新車発売情報Labo

Read Article

スズキランディ一部仕様変更2018年9月7日|歩行者/標識検知機能追加

スズキは3列シート8人乗りミニバンであるランディの一部仕様変更し2018年9月7日より販売開始しました。

今回の仕様変更は、主に安全に関するものとなっており、「ハイビームアシスト」や「踏み間違い防止アシスト」に歩行者を検知する機能が追加されました。

その他にも、「標識検知機能」に最高速度標識と一時停止標識の検知が追加されています。



安全装備|追加機能

ランディ4

ハイビームアシスト

夜間の周囲状況に合わせて自動的にロービームとハイビームを切り替える

踏み間違い防止アシスト

低速走行で前進や後退時に障害物を検知すると衝突防止を支援する

標識検知機能

道路標識をメーター内に表示させてドライバーに知らせる

全車標準装備

  1. エマージェンシーブレーキ
  2. 車線逸脱警報(LDW)
  3. 踏み間違い防止アシスト
  4. ふらつき警報
  5. 移動物検知機能付全方位モニター

一部グレード標準装備

  1. パーキングアシスト:車庫入れや縦列駐車時に自動操舵で支援
  2. SRSカーテンエアバッグ&フロントシートSRSサイドエアバッグ

ランディ2

ランディ|スペック

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター
  • モーター出力
  • モータートルク
  • トランスミッション
  • 4690mm
  • 1695mm
  • 1865-1875mm
  • 2860mm
  • 1630-1690kg
  • MR20DD型2.0L直4
  • 150ps/6000rpm
  • 20.4kgm/4400rpm
  • SM24型交流
  • 2.6ps
  • 4.9kgm
  • CVT

 

【2016年12月20日】ランディ日産OEMミニバン発売

  • S-HYBRIDを4WDまで拡大
  • プロパイロット未設定

セレナのフルモデルチェンジから4か月。スズキが新型ランディ(セレナOEM)を発売。燃費性能向上のためS-HYBRIDを4WDまで拡大し、アイドリングストップ時間の延長も行われています。

エクステリアデザインはセレナとの差別化でフロントグリルに大型メッキバーを採用してスッキリした印象に。

また、セレナ同様デュアルバックドア(上部分割開閉可)が採用されています。使い勝手が良くなり価格帯は250万円~324万円。

  • サイドデザインのスポーティーな印象を高めドライバーの視界の良さを向上
  • フロントグリルは2本のメッキバーを翼を広げるようなデザインにしてワイド感を表現
  • ブラックインテリアカラーを全車に採用
  • 新色シャイニングブルーパールメタリック/カシミアグレージュパールメタリック採用。全5色

室内空間を拡大

ランディ5

  1. スムーズな3列目シートへの乗り降りが可能
  2. 踏むだけで2列目シートが前方にスライドするフットペダル
  3. 3列目シート用後席左側パワースライドドアスイッチ
  4. ミニバンNo.1の室内長3240mm/室内幅1545mm
  5. 2列目シート690mmロングスライド。3列目シートにスライド機構を採用
  6. シートアレンジ&荷室スペースの広さを確保し使い勝手を向上
  7. 2列目220mmの左右シート間隔により3列目シートへのウォークスルーがしやすくなった

機能|インテリア

  1. バックドアにデュアルバックドアを全車に設定
  2. バックドアの上半分だけを開閉できるハーフバックドア採用
  3. 開閉中に任意の位置で止まる一時停止機能付きパワースライドドアを採用
  4. キャップレス給油口を採用
  5. キャップを回す必要が無くセルフ給油の際も役立つ

燃費&安全性能|燃費性能を向上

  1. スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)を採用16.6キロ(2WD)の低燃費を実現
  2. アイドリングストップシステム時間の拡大
  3. S-HYBRIDを4WD車にも搭載
  4. 全車エコカー減税対象車

予防安全機能|全車標準装備

ランディ6

  1. 車庫入れ・縦列駐車を自動操舵
  2. パーキングアシスト採用
  3. 全方位モニター(移動物検知機能付)
  4. ふらつき警報
  5. 踏み間違い衝突防止アシスト
  6. 車線逸脱警報
  7. エマージェンシーブレーキ
  8. 進入禁止標識検知機能を全車採用
  9. 車両進入禁止標識を検知しドライバーに知らせる
  10. SRSカーテンエアバッグ&フロントシートSRSサイドエアバッグ採用

ボディカラー

  1. シャイニングブルーパールメタリック
  2. カシミアグレージュパールメタリック
  3. ブリリアントホワイトパール
  4. ブリリアントシルバーメタリック
  5. ダイヤモンドブラックパール

ブルーは鮮やかな空色。カシミアグレージュは女性のファッションカラーによく見るグレーベージュ(うっすら金色)です。

他は、よくあるホワイト/シルバー/ブラックカラーです。

価格

2WD

2.0S 250万200円
2.0X 272万1600円
2.0G 296万1360円

4WD

2.0X 296万5680円
2.0G 324万8640円

ランディ Labo

画像引用元:https://www.carscoops.com

ランディ来歴

ランディはスズキの普通自動車ラインナップ強化を目的とした日産自動車からのOEM車種となっており、ベース車両は「セレナ」となっています。

ランディは2005年8月まで販売されていたミニバンである「エブリイランディ」の実質的な後継車となっています。

ランディの基本的なメカニズムに関してはベース車両のセレナと同じとなっており、セレナからの主な変更点はフロントグリルやエンブレム類、一部装備の差異のみとなっています。

ですが、現行型ではセレナの「e- POWER」にあたるパワーユニットの設定はありません。

また、ランディは初代モデルから一貫してセレナ ハイウェイスターに相当するエアロ系グレードが設定されておらず、オーソドックスなスタイルのモデルのみの展開となっています。

Return Top