スズキ新型カプチーノもEVで実現するといいね。軽スポーツ4WDの復活ある?ない?

「カプチーノが2019年、21年ぶりに復活する」

という情報が出ていたのも遠い昔。

こういうのって雑誌の読者確保目的なんでしょうか。

目立った情報も動きもないまま終わりました。

東京モーターショーに出展されることもなく

2021年現在、情報は完全に途絶えています。

 

情報の出処は?

スズキは過去のモーターショーで

軽自動車ベースの小型オープン2シーターコンセプトを出展しました。

これが復活の話題となったのでしょう。

もし今後復活した場合

新型カプチーノはアルトワークスがベースになります。

また、スズキも電気自動車に力を入れていくため

今後、EVが主流の世の中になっていけば

カプチーノはより開発しやすくなり

EVで登場する可能性もありますね。

 




新型カプチーノの予想価格

ベースがアルトワークスであった場合

アルトワークス+30万円~40万円の価格設定になります。

アルトワークスはFF150万円、4WD162万円。

180~210万円と予想できます。

コペンGRよりは安価に抑えられますね。

 

新型カプチーノのエクステリア予想

ベースがアルトワークスであった場合

スズキは軽自動車で「レトロ」や「原点回帰」が流行ってました。

ベースモデルのアルトワークスは今度新型になります。

回顧デザインを取るか、EVを感じさせる未来感か

どちらを取っても素晴らしいモデルが誕生します。

 

予想ボディサイズ

ボディサイズは軽自動車の規格ギリギリ。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1200mm
  • 2460mm

全幅・ホイールスペースは

安定性のある広めのサイズ予想です。

この場合、全長・全幅はコペン・S660と同等です。

全高はコペンより低く、S660よりも高くなります。

 

新型カプチーノの内装予想

インテリアは遊び心を保ちつつ、走りを楽しめるような

パネルの配置になるでしょう。

前回のカプチーノは車内の狭さに難点がありました。

新型は内部を広くして収納スペースを確保することがポイントです。

 

新型カプチーノは4WD採用。車重700kgを実現

  • アルトプラットフォーム採用
  • 4WD技術搭載
  • 車重700kgを実現

スポーツ走行がより軽快になる積極的な軽量化を実施予定です。

コペン、S660より100kg以上軽くなり、運動性能に差がつきます。

 

新型カプチーノはアルトワークスのパワートレイン搭載

ベースがアルトワークスであった場合

エンジンは直列3気筒DOHC(R06A型)インタークーラーターボ。

  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 64㎰/6000rpm
  • 10.2kgm/3000rpm

トランスミッションには5MT/5AGSが採用されます。

新型カプチーノの予想燃費

燃費は22キロ予想です。

この数値はアルトワークス5MT/4WDのもの。

 

【スペック比較】カプチーノ・コペン・S660

車種
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 燃費
  • 価格
  • 駆動
  • 車重
新型カプチーノ
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1200mm
  • 64ps/6000rpm
  • 10.2/3000rpm
  • 22キロ
  • 180万円
  • FF/4WD
  • 700キロ
コペン
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1280mm
  • 64ps/6400rpm
  • 9.4/3200rpm
  • 22.2キロ
  • 182万円
  • FF
  • 850キロ
S660
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1180mm
  • 64ps/6000rpm
  • 10.6/2600rpm
  • 21.2キロ
  • 198万円
  • MR
  • 830キロ

ホンダS660生産終了情報はこちら。

コペンGR SPORT情報はこちら。




WEEKLY RANKING