新車発売情報Labo

Read Article

カローラクロスが海外デザインながらイイ感じ♪日本導入は未定だが導入国は拡大とのこと

2020年7月9日に世界初公開・タイで販売開始されたカローラクロス。デザインはアジア発の雰囲気をまといながらもイイ感じですね。

カローラと名が付きながらも、C-HRやRAV4系デザインです。

ジャンルはコンパクトSUVに入るようで、今度発売のヤリスクロスより全長は短くて、C-HRよりも大きいです。

なによりカローラシリーズのツーリングと全長が近くて少し短いため、カローラツーリングのクロスオーバー版と捉えています。

日本導入はいまのところ情報はなく、販売国は拡大していくということです。



価格(タイ)

ガソリン
326万円

ハイブリッド
346万~408万円

カローラツーリング&ヤリスクロスとサイズ比べてみる

カローラクロス1n

小さい順に並べてみました。

サイズ比較
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
ヤリスクロス
  • 4170mm
  • 1765mm
  • 1555mm
  • 2560mm
カローラクロス
  • 4460mm
  • 1825mm
  • 1620mm
  • 2640mm
カローラツーリング
  • 4495mm
  • 1745mm
  • 1460mm
  • 2640mm

ここにはないC-HRの全長が4385mmなので、C-HRより少し大きいボディサイズとなります。上記、比較ではヤリスクロスより大きく、カローラツーリングより小さいという結果ですね。

ヤリスクロス&RAV4&C-HR&ライズとデザイン並べしてみる

カローラクロス33ヤリスクロス2

ヤリスクロスはサイズ感とフォルムが近いデザインですね。

RAV4-13

RAV4はグリル周りの特徴が似ています。

C-HR GR Sport5

C-HRは長くボンネットまで食い込むヘッドランプ形状のみ似ています。

ライズ

ライズに似ていると思いましたが、RAV4のほうが近いデザインですね。

内装はカローラツーリングと同一デザイン

カローラクロス5

上記がカローラクロスの内装で、下記がカローラツーリングの内装です。

カローラ フィールダー3

大きなディスプレイからセンターコンソールにかけて、ほぼ同一ですね。

そして、2列シート5名乗車ということなので、先ほどデザインを比較したSUVシリーズと同じ仕様となります。

カローラクロスの内装は特徴として、大きなラゲッジスペースとされており、487Lもあります。この後部空間は他のSUVでトップ。他モデルはほぼ300L台後半となっています。

パワートレインは1.8Lガソリン&同ハイブリッド

パワートレイン
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • モータートルク
  • システム出力
1.8Lハイブリッド
  • 2ZR-FXE
  • 98ps/5200rpm
  • 14.5kgm/3600rpm
  • 72ps
  • 16.6kgfm
  • 122ps
1.8Lガソリン
  • 2ZR-FBE
  • 140ps/6000rpm
  • 18.05kgm/4000rpm

 

トランスミッションにはCVTで、駆動は2WD仕様ようですね。

排気量を他のトヨタSUVと比べると、

  • カローラツーリング:1.8Lハイブリッド&ガソリン&1.2Lターボ
  • ヤリスクロス:1.5L(直3)ハイブリッド&ガソリン
  • ライズ:1.0L
  • RAV4:2.5Lハイブリッド&ガソリン
  • C-HR:1.8Lハイブリッド&1.2Lターボ

なので、カローラツーリングと共通する部分が多いですね。

カローラクロスLabo





画像引用元:https://www.carscoops.com/

Return Top