新型マツダ6 2022年秋登場予想|直6FR化で人気市場にウケるのか楽しみなモデル

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sugarchow(@sugardesign_1)がシェアした投稿

 

電動化対応の直列6気筒エンジン搭載

パワートレインには

  • 3.0L SKYACTIV-X(ガソリン)
  • 3.0Lディーゼル
  • PHEV
  • レンジエクステンダーEV

の設定予想。

 

ボディサイズ

全長は4900mmと大型モデルで

ホイールベースもSUV比+15cm延長。

 

4ドアと2ドアクーペ、ワゴンのラインナップが設定されるようです。

 

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 4900mm
  • 1880mm
  • 1420mm
  • 2850mm
  • 1550kg
  • 3.0L直6SKYACTIV-X
  • 300ps
  • 35.0kgm

 




予想価格

4,000,000~4,500,000円

 

新型マツダ6の予想エクステリア

新型マツダ6のデザインは

ビジョンクーペベースで作られます。

 

ノーズ先端がとがり

  • 4ドアFRらしい長いボンネット

が採用されていますね。

 

ここに2ドアクーペもラインナップされると予想されています。

 

ワゴンはグレード設定される?

マツダ6のワゴンタイプのエクステリアも

現行よりスペシャリティのあるフロントマスクを採用。

 

一目でマツダのクルマと判断できる外観を採用するでしょう。

 

新型マツダ6の内装予想

現行モデルを引き継ぐデザインに基本的な配置に変更なく

高級志向を追求したものになるでしょう。

 

新型マツダ6にパーフォレーションレザーレッドの採用があるか注目です。

ほか内装機能の変更点はUSB充電コネクタ充実が予想されます。

 

パワートレインが気になる。

新型マツダ6のパワートレイン予想

  • マイルドハイブリッド
  • クリーンディーゼル
  • PHEV
  • レンジエクステンダーEV

の搭載予想。

 

初めに搭載されるのは

3.0L 直6SKYACTIV-X(ガソリン)+電動スーパーチャージャー仕様です。

ガソリン【SKYACTIV-X】マイルドハイブリッド搭載

  • 排気量
  • マイルドハイブリッド
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 燃費(WLTC)
  • 3.0L
  • 48V
  • 300ps
  • 35.0kgm
  • 15.0km/L
マイルドハイブリッドの仕組み
SKYACTIVエンジンにモーターを組み合わせた
マイルドハイブリッドシステムで、i-ELOOPの強化版。
モーターにより低速域・加速時のエンジン補助を行います。

 

減速エネルギー回生システムとフルハイブリッドの中間性能で

モーター単独走行は不可との情報。

 

しかし、条件によっては「停車→発進」の際に

10秒のクリープ走行で駆動補助を可能にします。

 

第2世代クリーンディーゼルエンジン搭載

  • 排気量
  • 最大トルク
  • 3.0Lターボ
  • 60.0kgm

 

プラグインハイブリッド(PHEV)設定

マイルドハイブリッドはPHEVを想定しています。

時期遅れてPHEVが投入される予想となっています。

 

変速機

6速MTと6速ATの採用が濃厚です。

 

新型マツダ6の予防安全装備i-ACTIVSENSE

予防安全装備i-ACTIVSENSEはマツダ3搭載システムをベースに

さらに検知性能を高めたものとなるでしょう。

 

新型CX-5情報はこちら。

マツダ6一部改良情報はこちら。




WEEKLY RANKING