  • 水素燃料で動くエンジンを搭載するモデル

現にカローラスポーツで実証されています。

香川照之さんがレポートするトヨタイムズのCMでお馴染みですよね。

 

この未来型パワートレインをカローラスポーツGRに搭載して市販を目標に開発しているようです。

 

水素燃料エンジン搭載は今後増える

直近で新型プリウス(PHV)に

  • 水素燃料エンジン搭載のPHEVが設定される

予想になっています。

 

新型セリカのような復活系スポーツモデルに同水素燃料エンジンやEV搭載の予想が出ています。

 

この先、2030年代ガソリン車廃止。完全電動化。

2050年カーボンニュートラル(脱炭素社会)に向けて

トヨタも各社もガソリン燃料以外の燃料で動くパワートレインを開発。

搭載モデルは増えていきます。

 

そして、新型カローラスポーツGRの駆動は4WD限定。

新開発スポーツ4WDシステムGR-FOUR採用

4WDシステムはGRヤリスと同じく前後輪のトルク配分を変えられる「走行モードセレクト」が可能になっているので、ちょっと解説します。

 

4WDシステムGR-FOURとは?

GRヤリス搭載の多板クラッチ採用前後駆動力可変システムです。

 

GR-FOURという専用4WDシステムで後輪への駆動力が上がれば、FFなのにFRの乗り味を体感できる優れものです。

 

【補足】1.6L 3気筒エンジンG16E-GTSの特徴

ヤリスGR搭載の新開発G16E-GTSエンジンです。

  • 3気筒直噴ターボ採用
  • 排気量1.6L

となります。

 

ノーマルで272psと高い出力特性を持ち、6500回転で最高出力が発揮される仕組みになっています。

 

トルクはノーマルと変わりません。

370Nm(37.7kgm)を発揮します。

このエンジンのセッティングはレスポンス(応答性)重視となっているようです。

 

レスポンスとは踏めば応えてくれる、離せば荷重移動と回生がかかるということです。

 

【補足】GR-FOURモードセレクトの特徴

この技術はRAV4搭載の

  • ダイナミックトルクベクタリングAWD

を進化させたテクノロジーです。

任意でトルクモード配分をセレクトできるという特徴があります。

 

トルク配分のモード切替機能について、ちょっとだけ解説しますね。

4WDモードスイッチの種類

FFのカローラスポーツに後輪トルク配分が大きいモードが存在します。

 

NORMALモード

前輪60:後輪40でクイックに曲がり、狭いコーナーや駐車に便利な「街乗り」に適したモード。

 

SPORTモード

前輪30:後輪70でフロントのトルクをリヤで吸収。

より速くコーナーを駆け抜ける「FRの乗り味」を目指したモードです。

0:100にするのは無理で、そうなると微差の範囲でトルクが動いて操作フィーリングに影響が出るようです。

 

TRACKモード

前輪50:後輪50。

プロドライバーとともに走行性能を突き詰めて開発した「スポーツ走行」最速モード。

車両をベストバランスに調整することで、吸い付く走りが体感できるモードということができますね。

 

関連記事

【最新】トヨタGRカローラが2022年4月1日発表(米国)され日本秋登場予想。GR-FOUR搭載

カローラツーリングGR情報はこちら。

GRスケジュール情報はこちら。




DAILY RANKING