新車発売情報Labo

Read Article

トヨタ【E-Four】の仕組みとは|トヨタの新開発ハイブリッド4WDシステム

トヨタの現行RAV4ハイブリッド車には新型の4WDシステムであるE-Fourが搭載されています。
このシステムは前輪と後輪のトルク配分を100:0から最大20:80まで可変できる新制御採用がポイントです。

FFベースのため前輪駆動力配分は必須。FRレイアウトであれば比率は逆になると考えられます。

また、後輪トルクを30%増大させる機構もあるため、悪路走行性能は大幅に高まっているといえるでしょう。
このシステムはホンダのハイブリッド4WDと異なり”電気式システム”を採用しています。



トヨタ【E-Four】の仕組みとは

E-Four

新型E-FOURの特徴

新型E-FOURは後輪モーターによる緻密な制御ができる点で優れています。

ダイナミックトルクベクタリングAWDとE-Four【比較】

モーターで制御するか、プロペラシャフトで制御するかの違いがあります。
E-Fourは後輪トルク配分が広範囲に行えるようになっています。

しかし、後輪”左右”のトルク配分ができるのはガソリン車のダイナミックトルクベクタリングAWDのみです。
どちらも悪路走行時だけでなく、旋回時にもトルク配分をすることで、より安定性の高い走行ができるようになっています。

E-FOURの【駆動力】に関する注意点

E-FOURは”駆動力”でガソリン車4WDと比べて十分に性能発揮できない路面状況や環境・走行状況があることもメーカーでアナウンスしています。

ダイナミックトルクベクタリングAWDに搭載されているSNOWモードは、現時点で新型E-FOURに搭載されていない点も注意点といえるでしょう。

新型E-FOURは新型”ハリアー”に搭載される?

トヨタの新型E-FOURはSUV中心に搭載されると考えられます。
少なくとも次世代ハリアーへの搭載は確定的でしょう。

新型E-FourとレクサスNX/RX/UXとの関係

今後、RAV4クラス以上のハイブリッド車へ4WDの搭載は確定的です。
レクサスのNX・RX・UXへの搭載も確実といえます。

しかし、4WDシステムの変更は基本的にフルモデルチェンジで搭載。
また、フロントデザイン変更を伴うビッグマイナーチェンジによる搭載となるでしょう。

現在、RAV4ハイブリッドの4WDシステムは”新型E-Four”と名乗っています。
レクサスNXに搭載されている4WDシステムも”E-Four”となっています。

これはつまり、RAV4の”新型E-FOUR”は現行レクサスNX搭載タイプの”技術的に進化したもの”と呼べます。
なお、C-HRはハイブリッド4WDが搭載できない構造です。

現行モデル中に新型E-FOURが搭載される可能性は非常に低いです。

GRグレードの4輪駆動システム”GR-FOUR”にハイブリッドは登場するのか

新型ヤリス1.6GRは4WD+272馬力のガソリンエンジンとなっています。

”GR-FOUR”がトヨタ他車種に波及する可能性は?

世界的販売台数の多いRAV4も含まれることになるでしょう。
一方で、トヨタGRMNクラスへのハイブリッド採用はまだ例がありません。

基本的にGRスポーツグレードにハイブリッド4WDの搭載がメインとなるでしょう。

ダイナミックトルクベクタリングAWD/GR-FOURはHV4WDより【スペック上位】

RAV4のGRスポーツが登場した場合、ガソリン/ハイブリッド両方に4WDシステムが設定されると考えられます。

仮にトヨタから4WDシステム&ハイブリッド搭載スーパースポーツが登場した場合、ハイブリッド4WDシステムは新型E-FOURをさらに進化させたものとなり、GR-FOUR相当のスペックを持つでしょう。


【参照】RAV4搭載トヨタハイブリッド4WDシステム【スペック】

RAV4 HYBRID G/HYBRID X(E-Four)はJC08モードで25.0km/Lの燃費となっています。
HYBRID X(2WD)の燃費が25.2km/Lであることを考えると新型E-FOURの燃費が優れていることがわかるでしょう。

なお、4WDシステムを搭載した場合、50kgの重量増となります。
ヴィッツのガソリン車4WDシステムが+70kgとなることから、RAV4のハイブリッド4WDシステムは軽量といえます。

なお、RAV4の2.5Lエンジンとハイブリッドのシステム最高出力は222馬力となっています。

【参照】RAV4のガソリン/ハイブリッド4WDシステム【搭載グレード】

RAV4のガソリン車【Adventure/G“Z package】グレード

左右輪でトルク配分を自在に行い旋回性能向上・悪路走行性能向上以上の性能を持ちます。
2WD走行時には、より高い燃費を発揮する4WDシステム・ダイナミックトルクベクタリングAWDが搭載されています。

RAV4の【G/X】グレード

ダイナミックトルクコントロール4WDとなり、こちらは左右輪のトルク配分機能が簡略化されています。

RAV4の【ハイブリッド】グレード

4WDのみのグレードHYBRID GとHYBRID Xグレードの4WDで新型E-FOURが搭載されています。
2WDはXグレードで選択できます。

しかし、廉価版の4WDシステムなどは用意されていません。

E-Four Labo

トヨタ【GR-FOUR】&1.6L直3ターボエンジン“G16E-GTS”とは

画像引用元:https://www.carscoops.com/

Return Top