Read Article

スポンサードリンク

新型ノア ヴォクシー|2.0L Dynamic Force Engine搭載|2021年発売予想

トヨタの新型ノア新型ヴォクシーは、2021年に
フルモデルチェンジが期待されています。

また、アルファード&ヴェルファイアが統合し、
アルファードに1本化されるとの予想ですが

ノア・ヴォクシー・エスクァイアは

フルモデルチェンジでノア・ヴォクシーに
1本化されるとの情報です。

価格は現行型+15万円~20万円、
250万円〜335万円予想です。

 

スポンサードリンク

 

エクステリア/インテリアデザイン

新型ノア ヴォクシーのエクステリアデザインは
キープコンセプト。

前後バンパーなど細かなパーツの
デザイン変更を実施しつつ

ボディサイズは拡大されると予想されています。

予想ボディサイズ

全長:4695mm
全幅:1695mm
全高:1820mm

 

次期型はTNGA(Toyota New Global Architecture)により、
新開発プラットフォーム(GA-Cプラットフォーム)採用。

  1. 低重心・低床化
  2. 室内空間拡大
  3. ボディ剛性向上
  4. 空力性能向上

が実現します。

それに伴い、シートアレンジや
使い勝手の向上
も図られるでしょう。

 

 

パワートレーンは変更されるのでしょうか?

搭載エンジン

ハイブリッドエンジン

  • 2.0L Dynamic Force Engine+モーター
  • 熱効率40%向上
  • トランスミッション:伝達効率向上
  • 燃費:25%向上に貢献
  • 動力性能:15%向上

 

ハイブリッドシステム

  • 小型化THSⅡ
  • ユニット搭載位置検討:室内空間追求のため
  • より強いモーターアシスト制御
  • ニッケル水素バッテリー継続&軽量小型化

 

燃費目標

  • 30キロ(JC08モード)
  • システム伝導効率向上により15%向上

 

ガソリンエンジン

  • 2.0L Dynamic Force Engine
  • 新型カローラハッチバック搭載モデル
  • 直噴技術D-4S/VVT-iE採用

  • トランスミッション:最新無段変速機「Direct Shift-CVT」採用
  • 熱効率向上により燃費25%向上
  • 動力性能:15%向上(170ps)

新型ノア ヴォクシーのガソリンモデルには、

カムリに搭載され最大熱効率40%以上を実現する

「Dynamic Forceエンジン」を
搭載すると予想されています。

 

「Dynamic Forceエンジン」の詳細です。

ガソリン|直列4気筒2.0L直噴「Dynamic Force Engine」

高速燃焼技術、可変制御システムの採用を果たし、

世界トップレベルの最大熱効率40%
(HV専用で41%)を実現する

直列4気筒2.0L直噴エンジン
「Dynamic Force Engine」を搭載
します。

  • 緻密な制御による高レスポンス化
  • 全速度域での高トルク化

など多くの新技術採用により、

全面的に見直しを実施して
大幅に性能を進化させています。

 

トヨタは2021年までに、19機種 37バリエーションの
新型パワートレーンを投入すると発表しています。

  • エンジン|9機種・17バリエーション
  • トランスミッション|多段化AT4機種・10バリエーション
  • 新機構 無段変速機(CVT)
  • ハイブリッドシステム|6機種・10バリエーション

を投入していく予定で、

新型ノア ヴォクシーのエンジンには、このうち

  • 2.0L Dynamic Force Engine(ガソリン)
  • リダクション機構付THSⅡ・2.0L Dynamic Force Engine(ハイブリッド)

を搭載するとの予想です。

 

 

そして、ハイブリッドの四輪駆動には

走り・燃費・荷室容量の優れる
HV4WD(E-Four)を採用予想。

E-Four|ハイブリッド4WD

機械式4WDと異なり、前輪と後輪を
プロペラシャフトという軸でつながず

「電気的につなぎ」、エンジンではなく
モーターで後輪を駆動させる
動力源があるのが特徴のシステムです。

 

また、高出力E-Fourに対し
小型車両用にシステムをコンパクト化。

さらに日常使用において
4WD制御を必要とする状況を

より精度高く見極め、
さらなる低燃費化に貢献しています。

引用元:https://toyota.jp

 

 

第2世代Toyota Safety Sense|全車標準装備

トヨタToyota Safety Sense P

ミリ波レーダー+単眼カメラを採用し、
先進安全装備の充実を図ります。

自動ブレーキ搭載
  1. プリクラッシュセーフティ
  2. 対歩行者・対車両(昼夜)
  3. 自転車運転者(昼)

で、検知機能を向上。

 

また、車線維持支援機能
(レーントレーシングアシスト)を搭載し、

長距離クルーズをより安全で、
ドライバーの負担軽減する安全性能へ進化します。

 

運転支援機能をオプション設定?

  1. 電子インナーミラー
  2. ブラインドスポットモニター
  3. リヤクロストラフィックアラート
  4. ITSコネクト

 

【参照】Toyota Safety Sense|主な機能

  1. レーンディパーチャーアラート
  2. オートマチックハイビーム
  3. 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
  4. レーダークルーズコントロール

 

レーントレーシングアシスト(LTA)

レクサス 新型LSシリーズに搭載された

レーントレーシングアシスト(LTA)を
次世代Toyota Safety Senseに初採用。

高速道路や自動車専用道路を走行中、

 

レーダークルーズコントロールの作動時に
レーントレーシングアシストのスイッチをONにすると

「車線維持に必要なステアリング操作支援」を行ってくれます。

 

 

追伸情報

関連記事



「ミニバン」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:http://toyota.jp

Return Top