新車発売情報Labo

Read Article

トヨタRAV4 PHV新型モデル情報2020年6月8日発売|価格469万~539万円新開発プラグインハイブリッドシステム採用

トヨタはいよいよRAV4にプラグインハイブリッド車(PHV)を設定し、2020年6月8日に発売します。

RAV4 PHEV17

インテリアにはヘッドアップディスプレイ・9インチディスプレイオーディオ・パドルシフトなどを装備。機能面では、プリウスPHVと同じヒートポンプオートエアコンをRAV4 PHVにも搭載します。

新開発プラグインハイブリッドシステム採用により、大容量バッテリーを搭載できモーター性能も高出力化。また、駆動にはE-Fourを採用します。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • Fモーター
  • Rモーター
  • システム出力
  • 駆動
  • EV走行距離
  • ハイブリッド燃費
  • タンク容量
  • 最長航続距離
  • 4610mm
  • 1865mm
  • 1690mm
  • 2690mm
  • 1750kg
  • 2.5L直4HV
  • 177ps/6000rpm
  • 22.3kgm/3600rpm
  • 182ps/12.3kgm
  • 54ps/12.3kgm
  • 306ps(THSII Plug-in)
  • E-Four
  • 95km(EVモード)
  • 22.2km/L
  • 55L
  • 1300㎞


新型RAV4 PHVの価格

  • G(E-Four)
  • G”Z”(E-Four)
  • BLACK TONE
  • 4,690,000円
  • 4,990,000円
  • 5,390,000円

全車標準装備

  • 9インチディスプレイオーディオ
  • スマホ連携Apple CarPlay/Android Auto?

最上級ブラックトーングレード標準装備

  • 19インチアルミホイール
  • ヘッドアップディスプレイ
  • Toyota Safety Sense
  • ハンズフリーバックドア

トヨタ新型RAV4 PHVのエクステリア

RAV4 PHEV8

RAV4 PHVはPHVモデルとわかりやすくするため、ピアノブラックのアクセントを多用。

  1. 専用フロントグリル
  2. PHVエンブレム
  3. 充電用リッド装備
  4. リアコンビランプのカラー変更

上記の変更をRAV4のベースモデルに加えます。

RAV4 PHEV11

【動画】海外RAV4 Prime

トヨタ新型RAV4 PHVのボディカラー

  1. スーパーソニックレッド
  2. ブラックルーフ

上記でRAV4 PHVを演出します。

トヨタ新型RAV4 PHVの内装

RAV4 PHEV24

  1. ヘッドアップディスプレイ
  2. 9インチディスプレイオーディオ
  3. コネクティッドサービス(Apple CarPlay/Android Auto)
  4. スマホ連携機能(USB接続)
  5. パドルシフト

RAV4 PHEV27

インテリア機能

プリウスPHVと同じヒートポンプオートエアコンをRAV4 PHVにも搭載。外気活用により、電力消費を効率よく機能させ、環境性能を高めます。

エアコン冷媒は、リチウムイオンバッテリーの温度管理&劣化抑制、また充電制御に勝代されます。

リモート空調システム採用

アプリやスマートキーでエアコン起動。バッテリー電力により、約20分間、冷暖房可能です。

運転席助手席温熱シート標準装備

RAV4 PHEV20

G“Z”/BLACK TONEグレードの運転手・助手席にはベンチレーション機能が採用されます。

後席左右シートヒーター標準装備

RAV4 PHEV26

トヨタ新型RAV4 PHVのパワーシステム

新開発プラグインハイブリッドシステムを採用します。

  • EV走行距離
  • 燃費
  • システム出力
  • 62km/L
  • 約38km/L
  • 306ps

RAV4ハイブリッドのメカニズムと同等の出力、エンジン排気量になります。

HYBRID X
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • システム出力
スペック
  • 2.5L DYNAMIC F
  • 178ps/5700rpm
  • 22.5kgm
  • 218ps/222ps

新開発リチウムイオンバッテリー搭載

新プラグインハイブリッドシステム採用の恩恵で、大容量バッテリーを搭載できモーター性能も高出力化します。
システム出力84ps向上。クラストップレベル225kWを実現。電動化により加速パワーも向上。

4WDシステムはE-Four採用

RAV4ハイブリッドに4WDが設定されていることから、プラグインハイブリッド+4WDが期待されました。

EV走行距離

RAV4 PHEV18

EV航続距離はEVモードで95kmを達成しています。

外部給電機能

バッテリー蓄電力を最大で1500W出力可能。停電・災害・緊急時、アウトドアの際に、最大1500W(AC100V)の外部給電機能が標準装備されています。

EV給電モード

バッテリーを使って給電します。

HV給電モード

バッテリー電力が低下するとエンジンを併用しつつ発電し、満タンで3日分の電力が供給可能です。

トヨタ新型RAV4 PHVの予防安全装備

Toyota Safety Sense

注目の機能は以下で、最新のデバイスが追加されています。

  1. プリクラッシュセーフティ(歩行者(昼夜)/自転車(昼間)検知)
  2. インテリジェントクリアランスソナー
  3. パーキングサポートブレーキ(静止物)
  4. パノラミックビューモニター

RAV4 PHV次世代モデル情報Labo

RAV4にはGR SPORTも追加予定

ライバルは三菱アウトランダーPHEV

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top