新型CX-80 2023年秋登場予想|3列シート7人乗り直6FR最上級クーペSUV

新型CX-60がPHEVで登場するので、

その上級新型CX-80も同じパワートレインを搭載するでしょう。

【最新】マツダ新型CX-80は2023年秋登場。FRの恩恵が3列目と操作に好影響

 

新型マツダ6新型CX-60と同じく

直6エンジン・FRを採用して上級モデルとして

CX-8の”後継”扱いとなります

 

2022年~2023年新型CX-5・新型マツダ6が登場。

ここに続き、両モデルの上級クロスオーバーSUVとして

新型CX-80が登場する予定です。

 

現在一番注目の情報は

  • 新規パワートレイン搭載

についてです。

 




新型CX-80の走行性能

PHEV設定

新型CX-60はPHEV設定が確定しました。

新型マツダ6・新型CX-5にも同パワートレイン搭載予想が出ています。

新型CX-80にもPHEVが搭載されるのは当然と言えますね。

 

FFからFRへ駆動方式変更

パワートレイン変更と共にFRを採用します。

 

FRは

  • ロングノーズのデザイン性
  • ドライビング時の高いレスポンス性

といったメリットを生みます。

 

ラージ商品群に3つのパワートレイン候補

クリーンディーゼルエンジンの人気が根強い日本では、直列6気筒の「SKYACTIV-D」と48Vマイルドハイブリッドの組み合わせプラグインハイブリッドなどを導入していく予定です。

引用元:https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2021/202110/211007a.html

 

新型CX-60のパワートレイン候補は

  • ディーゼルハイブリッド
  • スカイアクティブX
  • PHEV

ということになりますね。

 

これには続きがあり、

2022年前半
ロータリーエンジンを発電機として活用するマルチ電動化技術を搭載したモデルの導入
2025年
EV専用プラットフォームの商品群を導入
2030年
全てのモデルの電動化を完了させる予定

と発表されています。

 

マツダ2022年以降のクロスオーバーSUV商品群には

  • ロータリーレンジエクステンダーEV
  • ピュアEV

の導入がすでに計画として含まれている発表と捉えていいでしょう。

 

新型CX-60や新型CX-80、またCX-5に

新規パワートレインとして搭載される可能性も出てきました。

 

【最新】マツダ新型CX-80は2023年秋登場。FRの恩恵が3列目と操作に好影響

 

現行モデル登場時の情報です。↓

【2017年12月14日】CX-8登場

3列シート仕様のSUVでプレマシー・ビアンテ後継扱いです。

懐かしい名称ですねー。

CX-8は2017年9月14日発表。12月14日販売開始。

 

マツダはSUVを拡大する計画で、その一環としてCX-8追加。

ビアンテは2017年9月、プレマシーは2017年度中に生産終了しました。

 

CX-8の特徴

  • ボディサイズ:全長4900mmに拡大
  • リア拡大3列シート
  • CX-7(生産終了モデル)とCX-9の中間モデル
  • エンジン:SKYACTIV-D 2.2(新世代クリーンディーゼル)
  • トランスミッション:SKYACTIV-DRIVE
  • 乗車定員:6名/7名
  • JC08モード燃費:17.6キロ
  • WLTCモード(新基準):15.8キロ
  • 価格:319万6800円~419万400円

 

ボディ
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
サイズ
  • 4900mm
  • 1840mm
  • 1730mm
  • 2930mm

 

リア拡大3列シート化

プレマシー・ビアンテ後継という意味で

機能性がCX-8に受け継がれています。

 

インテリア

6人乗り

  • キャプテンシート
  • セカンドシートアームレスト付コンソールボックス

 

6人乗り

  • キャプテンシート
  • 角度調整機構付アームレスト(センターウォークスルー)

 

7人乗り

  • 6:4分割可動式ベンチシート

 

3列目シート

身長170センチメートルの大人が座っても

足元に十分な空間ができる設計です。

 

2.2Lディーゼルターボエンジン|スペック

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 乗車定員
  • 燃料
  • タンク容量
  • JC08燃費
  • 4900mm
  • 1840mm
  • 1730mm
  • 2930mm
  • 1780kg
  • SKYACTIV-D 2.2
  • 190ps/4500rpm
  • 45.9kgm
  • 6速AT
  • 6名/7名
  • 軽油
  • 72L
  • 17.6

 

CX-8は次世代SKYACTIV搭載。安全性も高めたSUVミニバン

スカイアクティブは次世代技術へ進化

マツダが改良のたびに搭載している

最新技術(第2世代スカイアクティブ)をCX-8も搭載。

 

  • i-ACTIVSENSE
  • i-ACTIV AWD
  • Gベクタリングコントロール

といった技術を採用します。

 

レベルの高い安全装備の充実

  • 全車速対応クルーズコントロールMRCC採用グレードを設定

 

関連情報

CX-8一部改良情報はこちら。

【最新】マツダ新型CX-80は2023年秋登場。FRの恩恵が3列目と操作に好影響




WEEKLY RANKING