Read Article

S660 マイナーチェンジ|ナビ装着用スペシャルパッケージ設定|2018年5月25日発売

ホンダはミッドシップオープン2シータ―
「S660」をマイナーチェンジして発売。

S660|マイナーチェンジ2018

  • ナビ装着用スペシャルパッケージ設定
  • ボディカラー新色3色追加
  • 価格:198万720円~218万5920円
  • Modulo X追加
  • 価格:285万120円
スポンサードリンク

ナビ装着用スペシャルパッケージ設定

ホンダアクセス製造「Gathersスカイサウンド
インターナビ」が装着可能となる

「ナビ装着用スペシャルパッケージ」を設定。

Gathersスカイサウンド インターナビ|ディーラーOP

  1. 専用7インチディスプレー採用
  2. 静電式タッチパネル
  3. スマートフォンのような操作感
  4. インターナビ対応:渋滞を高い精度で予測可能

 

基本となる「ナビ装着用スペシャルパッケージ」の内容は
以下のような設定です。

ナビ装着用スペシャルパッケージ内容

  1. リアカメラ
  2. 照明付オーディオリモートコントロールスイッチ
  3. センターコントロールスイッチ
  4. ハンズフリーマイク

 

 

ボディカラー|新3色追加

  1. フレンチブルーパール(α/Modulo X)NEW
  2. ブリティッシュグリーンパール(α)NEW
  3. ナイトホークブラック・パール(α/β)NEW

フレンチブルーパールブラック

  1. プレミアムスターホワイトパール(α/β/Modulo X)
  2. アドミラルグレーメタリック(α/β/Modulo X)
  3. カーニバルイエローII(α)
  4. フレームレッド(α)

 

 

Modulo X追加

Modulo X 2

  • S660の「α」ベース
  • アルミホイール・リアロアバンパー標準装備(通常オプション)
  • 専用装備サスペンション・空力パーツ設定

ユーザーの「意のままに操れる」操縦性。
軽自動車とは思えない「上質」さを追求したモデルです。

 

 

エクステリアも特別な装備でユーザーの気持ちをアゲます。

専用装備|エクステリア

  1. グリル一体型専用フロントバンパー
  2. 専用LEDフォグライト
  3. 専用カラードドアミラー(ブラック)
  4. ロールトップ(ボルドーレッド)
  5. 専用アクティブスポイラー(ガーニーフラップ付)
  6. リアロアバンパー
  7. 専用リアエンブレム

専用設計グリル一体型フロントバンパーが
フロントの空力性能を向上させ

正面から入る風を、あるべき位置に最適化する
エアガイドフィンを設定しています。

専用設計グリル一体型フロントバンパー

 

また、リアの空力性能を高めるため、
アクティブスポイラーにガーニーフラップを新装着。

ガーニーフラップ

理想のバランスを得て、操縦安定性を高めてくれます。

 

ボディカラー|4色設定
  • アラバスターシルバーメタリック専用色
  • プレミアムスターホワイトパール
  • アドミラルグレーメタリック
  • フレンチブルーパール

 

 

このボディを支える足元装備も充実しています。

専用装備|足まわり

asimawari

  1. 15インチアルミホイール(フロント/ステルスブラック塗装)
  2. 16インチアルミホイール(リア/ステルスブラック塗装)
  3. アルミホイール用ホイールナット(ブラック)
  4. 専用サスペンション(5段階減衰力調整機構付)
  5. ディスクロータードリルドタイプ
  6. スポーツブレーキパッド

街中~ワインディング⇒サーキットまで
場所を選ばずに楽しめる走行性能を発揮します。

 

 

インテリアも五感を活性させるデザインです。

専用装備|インテリア

インテリア

  1. 専用スポーツレザーシート
  2. ※本革×ラックス スェード/ボルドーレッド×ブラック/Modulo Xロゴ入り
  3. 専用本革巻ステアリングホイール(ボルドーレッド×ブラック)
  4. 専用Modulo Xロゴ入りメーター
  5. 専用Modulo Xロゴ入りアルミ製コンソールプレート
  6. シフトノブ(チタン製/6速MT)
  7. シフトブーツ(グレーステッチ/6速MT)
  8. 専用セレクトノブ(本革製/ボルドーレッド×ブラック/CVT)
  9. 専用サイドブレーキカバー(ボルドーレッド×ブラック)
  10. 専用インパネソフトパッド(ボルドーレッド)
  11. 専用フロアカーペットマット
  12. ※ボルドーレッド×ブラック/Modulo Xアルミ製エンブレム付

ブラック基調+ボルドーレッド採用で、
ユーザーが見て触れて感じる上質さを追求しています。

 

 

 

【2015年4月2日】新型S660|2015モデル

かつての軽スポーツオープンが、
未来型に進化を遂げて帰ってきます。

長い間、日本の新型クルマ市場から消えていた
ミッドシップですが、

S660はこれから先、スポーツカー人気に火をつけるでしょう。

 

S660|スペック

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1180mm
ホイールベース:2285mm
車重:830kg(CVT850kg)
エンジン:直3DOHCターボ
排気量:658cc
最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:10.6kgm/2600rpm
ミッション:6MT
燃費:21.2km/L(CVT24.2km/L)
価格:198万円~238万円

 

CR-Zの弟的存在

グレード展開がCR-Zと同じくαとβです。
ジャンルもスポーツだから兄弟のデビューという感じでしょうか。

αが上級グレードで6MT設定があります。
スポーツ車はマニュアルで操作感を味わうのが醍醐味ですね。

VTECが高回転まで吹け上がった時のエンジン音

シビれます。スポーツ車はそこが楽しみですね。

S660は軽自動車とは言え
ガチガチのスポーツ設計だし、

車重も軽くかなり軽快な
ドライビングが楽しめるでしょう。

 

また、オープンの仕組みはタルガトップ。

「海苔を巻くように丸めて取り外す」
という、少し面倒なアナログ設計。

ですが、それこそマニアックな
楽しみ方ができるS660です。

 

 

追伸情報

関連記事

「軽自動車」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

スポンサードリンク

Return Top