新車発売情報Labo

Read Article

ノア&ヴォクシー新型モデル情報2021年夏発売|予想価格270万~350万円エスクァイア統合

トヨタの新型ノア&ヴォクシーは、2021年夏にエスクァイアを統合する形で登場させると噂されています。待ちに待ったTNGA化してGA-Cプラットフォームを採用します。

パワートレインにRAV4/レクサスUX搭載の2.0Lガソリン/ハイブリッドを採用。ハイブリッドには待望のE-four新型が設定されると予想されます。

RAV4で新型となったハイブリッド4WDを搭載し、操縦性/走行性能を向上します。

Toyota Safety Sense・コネクティッド技術も最新版が搭載され、次世代モビリティとして進化します。

新型ノア
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • トランスミッション
  • サスペンション
2.0Lガソリン
  • 4750mm
  • 1740mm
  • 1825mm
  • 2850mm
  • 1600kg
  • 2.0L+モーター
  • 146ps/6000rpm
  • 19.2kgm
  • 109ps
  • ダイレクトシフトCVT
  • ストラット/マルチリンク


新型ノア&ヴォクシーのエクステリア予想

キープコンセプトで全幅・5ナンバーサイズを基本とし、全高1800mm越えの3列シートモデルとして進化を遂げます。

ノアの新しさは前後の立体的なバンパー形状やグリルデザインで魅せ、ノアを標準タイプ、ヴォクシーをエアロカスタムタイプとして差別化すると噂されています。

また、TNGA(GA-Cプラットフォーム)を採用するため、リア荷重に対する耐性が向上。さらに低重心・低床化・居住性・ボディ剛性・空力性能まで、すべて現行より向上するでしょう。

今のところミニバン系のコンセプトがあるとしたら、最新は2017年のToyota Fine-Comfort Ride Conceptですね。

ノア1

サイズ感が違うのと、このコンセプトは次期エスティマFCVと言われているので参考にはならないでしょう。次期エスティマの存在も怪しいですしね。

しかし、新型ノアのヘッドランプやテールランプデザインに、面影あるニュアンス採用をする可能性はあるかもしれませんね。

ノア3

新型ノア&ヴォクシーの内装デザイン予想

ノア4

シートアレンジや使い勝手は2021年の新世代に合わせ、目新しいものを試してくるでしょう。ここでもイメージの参考としてToyota Fine-Comfort Ride Conceptを載せてみました。

新型ノア&ヴォクシーのパワートレイン

【ガソリン】RAV4/レクサスUX搭載2.0L NA採用

  1. エンジン:2.0L M20A-FKS型自然吸気
  2. トランスミッション:ダイレクトシフトCVT
  3. 熱効率向上により燃費25%向上
  4. 動力性能:15%向上(170ps)

新型ノア&ヴォクシーのガソリンモデルにはRAV4/レクサスUXに搭載され、最大熱効率40%以上を実現する「Dynamic Forceエンジン」を搭載します。

2.0L直4Dynamic Force Engine

高速燃焼技術・可変制御システムの採用を果たし、世界トップレベルの最大熱効率40%(HV専用で41%)を実現。

緻密な制御による高レスポンス化・全速度域で高トルク化。多くの新技術採用により全面的に見直し、大幅に性能を進化させています。

トヨタは2021年までに19機種 37バリエーションの新型パワートレインを投入すると発表しています。

  • エンジン|9機種・17バリエーション
  • トランスミッション|多段化AT4機種・10バリエーション
  • 新機構 無段変速機(CVT)
  • ハイブリッドシステム|6機種・10バリエーション

上記を投入していく予定です。

新型ノア&ヴォクシーのエンジンには、このうち

  1. 2.0L Dynamic Force Engine(ガソリン)
  2. 2.0L Dynamic Force Engine+リダクション機構付THSⅡ(ハイブリッド)

を搭載します。

【ハイブリッド】レクサスUX搭載2.0L THS採用

  1. 2.0L Dynamic Force Engine+モーター(熱効率40%向上)
  2. トランスミッション:伝達効率向上
  3. 燃費:25%向上に貢献
  4. 動力性能:15%向上
  5. 4WD設定

ハイブリッドシステム小型化THSⅡ

室内空間追求のため、ユニット搭載位置の変更が可能に。また、小型化されながらも、より強いモーターアシストが可能になります。

燃費目標:30キロ(JC08モード)

システム伝導効率向上により、現行よりも15%以上の数値向上が期待されます。

新型ノア&ヴォクシーに【E-Four】ハイブリッド4WD搭載

E-Four

現行ハイブリッドは2WD仕様のみ設定。新型ノア&ヴォクシー走り・燃費・荷室容量まで優れるE-Fourを採用します。

低燃費と駆動力に優れ、降雪エリアのユーザーにとって、大きなメリットとなります。

安全装備【Toyota Safety Sense】全車標準装備

トヨタセーフティセンス

各種支援機能が追加され、より安全性能が進化・向上するでしょう。

【コネクティッド】技術採用


トヨタノア新型モデル情報Labo

ノア一部改良2020年4月27日

【ライバル】日産セレナ新型モデルチェンジ情報2021

画像引用元:http://toyota.jp

Return Top