ノア(ヴォクシー)が魅せる未来|カッコいい家族像継続。現実にギラつき注意☺

ノアとヴォクシーがいよいよ登場。

同じ1月に姿を見せたステップワゴンの空気感と路線が違いますね。

 

昔はホンダよりトヨタの方が柔らかな波動出してたのに

今は、ホンダ以上に尖ったミニバンを出してきます。

アルファードが世間の大多数に受け入れられた影響かもね。

 




アルファード継承「3眼LED」でシックに

アルからまま3眼LEDがノアとヴォクシーに移植。

 

ヴォクシーはbZ4Xの最新ヘッドライト意匠に

上部をフェイクとしてグリル左右上に3眼LED搭載。

 

アルファードには手が届かなくても

同じくらいのギラつきが用意されました。

 

ただ、既出の車両全体像はあまりパッとしなく感じます。

全フォルムが公開されたら「欲しい」と思わせる魅力を感じるんでしょうね。

 

「カッコいい家族像」継続

反町さんや瑛太さん(だった?)、優香さんと旦那さんなどが

CMに出て演出したカッコいい親子像

このコンセプトは新型のギラつきを見る限り、今回も継続してそうですね。

 

同時期登場ということもあって、ホンダとの比較になりますけど

柔らかい雰囲気を纏ったステップワゴン

「軽のN-BOXを大型化」の形容が当てはまる家族思いの一台

コンセプトは豊かさの追求で「乗る家族全員の笑顔や気持ちよさ」です。

だから披露後のユーザーからの感想で

「オラオラしてなくてよかった」というものを見かけました。

 

一方、ノア・ヴォクシーは「家族のカッコよさ」を追求。(まだ分からないけど)

グリルを見ても左右に口角をグワッっと開いた形状は、見る人を威嚇します。

 

ユーザーの豊かさを追求するホンダミニバン。

ユーザーの勝負強さを追求するトヨタミニバン。

 

もし何購入しても良く「どちらか選びたい」と迷っている場合、

自分の生活にどちらのコンセプトを採り入れたいか

先5年のクルマ生活も日常生活も雰囲気が変わってきそうですね。

 

豊かさ追求は

自分の人生と向き合い上昇を目指すもの。

自分を大切にし、周りの人を大切にして一緒に幸せになっていく方法です。

 

豊かさの分かち合いが起こるので、

幸福は波紋のように広がりまた自分に還ってきます。

 

勝負強さ追求は

他人に勝つことで上昇を目指すもの。

強い自分を演出し、他人を負かすことで幸せや成功を勝ち取ろうとする方法です。

 

ただ、負けたときは全部自己責任。他人のせいにもできません。

でも人間弱いもので、負けると人のせいにします。

 

どちらの生き方、コンセプトが本当の意味でカッコいいのか?

本当に幸せで豊かなのか?は人それぞれの考え方次第ですね。

 

新内装機能はステップワゴンとド競合

新インテリア機能は

  • 2列目ロングスライド
  • 3列目ワンタッチ格納
  • スライドドア連動格納式ステップ(OP)
  • 2列目オットマン(上級OP)
  • リアシートヒーター(上級OP)

と格納式ステップ以外、ステップワゴンにも見られる機能です。

 

機能的には両車同じ。

なので競合させるなら、価格とコンセプトの選択ですね。

 

E-Fourで高い駆動力と燃費性能を

1.8Lハイブリッドに初搭載される4輪駆動は

モーター駆動式E-Four

機械式より制御が最適で、雪や雨の滑りやすい路面で安定します。

 

安心感が高くなり、出先の天候悪化

急な大人数乗車による荷重変動にも強くなるでしょう。

 

E-Fourは低燃費も実現し、WLTCモードで22.0km/L。

(2WDは23.6km/L)

重量のあるミニバンで、ハイブリッドの4WDにしては

ずいぶん燃費が良くなりましたよね。

 

6割以上売れ筋となるハイブリッドの駆動に選択肢が増えたこと、

ハイブリッドで4WDなのに燃費がいいのはユーザーにとって嬉しい変化です。

 

新バッテリーはEV走行範囲拡大

電気自動車のように全距離電気走行ではないものの

ストップ&ゴーの多い街中でガソリンを使わない、

発進時の静粛性と力強さ、

加速時のアシスト力がスゴい、

と積み上がるほど嬉しい変化が期待できます。

 

安全装備&コネクティッド最新版

  • 先行車&カーブの減速支援
  • 渋滞時運転負荷軽減
  • トヨタチームメイトアドバンストパーク(OP)
  • 駐車サポート

目新しいのは駐車サポートです。

スマホアプリで遠隔操作できる優れもの。

でも、狭い生活空間ではあまり機能しません。

 

ドライバーの負荷軽減の方が望まれてる機能で

先行車&カーブの減速支援・渋滞時運転負荷軽減の

自動運転に近い性能はありがたいですね。

 

クルマのサブスクはKINTO

関連情報

新型ノア機能情報はこちら。

ステップワゴンが魅せる未来|家族をもっと笑顔に、気持ちよくしたい欲満載




WEEKLY RANKING