新車発売情報Labo

Read Article

アルファード新型モデル情報2022年春に期待|予想価格350~790万円ワンモーションフォルム採用

トヨタのアルファードは2022年春にフルモデルチェンジが行われると期待されています。

新型アルファードはヴェルファイアが「カスタムモデルとして」ラインナップされると噂されています。いわゆる統合です。これは確実ではないものの、面白くもあり、注目の動きですよね。

さらに、GR SPORTが設定されるとの噂も出ました。実現するならユーザーの期待に応えてくれるトヨタの心意気に、嬉しくて笑っちゃいます。

トヨタでは2020年現在、統廃合が進んでおり、ルーミーとタンクはルーミーに吸収され、タンクの名称はなくなりました。ダイハツのトールは存続です。関連モデルとなるポルテ・スペイド廃止の方向で進んでいます。

さらに、先に登場しそうな新型ノアはアルファードと同じようにカスタムにヴォクシーが設定され、さらに、「ヴォクシーの名も残る?」と期待されています。このような動きも新型アルファードの参考にしてください。



新型アルファードのエクステリア予想

新型アルファードのエクステリアは基本的にはキープコンセプト。TNGA採用によって、全高を抑え、空気抵抗を減らした塊感あるフォルムになります。

この点はGR SPORTの噂を裏づけるものとなりそうですね。

細かなパーツでは迫力あるメッキグリルは残され、ヘッドライトに最新テクノロジーを導入すると予想されます。

ヴェルファイア統合については、フロントデザインのバリエーションを増やし、1モデルでいくつかの選択肢を楽しめるモデルになると捉えています。

新型アルファードの内装予想

アルファード9

新型アルファードの内装は基本は残しつつ、車内家具の配置を最適化。3列シートでキャプテン7人、ベンチ8人を継承します。

高級化を目指すのであれば、2列4人乗りをもっとメジャーなラインナップに加えてくる可能性もありますね。

車内のパーツに目を向けると、インパネやイルミネーションに有機ELを採用する方向も考えられます。電動リクライニングシートはアップデートされて継続されるでしょう。

トヨタコネクトへの対応もあり、大型ディスプレイも採用されるはずです。車内wifi機能も用意されるかもしれません。

さらに、ムーンルーフは現行を引き継ぐ形となり、他メーカーのハッチバック車などに見られるフロントウィンドウとつながったデザインのグラスルーフの設定の可能性は低いでしょう。

新型ではミニバン初TNGA新開発プラットフォーム採用

低重心・低床化が図られます。また、TNGAの恩恵でパーツの変更がしやすく、ホイールベースを200mm延長したロングホイールベースのVIP仕様が用意されるとも噂されています。

この仕様はレクサス新型LM300hのもので、共通となるので、再現性もあり可能性としては高いと言えるでしょう。

LM

LM1

新型アルファードのパワートレイン予想

アルファード17

新型アルファードのハイブリッドシステムはRAV4と同等の2.5Lエンジンによるものとなり、駆動に2WDと4WDを設定、燃費はWTLCモードで17.0km/lは超えると考えられます。

3.5Lハイブリッドの噂も出ており、現行3.5Lガソリン自然吸気エンジンから2WDのハイブリッドとして設定されるというものになります。

トヨタのラインナップでFF車3.5L~3.0Lに相当するハイブリッドがなく、他車種でも展開が難しいことから、新型でも設定される可能性は低いと言えます。

ガソリンモデルには、2.4Lターボが搭載されると噂されています。このエンジンは現行のV6 3.5Lエンジンの代替です。ビッグトルク・ハイパワー仕様で、スポーツ走行を楽しみたい人を満足させるパワートレインになります。

ただ、次期アルファードにはGR SPORTの設定が噂されており、このエンジンもおそらく採用されるでしょうから、アルファードのスポーツモデルが欲しい人は楽しみでしょうね。

パワートレインの最後の話題として、最近ラインナップが増えつつあるプラグインハイブリッド設定の可能性は、「メカニズム的には可能」となっています。

GR SPORTに乗じて、RAV4 PHVのように登場が期待されますね。そういう情報は見かけませんが。

以下では、2.5Lハイブリッドエンジンについてのみ解説します。そのあとにアルファードGR SPORTについて書いていますので、ハイブリッドの解説がいらない場合は飛ばしてください。

2.5L直4ハイブリッドのスペックなど

カムリ・Lexus ES・RAV4に採用された新世代TNGAパワートレインの2.5L直列4気筒ハイブリッドを採用します。4WDの設定も想定されているパワートレインです。

また、システムに高性能マルチステージTHSⅡを採用したことで燃費向上を実現。スペックは以下になりますが、発売時期を考慮すると、まだまだ小さな向上が行われていくでしょう。

  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • モータートルク
  • システム最大出力
  • 2.5L HV(D-4S)
  • 176ps~180ps
  • 22.4~25.0kgm
  • 143ps
  • 27.5kgm
  • 211ps

ついでにハイブリッドシステムについても解説しておきましょう。

高性能マルチステージTHSⅡで何が変わった?

現行プリウスに採用された小型・軽量・低損失化技術とTNGAにより、高い燃焼効率・高出力の相乗効果を発揮するものです。動力性能・低燃費を高次元で両立します。

高性能マルチステージTHSⅡは、ハイブリッド車の「一瞬モタつく走行」のイメージを変えます。これによって高い発進加速性能とダイレクト感あふれる走りが実現します。

また、高速走行時のシステム効率向上と高速域でもエンジン間欠運転(稼働&停止の繰り返し運転)を可能にし、高速燃費を向上します。

では、パワートレイン関連その他の噂では、トランスミッションはCVTオンリーとなるようですね。

新型アルファードGR SPORT登場?

GR

新しい噂が出てきましたね。これは個人的に面白い展開です。アルファードのノーマル・カスタム(ヴェルファイア代替え)に加え、ミニバンのGR SPORTが追加されると期待されています。

アルファードのスポーティー仕様は興奮しますね。ミニバンであり、豪華さを押し出すモデルですから、スポーティーさはあまり感じられないのがアルファードです。

スポーティに仕上げたい人は、カスタムしてスポーツパーツで飾り、お金をかけてきたでしょう。そこに純正でスポーツモデルが登場するのだから、あまりイジらず綺麗にまとまった外観で乗りたい人には朗報ですね。

この期待が実現すれば、トヨタはユーザーの期待に応えますね。まあ、レクサスにF SPORTがあるのだから、当然の動きでしょう。

GR SPORTは2023年までに、RAV4・プリウスへの設定が噂されていて、さらにGRMNはカローラツーリング・カローラスポーツ・C-HR・スープラに設定が期待されるなど、ラインナップを充実していく予定です。

Toyota Safety Sense全車標準装備

Toyota Safety Sense

高速道路ハンズフリーまでは設定される予定と噂されています。先進技術関連でデジタルドアミラーなども考えられます。

アルファードは高級車という立ち位置なので、発売時期で最新のToyota Safety Senseが用意されます。

ハンズフリー以上の自動運転支援システムは期待できない?

トヨタはいま現在、自動運転につながる運転支援システムを市販化しておらず、登場タイミング的にレベル2程度の運転支援システムを搭載する可能性は考えられる程度となります。

さらに、それ以上を望んだレベル3以上のシステムも可能性としてはありというところでしょう。実用化への動きは進んでいるので、ゆくゆく改良やマイチェンでオプション設定されていくものとなりそうです。

新型アルファードの予想価格帯

新型アルファードの価格帯は現行と大きく変わることはなく、400万円を切る価格からスタートして780万円程度のグレードまで、幅広く用意されると予想されます。

ただ、レクサスLMが登場したことにより、先進技術や豪華なラグジュアリー機能を採用した極端な特別モデルを用意して、格差溢れる価格のラインナップもありそうですね。

アルファードLabo



Return Top