新型ステップワゴン2022年5月登場予想|家族の幸せと豊かさの充実が込められたモデル

パワートレインは現行の改良版で大きな変化はありません。

 

ステップワゴンの上級ミニバン・オデッセイは生産終了しました。

しかし、2022年秋冬にオデッセイ後継モデル登場の噂が出ています。

 

スパーダPREMIUM LINEの正体

  • スパーダに上級仕様が設定され
  • オデッセイとステップワゴンの中間を補う

なんてことはありません。

これがスパーダプレミアムラインと見られていました。

しかし

外観デザイン&機能を追加したスパーダの上級仕様なだけです。

 




新型ステップワゴンスパーダPREMIUM LINE設定

公式で発表されたグレードはAIR・SPADA。

スパーダPREMIUM LINEの内容

  • アダプティブドライビングビーム
  • 17インチアルミホイール

を装備したスパーダの上級仕様みたいですね。

 

 

新型ステップワゴンは基本的にどうなるのか?をまとめていきます。

外観はシンプルさを追求

  • 標準(5ナンバー)
  • カスタム(3ナンバー)|スパーダ

で違いを持たせつつ、コンセプトに大きな差を感じさせない仕様となっています。

 

デザイン担当がそれぞれ違うのに基本のカタチはほぼ同じ。

ノーマルであってもギュッと締った塊感を維持しています。

スパーダはさらなる塊感を強調する設計が行われたようです。

 

内装の変化点は上級仕様に求められる居住性

新型ステップワゴンは子育て家族を応援するミニバン。

シートスライド機能を子育てや家族のくつろぎのため

自由に多彩に変更可能です。

 

2列目の前後ロングシートスライド機能

前方へスライドさせれば

運転席からチャイルドシートの子どもを見守れる機能に。

 

3列目をダイブダウンして2列目を後方へロングスライドさせれば

LLミニバン上級仕様並みのリビング空間に変わります。

 

わくわくゲート廃止

元に戻ってますね。

開度記憶ゲートになって、

いろんな身長の人に合わせた開き方を覚えてくれます。

開度調整の選択肢はスマートキー&手動両方で行えるようです。

 

わくわくゲートはリアの見た目がダサいという理由で

評判が良くなかったから廃止になったようです。

 

走行性能の向上は現行パワートレインの改良で実現。

パワートレインにe:HEV&ターボ予想

候補

  • ハイブリッド⇒2.0L e:HEV改良型
  • ガソリン⇒1.5Lターボ改良型
  • ガソリン⇒2.0L自然吸気

 

e:HEVの役立て方

  • EVモード
  • ハイブリッドモード
  • エンジンモード

ホンダのe:HEVはユーザーが思ってる以上の「EVモード」走行性能がウリ。

公式解説でも「ガソリンを使わず電気自動車として走行を楽しめます」と、はっきり断言しています。

 

EVが主に活躍するのは低速走行時、ストップ&ゴーの多い街中です。

ハイブリッドはEVとエンジンの中間。

グイグイパワーの必要な高速では、エンジンオンリーモードに切り替わりますよ。

 

1.5Lターボ採用なら

燃費性能がかなり改善されると予想されています。

 

先進安全装備Honda SENSING搭載

安心してください。

Honda SENSINGは全タイプに標準装備されます。

 

ライバル情報

新型ノア情報はこちら。

新型セレナ情報はこちら。

 

ステップワゴンが魅せる未来|家族をもっと笑顔に、気持ちよくしたい欲満載




WEEKLY RANKING