新型アルファード2023年4月登場予想|低重心パーツ最適化による操作性向上でGR-S設定

アルファードは2022年一部改良が実施され、新型は2023年に持ち越し。

発売予想時期が年を跨(また)いでじわじわ前後しながら、間の2022年に小さな改良が入りました。

 

【最新】トヨタ新型アルファード登場は2023年夏予想。PHEV設定の可能性も

 

新型メインはラインナップ再編

まずヴェルファイア廃止。

 

ランクルと同じGR-S(GR SPORT)の設定により

さらに魅力を増すモデルへ進化します。

 

新型ノアに続くミニバンのTNGA化により

  • エンジン位置低重心化
  • サス性能・位置見直し

が行われ操作性が向上するため、

スポーツ走行が向上してGR SPORTも設定可能に。

 

さらにTNGAはボディサイズ拡張もでき、

  • ロングホイールベース仕様(上級1000万円モデル)=レクサスLMの原型

をアルファードに設定する予想も出ています。

 

また、アルファード以上の居住性を持つモデルの情報も出ています。

 

新型アルファードのパワートレイン候補は?

初期設定で濃厚なのは

  • 2.5Lハイブリッド
  • 2.5Lガソリン

 

他候補として

  • 2.4Lターボ
  • 3.5Lハイブリッド
  • 2.5L自然吸気
  • PHEV
  • EV

と様々な情報が出ていました。

 




予想価格

3,800,000~8,000,000円

※ロングホイールベース仕様は1000万円

 

新型アルファードのエクステリア予想

豪華絢爛で押し出しの強いフロントマスクはキープコンセプト。

 

新型アルファードは次期レクサスLMの基本設計となるので

ギラリと光るフロントマスクを採用します。

 

LサイズミニバンTNGA化の効果は?

  • 全高・空気抵抗を抑えた塊感
  • ワンモーションフォルム
  • エンジン位置最適化による低重心化
  • ロングホイールベース化

といった変更が可能になって、

より塊感のある外観が形作られるでしょう。

 

これらの影響を踏まえたボディサイズ予想は

以下のようになっています。

ボディサイズ予想(現行比較)

サイズ比較
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
新型
  • 4960mm
  • 1880mm
  • 1940mm
  • 3050mm
現行
  • 4945-4950mm
  • 1850mm
  • 1935-1950mm
  • 3000mm

現行よりちょっとだけサイズアップする部分と

縮小する部分が出てきます。

 

全高は下がり全長が長くなるのがポイントです。

全長の延長によって室内空間やラゲッジに少し余裕が生まれます。

 

新型アルファードにロングホイールベース仕様設定の可能性

  • ホイールベースを200mm延長する次期LM同等の上級モデル

を新型アルファードに設定する予想が出ています。

 

  • 豪華内装の4人乗り
  • 贅沢に使える室内空間

の仕様になり、LMの2列シートロイヤルエディションをイメージさせる仕様です。

 

新型アルファードの外装関連でボディを支える足元のお話です。

サスペンションのバネ特性見直し

新型はサスペンション特性の向上も果たし

操作性と3列目の乗り心地が改善します。

 

サスペンションの強化は走行性能も押し上げますよね。

操作性と相まって

新型アルファードにはGR SPORT設定が可能になりました。

 

GR SPORTは熱狂的なファンが現れ、かなり売れそうな予感です。

 

内装の変更点は?

新型アルファードの内装予想

3列シートキャプテン7人・ベンチ8人継承

新型アルファードはTNGA-Kにより

  • エンジン位置の見直し
  • 全高を抑えた低重心化
  • 室内空間を保つ低床化

が図られ、現行同等の居住スペースは確保されます。

 

ロングホイールベース仕様の内装

高級感溢れる2列シート4人乗りをメジャーラインナップに加えます。

いいですね~。

3列目を廃止して、2列目を最後尾まで持ってくる広さと豪華さ。

 

リアルでもメディアでも、このモデルをあまり見かけませんね。

どんな人が乗っているんだろ。興味あります。

 

パワートレインはどうなるのか?

新型アルファードのパワートレイン予想

【確定】2.5Lハイブリッド搭載

レクサス新型NX同等の2.5Lハイブリッド採用。

A25A-FXS型
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • Fモーター出力
  • Rモーター出力
スペック
  • 2.5L直4ハイブリッド
  • 178ps/5700rpm
  • 22.5kgm
  • 54ps/12.3kgm
  • 243ps

 

NXで行われた改良
リチウムイオン電池性能向上
駆動2WD/AWD(E-Four)
トランスミッションTHSⅡ

 

ハイブリッドの駆動に2WD(FF)設定

新型アルファードハイブリッドの駆動に

2WDが追加設定されます。

E-Fourだけだったハイブリッドの駆動に2WDを設定。

 

【ガソリン車】2.5L自然吸気搭載

このパワートレインのエンジンを使用した2.5Lガソリンも設定されるようです。

 

グレードに幅を持たせるGR SPORTのパワートレイン候補が以下となっています。

【未確定】新開発2.4Lターボ搭載

レクサス新型NX Fスポーツ専用仕様の

2.4Lターボがラインナップされます。

新開発T24A-FTS型
  • 最高出力
  • 最大トルク
スペック
  • 280ps
  • 43.8kgm

新開発2.4Lターボは「GR SPORTに搭載される」ことが期待されていますよ。

 

NXで行われた改良
ツインスクロールターボ
インタークーラー
センター直噴システム
駆動AWD(電子制御式フルタイムAWD)限定
8速AT

 

【ただの噂!?】プラグインハイブリッド搭載?

最近ラインナップが増えつつある

プラグインハイブリッド設定がうわさになっています。

 

可能性としては「メカニズム的には可能」なようで

RAV4 PHVのようなラインナップに期待がかかります。

 

以下は過去に出ていたパワートレイン未確定情報。

3.5Lハイブリッド搭載?

新情報で現行のハイブリッドラインナップは2.5Lだけ。

なので、現行ガソリン車の3.5L(プレミアム燃料モデル)に

ハイブリッドを組み合わせるのでしょうか。

 

新型アルファードにGR SPORT設定

もう当たり前になりつつある

GR SPORT追加をLサイズミニバンにも設定します。

 

GRは今後、2023年まで複数モデルに設定予定。

 

ランドクルーザーのGR-S(以下の画像)と同じく

魅力的なグレード設定ですね。

 

新型アルファードにスポーティー仕様が用意されたら

かなり売れる予感がします。

 

ミニバンであり、豪華さを押し出すモデルでありながら

スポーティーさも加えられる。

 

これまで、ノーマルからスポーティに仕上げたい人もいたでしょう。

カスタムしてスポーツパーツで飾りお金をかけてきたと思います。

 

純正スポーツモデルが登場すれば

レクサスF SPORTのような人気を獲得するでしょうね。

 

クルマのサブスクはKINTO

関連情報

【最新】トヨタ新型アルファード登場は2023年夏予想。PHEV設定の可能性も

トヨタ最上&高級ミニバン情報はこちら。

新型エルグランド情報はこちら。

新型オデッセイ後継ラージミニバン情報はこちら。




WEEKLY RANKING