新型アルファード2022年冬に期待|GR設定&TNGA低床化&空力性能向上

新型アルファードは2022年冬に期待されているようですね。

ラインナップについては、ヴェルファイア廃止の見方が強くなっています。もう決定かな?

ラインナップ変更に伴い、ランクルと同じGR-Sが設定され、より魅力が開放されます。

これにはTNGA化が影響しているのでしょうね。

エンジン位置を低重心化し、サス性能、位置見直しにより操作性が向上し、スポーツタイプにも対応できるからです。

サイズ対応が可能なので、ロングホイールベース仕様(1000万円級)登場の可能性もあると言われています。

パワートレインは新型クラウンクロスレクサス新型RXと共用します。

それでは、詳細を以下でお話ししますね。

予想価格

0

0

ロングホイールベース仕様は1000万円?

新型アルファードのエクステリア予想

LM

新型アルファードのエクステリアは

  • キープコンセプト
  • 進化した豪華絢爛なフロントマスクを採用する

らしいです。

そう聞くと、「現行の延長?」としか感じなくてつまらないですね。

いやいや、最近の新型ラインナップを見れば新型アルファードもよくなるでしょう。

豪華絢爛レクサスLMも登場したんだし、ランクルGR-Sなんて、進化を遂げた魅力を持っていますよね。

TNGAプラットフォームの影響は、もっと大きなものとなる得ると思います。

TNGA化することで、

  • 全高・空気抵抗を抑えた塊感
  • ワンモーションフォルム
  • エンジン位置最適化による低重心化
  • ロングホイールベース化

といった変更が可能になり、ボディサイズは大きくは変わらずとも、塊感がもっと上がっていい仕上がりになると思いますよ。

ボディサイズ予想

サイズ比較
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
新型
  • 4960mm
  • 1880mm
  • 1940mm
  • 3050mm
現行
  • 4945-4950mm
  • 1850mm
  • 1935-1950mm
  • 3000mm

現行よりサイズアップすることが期待されています。

室内空間やラゲッジにもっと余裕が生まれ、豪華なLミニバンの更なる進化を魅せてくれるでしょう。

この予想は、新ボディタイプの話につながってきます。

【新ボディタイプ投入!?】ロングホイールベース仕様も登場?

ホイールベースを200mm延長したロングホイールベース仕様を設定する予想があるのは、先に書いた通りです。

このモデルは「次期LM開発の前準備として開発している」との話です。

先行する新型アルファードにも「ロングタイプがラインナップされるかもしれない」と信憑性は疑うものの期待されているようです。

室内空間に余裕ある豪華内装の4人乗りと言われ、LMの2列シートロイヤルエディションみたいですね。

LM04

新型アルファードの外装について、最後にボディを支える足元のお話です。

【TNGA化の恩恵】サスペンションのバネ特性も見直し

外観の迫力だけではなく、サスペンションの特性向上で操作性と3列目の乗り心地に改善が行われると言われています。

この大幅な性能変更により、次期型にはGR SPORTも設定されると期待されているので、のちほど詳細をお話しますね。

GR SPORTは熱狂的なファンが現れ、かなり売れそうな予感です。

では、先に内装に触れておきます。

新型アルファードの内装予想

アルファード9

新型アルファードはTNGAによりエンジン位置の見直しが可能で、低重心・低床化が図られます。

3列シートでキャプテン7人、ベンチ8人は継承。

ロングホイールベース仕様は高級感溢れる2列シート4人乗りで、このモデルをメジャーラインナップに加える可能性があるとのことです。

LM1

いいですね~。3列目を廃止して、2列目を最後尾まで持ってきた広さと豪華さ。

それにしてもリアルでもメディアでも、このモデルをあまり見かけませんね。

どんな人が乗っているんだろ。興味あります。

では、GR SPORTの話に近づくパワートレインの話へ移ります。

新型アルファードのパワートレイン予想

アルファード17

【確定】2.5Lハイブリッド搭載

RAV4と同等の2.5Lエンジン。駆動に2WDと4WDを設定。

【新搭載!?】3.5Lハイブリッド搭載

新しく情報が出ました。

現行のハイブリッドラインナップは2.5Lだけなので、現行ガソリン車の3.5L(プレミアム燃料モデル)にハイブリッドを組み合わせるのでしょうか。

【ガソリン車】2.5L自然吸気搭載!?

これも新情報です。ほんとかな~。

2.4Lターボの噂も出てたから、どうなるんでしょうね。

ターボをGR SPORTに搭載と言われてたんですけどね~。

自然吸気を設定すると言われていますよ。

【新駆動方式採用】ハイブリッドの駆動に2WD(FF)設定予想

E-Fourだけだった駆動に2WDを設定して、グレードに幅を持たせる公算があるとうわさです。

これは以下のGR SPORTの設定に関係しているのでしょう。おまたせしました。

新型アルファードにGR SPORT登場?

GR

LミニバンのGR SPORTが追加される」と期待されています。

実現すればランドクルーザーのGR-S(以下の画像)と同じく、魅力的なグレード設定になりそうですね~。

ランドクルーザー16

新型アルファードにスポーティー仕様が用意されたら、かなり売れる予感がします。

ミニバンであり、豪華さを押し出すモデルでありながら、スポーティーさも加えられる。

これまで、ノーマルからスポーティに仕上げたい人もいたでしょう。

わざわざカスタムしてスポーツパーツで飾り、お金をかけてきたことと思います。

純正スポーツモデルが登場すれば、レクサスF SPORTのような人気を獲得するのではないでしょうか。

そして、パワートレインの最後の話題に持ってきたのが、行方がわからなくなったターボの話です。

【噂に終わる!?】新2.4LターボをGR-Sに搭載!?

ガソリンモデルに2.4Lターボをラインナップするという初期の予想がありました。

GR SPORTに搭載されると期待されてたんですけどね。

現行V6 3.5Lエンジンの代替で、ビッグトルク・ハイパワーの高性能エンジンとして、スポーツ走行派に人気が出るだろうと言われてたんですけどね。

  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 320ps
  • 45.0kgm

どうなるんだろう?ここに2WD・4WDの両駆動を設定するという話でした。

では、最後の話題として予防安全装備についてです。簡潔に。

Toyota Safety Sense全車標準装備

Toyota Safety Sense

高速道路ハンズフリーを設定するといううわさが出ています。

基本情報≫Toyota Safety Senseとは|第2世代予防安全システムトヨタセーフティセンス

忘れてました。

パワートレイン候補にはPHVの期待もあったんですよ。

【ただの噂!?】プラグインハイブリッド搭載?

最近ラインナップが増えつつあるプラグインハイブリッド設定がうわさになっています。

可能性としては「メカニズム的には可能」なようで期待もされています。

RAV4 PHVのようなラインナップに期待がかかります。

Labo
ライバル「エルグランド」も打倒アルファードで頑張って開発されているだろうね‼