Read Article

ホンダS660 TYPE R新型モデル情報2021年以降発売?|予想価格250~300万円ワイドトレッド1.0L直3ターボ搭載

スポンサードリンク


ホンダのブランドとして強力なスポーツイメージリーダーとなっているのがシビックに設定されるタイプRです。

S660にタイプRが設定される可能性を指摘する情報がありました。

S660は、ホンダにおいてオープンのタイプRが登場していない経緯や、国内専用車である点などもタイプRへのハードルが高いです。

かつて噂のあったS1000との兼ね合いも難しいです。

大排気量化・大出力化をせずタイプR化できるのかなどのハードルが高いと言えるでしょう。

過去の経緯から”タイプRは開発中にリーク映像やスパイショット”が発見されています。

しかし、S660にはこの存在がひとつもないため、期待値を下げたほうが良いと思わせる要素が高いです。

スポイラーを装着したテストカーのスパイショットも出ていません。

そのため、最低でも2021年までは、タイプR登場の可能性は低いと言えるでしょう。

ホンダS660 TYPE R新型モデル情報2021

S660タイプRのエクステリア

S660タイプRはModuloXよりノーマルデザインに近づくでしょう。

  1. 前後スポイラー装備
  2. 全幅を広げるオーバーフェンダー装着
  3. 扁平タイヤ装着
  4. ヴォルテックスジェネレータ装着

上記により、空力性能の向上を目指すエクステリアの変更が行われます。

情報ではワイドトレッド化して、コーナリング性能を向上する期待がかかっています。

1.0L直3ターボを搭載し、軽自動車枠を超える仕様となります。

S660タイプRのボディカラー

タイプRは基本的にボディカラーが少なめになる傾向があります。

チャンピオンシップホワイト・レッド・ブルー・ブラック系カラー採用の可能性が高いです。

ついでシルバー・イエロー系が用意される可能性があります。

一方で、グリーン・パープル系は非常に可能性が低いと言えます。

S660タイプRのインテリア

シートはスポーツシートにして、インテリア全体をレッドで仕上げるでしょう。

S660タイプRのパワートレーン

予想では「軽自動車として搭載しているエンジンに刺激が少ない」と言われており、1.0L直3ターボを搭載します。

しかし、S660タイプRはエンジンの出力自主規制で、64psを大きく超えること自体が考えにくいです。

80psでもオーバーしてしまうため、シャシー性能や足回り強化にとどまると考えられます。

ただ、S660には過去に規制突破の可能性が噂されました。

それがS1000でタイプRとかぶる情報になります。

”1.0Lターボエンジン”と”発売”がかなり期待されていますね。

 

【2018年5月25日】S660 マイナーチェンジ|ナビ装着用スペシャルパッケージ設定

  1. ナビ装着用スペシャルパッケージ設定
  2. ボディカラー新色3色追加
  3. 価格:198万720円~218万5920円
  4. Modulo X追加
  5. 価格:285万120円

ナビ装着用スペシャルパッケージ設定

ホンダアクセス製造「Gathersスカイサウンドインターナビ」が装着可能となる「ナビ装着用スペシャルパッケージ」を設定。

Gathersスカイサウンド インターナビ|ディーラーOP
  1. 専用7インチディスプレー採用
  2. 静電式タッチパネル
  3. スマートフォンのような操作感
  4. インターナビ対応:渋滞を高い精度で予測可能

基本となる「ナビ装着用スペシャルパッケージ」の内容は以下のような設定です。

ナビ装着用スペシャルパッケージ内容
  1. リアカメラ
  2. 照明付オーディオリモートコントロールスイッチ
  3. センターコントロールスイッチ
  4. ハンズフリーマイク

ボディカラー|新3色追加

  1. フレンチブルーパール(α/Modulo X)NEW
  2. ブリティッシュグリーンパール(α)NEW
  3. ナイトホークブラック・パール(α/β)NEW

S660S660

  1. プレミアムスターホワイトパール(α/β/Modulo X)
  2. アドミラルグレーメタリック(α/β/Modulo X)
  3. カーニバルイエローII(α)
  4. フレームレッド(α)

Modulo X追加

S660Modulo X 2

  1. S660の「α」ベース
  2. アルミホイール・リアロアバンパー標準装備(通常オプション)
  3. 専用装備サスペンション・空力パーツ設定

ユーザーの「意のままに操れる」操縦性。軽自動車とは思えない「上質」さを追求したモデルです。

エクステリアも特別な装備でユーザーの気持ちをアゲます。

専用装備|エクステリア

  1. グリル一体型専用フロントバンパー
  2. 専用LEDフォグライト
  3. 専用カラードドアミラー(ブラック)
  4. ロールトップ(ボルドーレッド)
  5. 専用アクティブスポイラー(ガーニーフラップ付)
  6. リアロアバンパー
  7. 専用リアエンブレム

専用設計グリル一体型フロントバンパーがフロントの空力性能を向上。

正面から入る風を、あるべき位置に最適化するエアガイドフィンを設定しています。

S660

また、リアの空力性能を高めるため、アクティブスポイラーにガーニーフラップを新装着。

S660

理想のバランスを得て、操縦安定性を高めてくれます。

このボディを支える足元装備も充実しています。

専用装備|足まわり

S660

  1. 15インチアルミホイール(フロント/ステルスブラック塗装)
  2. 16インチアルミホイール(リア/ステルスブラック塗装)
  3. アルミホイール用ホイールナット(ブラック)
  4. 専用サスペンション(5段階減衰力調整機構付)
  5. ディスクロータードリルドタイプ
  6. スポーツブレーキパッド

街中~ワインディング⇒サーキットまで場所を選ばずに楽しめる走行性能を発揮します。

インテリアも五感を活性させるデザインです。

専用装備|インテリア

S660

  1. 専用スポーツレザーシート
  2. ※本革×ラックス スェード/ボルドーレッド×ブラック/Modulo Xロゴ入り
  3. 専用本革巻ステアリングホイール(ボルドーレッド×ブラック)
  4. 専用Modulo Xロゴ入りメーター
  5. 専用Modulo Xロゴ入りアルミ製コンソールプレート
  6. シフトノブ(チタン製/6速MT)
  7. シフトブーツ(グレーステッチ/6速MT)
  8. 専用セレクトノブ(本革製/ボルドーレッド×ブラック/CVT)
  9. 専用サイドブレーキカバー(ボルドーレッド×ブラック)
  10. 専用インパネソフトパッド(ボルドーレッド)
  11. 専用フロアカーペットマット
  12. ※ボルドーレッド×ブラック/Modulo Xアルミ製エンブレム付

ブラック基調+ボルドーレッド採用で、ユーザーが見て触れて感じる上質さを追求しています。

 

【2015年4月2日】新型S660|2015モデル

かつての軽スポーツオープンが未来型に進化を遂げて帰ってきます。

長い間、日本の新型クルマ市場から消えていたミッドシップ

S660はこれから先、スポーツカー人気に火をつけるでしょう。

S660
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 燃費
  • 価格
スペック
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1180mm
  • 2285mm
  • 830-850kg
  • 0.66L直3ターボ
  • 64ps/6000rpm
  • 10.6kgm
  • 6MT
  • 21.2-24.2km/L
  • 198-238万円

CR-Zの弟的存在

グレード展開がCR-Zと同じくαとβです。ジャンルもスポーツだから兄弟のデビューという感じでしょうか。

αが上級グレードで6MT設定があります。スポーツ車はマニュアルで操作感を味わうのが醍醐味ですね。

VTECが高回転まで吹け上がった時のエンジン音

シビれます。スポーツ車はそこが楽しみですね。

S660は軽自動車とは言え、ガチガチのスポーツ設計。

車重も軽くかなり軽快なドライビングが楽しめるでしょう。

また、オープンの仕組みはタルガトップ。

「海苔を巻くように丸めて取り外す」という少し面倒なアナログ設計です。

しかし、それこそマニアックな楽しみ方ができるS660です。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top