新車発売情報Labo

Read Article

トヨタRAV4 PHV次世代モデル情報2020年7月?|新開発プラグインハイブリッドシステム採用

トヨタはRAV4にプラグインハイブリッド車(PHV)を2020年7月に追加予定です。

ロサンゼルスオートショー2019で初披露。
エクステリアにピアノブラックのアクセントを多用し、専用装備を充実させてPHVを演出します。

RAV4 PHEV17

インテリアにはヘッドアップディスプレイ・9インチディスプレイオーディオ・パドルシフトなどを装備。
機能面では、プリウスPHVと同じヒートポンプオートエアコンをRAV4 PHVにも搭載します。

新開発プラグインハイブリッドシステム採用により、大容量バッテリーを搭載できモーター性能も高出力化します。
また、駆動にE-Fourを採用します。

EV航続距離は約62kmで、外部給電機能としてバッテリー蓄電力を最大で1500W出力可能の仕様となります。
予想価格はHYBRID Xグレード+60万円程度のスタートが予想されます。

さらに”上級グレードも用意されるのではないか”と考えられます。2WDも設定されるでしょう。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 総出力
  • 4610mm
  • 1865mm
  • 1690mm
  • 2690mm
  • 1750kg
  • 2.5L直4HV
  • 178ps/5700rpm
  • 22.5kgm
  • 306ps(北米)


トヨタ新型RAV4 PHVのエクステリア

RAV4 PHEV8

RAV4 PHVはPHVモデルとわかりやすくするため、ピアノブラックのアクセントを多用。

  1. 19インチ専用アルミホイール+タイヤ
  2. 専用フロントグリル
  3. PHVエンブレム
  4. 充電用リッド装備
  5. リアコンビランプのカラー変更

上記の変更をRAV4のベースモデルに加えます。

RAV4 PHEV11

【動画】海外RAV4 Prime

トヨタ新型RAV4 PHVのボディカラー

  1. スーパーソニックレッド
  2. ブラックルーフ

上記でRAV4 PHVを演出します。

トヨタ新型RAV4 PHVの内装インテリア

RAV4 PHEV24

  1. ヘッドアップディスプレイ
  2. 9インチディスプレイオーディオ
  3. パドルシフト

RAV4 PHEV27

機能

プリウスPHVと同じヒートポンプオートエアコンをRAV4 PHVにも搭載。電力消費を効率よく機能させ、環境性能を高めます。
内装自体に大きな変化はつけない仕様でシート生地に変化がある程度です。

RAV4 PHEV20 RAV4 PHEV26

トヨタ新型RAV4 PHVのパワーシステム

新開発プラグインハイブリッドシステムを採用します。

  • EV走行距離
  • 燃費
62km/L
  • 約38km/L

RAV4ハイブリッドのメカニズムと同等の出力、エンジン排気量になります。

HYBRID X
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • システム出力
スペック
  • 2.5L DYNAMIC F
  • 178ps/5700rpm
  • 22.5kgm
  • 218ps/222ps

新開発リチウムイオンバッテリー搭載

新プラグインハイブリッドシステム採用の恩恵で、大容量バッテリーを搭載できモーター性能も高出力化します。
システム出力62kW向上。クラストップレベル225kWを実現。電動化により加速パワーも向上。

4WDシステムはE-Four採用

RAV4ハイブリッドに4WDが設定されていることから、プラグインハイブリッド+4WDが期待されました。

EV走行距離

RAV4 PHEV18

EV航続距離は約62km。

外部給電機能

バッテリー蓄電力を最大で1500W出力可能。

トヨタ新型RAV4 PHVの予防安全装備

Toyota Safety Sense

おそらくベース車から極端な変化はないものと考えられます。場合によっては、販売時点でアップデートを行う可能性もあります。

他のグレードにない専用の予防安全装備が搭載される可能性は低めです。

RAV4 PHV次世代モデル情報Labo

RAV4にはGR SPORTも追加予定

ライバルは三菱アウトランダーPHEV

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top