シルフィEV新車2022年12月に期待|ミドルサイズ4ドアセダン&リーフシステム搭載

シルフィセダンはEVとして2022年12月登場が期待されています。

「日本にはシルフィを導入しないのか?」と望まれており、2022年、電気自動車として日本市場投入が期待されています。

日産は中国で開催された上海モーターショー2019で新型シルフィをワールドプレミア。

このモデルをメイン市場の中国で発売しています。

シルフィは中国ではコンパクトセダンの主力モデルです。

シルフィ1

シルフィがEVになっても大して驚かないのは、似ているリーフが日本の日産EV代表として活躍しているからかもしれませんね。

リーフ e+24

新型シルフィサイズのEVセダンを日本市場投入の意図

ミドルクラスセダンの若返りのため、パワートレインをEVに載せ替え、先進安全装備を充実させた新世代モデルとして登場します。

国内のシルフィは2012年に発売開始。

中国モデルのように先進デザインは採用しないまま活動を続けています。

新型シルフィセダンは中国・北米専用モデルで、日本市場には投入予定が無いとされていました。

しかし、冒頭で述べたように、日産のミドルクラスセダンの若返り目的で投入が検討されています。

セダンモデル低迷の日本で販売台数をかせげるのか心配です。

しかし、そこは2030年完全電動化に合わせ、新規EV投入で話題性を上げるのが狙いでしょう。

新型シルフィEVの予想エクステリア

IMs4

新型シルフィEVは現行中国モデルをベースにすると言われています。

しかし、次世代EVセダン”IMs”の要素も採用する可能性がありますね。

低重心かつワイドなスタンスとすることでスポーティなエクステリアデザインが大きな特徴。

IMs8

新型シルフィEVのフロントマスクはIMsをベースにEV専用に仕立てたものとなるかもしれません。

日産の新しいエンブレムと意匠を採用します。

IMs2

現行中国モデルのセダンは流線型で空力性能を大幅に向上しています。

シルフィ3

このモデルでも、前方空力抵抗係数であるCd値はGT-Rと同等レベルの0.26を実現していると言われています。

IMsベースとなれば、ますます電気自動車の航続距離に貢献することになりますね。

新型シルフィEVの内装予想

IMs17

上記IMsのインテリアデザインは先をいきすぎていて参考になりませんね。

中国版のシルフィで解説します。

シルフィ7

中国版シルフィの室内空間は日産のキックスクラスの内装といえます。

ロングホイールベースとワイドスタンスによって、コンパクトセダンとしては広々としたスペースを確保しています。

インパネは3つの吹き出し口を持った空調システムを中心に、8インチモニターをインストルメントパネルを装備。

また、メーターパネルも様々な情報を表示可能な7インチTFTモニターが装備されています。

新型シルフィEVは、このデザインをベースにEV専用の先進的な内装になると予想されます。

新型シルフィEVのパワートレイン

新型シルフィEVは同じくフル電動化を果たすクラス上のフーガに寄り添い、ピュアEVとなります。

リーフの電動化技術をフル活用して開発されるようです。

リーフの電動化技術
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 航続距離
40kWhバッテリー
  • 110kW/3283-9795rpm
  • 320N・m/0-3283rpm
  • 400km/L
62kWhバッテリー(e+)
  • 160kW/4600-5800rpm
  • 340Nm/500-4000rpm
  • 550km/L

新型シルフィEVの先進安全装備

インテリジェントモビリティ

新型シルフィEVには電動化セダンに話題性をもたせる最新安全機能を与えるでしょう。



シルフィLabo



シルフィ|来歴

シルフィはサニーをベースに開発され、2000年8月に「パルサー」「プレセア」の統一後継車種として誕生しました。

初代モデルと2代目モデルまでは「ブルーバード・シルフィ」の名前で販売。

2012年誕生した3代目では世界戦略車としての役割が与えられ、ボディサイズが3ナンバーサイズになっています。

同一サイズのボディのまま北米市場やアジア、オセアニア市場など世界各国で販売開始されました。

現在、まだ日本市場でも古い型のまま販売されています。

クルマ雑誌読むなら読み放題のKindle Unlimitedで得しよう。

読めるクルマ雑誌

ベストカー・カートップ・ニューモデル速報・Motor Fan・RALLY CARS・名車アーカイブ・STYLE WAGON・スタイルRV・WAGONIST・REV SPEED・driver・CAR and DRIVER・ル ボラン・ENGINE・G-ワークス・GENROQ・Honda Style・GERMAN CARS・Car Goods Magazineなど