新型カローラクロス2021年9月14日発売|カローラツーリングとほぼ全長同じ

新型カローラクロスのグレードや価格、サイズや内外装を教えて。

新型カローラクロスは2021年9月14日発売。

サイズやデザイン性

カローラと名が付きながらもC-HRやRAV4系デザインで

ジャンルはコンパクトSUVに入ります。

ヤリスクロスより全長は短く、C-HRよりも大きいサイズ感。

カローラツーリングとほぼ全長が同じ

少し短いボディサイズです。

 

C-HRと同クラスでありながらC-HRは若者向けデザイン。

新型カローラクロスは幅広い層向け

居住性や広いラゲッジで実用的に仕上げています。

カローラクロス
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • 最低地上高
  • ホイールベース
  • 出力特性
  • エンジン
  • トランスミッション
  • 駆動
  • 4WD設定
主な特徴
  • 4490mm
  • 1825mm
  • 1620mm
  • 160mm
  • 2640mm
  • GA-C
  • 1.8L HV/G
  • CVT
  • 2WD/E-Four
  • ハイブリッドのみ

価格

ガソリン車

1.8Lガソリン
  • G
  • S
  • Z
価格
  • 2,240,000円
  • 2,400,000円
  • 2,640,000円

価格がウリのG”X”とGグレードの装備差は安全装備

  • パーキングサポートブレーキ(前後方静止物・後方接近車両)
  • ブラインドスポットモニター

があるかないかです。運転に余裕のある人には必要ない装備になりますね。

ハイブリッド車

1.8Lハイブリッド
  • G
  • S
  • Z
  • G(E-Four)
  • S(E-Four)
  • Z(E-Four)
価格
  • 2,590,000円
  • 2,750,000円
  • 2,990,000円
  • 2,799,000円
  • 2,959,000円
  • 3,199,000円

新型カローラクロスの外観デザイン

上級ZグレードのLEDランプは

上下を分かつLEDデイタイムランニングライトが目を惹きますね。

その上部には4眼シーケンシャルターンライトが配置されています。

Zグレード以外はLED以外、通常のライト設計です。

クリアな印象に仕上げられています。

 

水平基調のサイドライン

なかなか筋肉質。

細マッチョな感じがスタイリッシュですね。

 

尻高でないどっしりとしたリア

カローラとは感じない風格がありますね。

たぶん車を知らない人は初見でカローラとは

わからないでしょう。

ボディカラー8色

  • プラチナホワイトパール
  • セメントグレー
  • シルバー
  • アティチュードブラック
  • スパークリングブラック
  • センシュアルレッド
  • アバンギャルドブロンズ
  • ダークブルー

 

カローラツーリング&ヤリスクロスとサイズ比較

小さい順に並べてみました。

サイズ比較
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
ヤリスクロス
  • 4180mm
  • 1765mm
  • 1590mm
  • 2560mm
カローラクロス
  • 4460mm
  • 1825mm
  • 1620mm
  • 2640mm
カローラツーリング
  • 4495mm
  • 1745mm
  • 1460mm
  • 2640mm

ここにはないC-HRの全長が4385mmなので

新型カローラクロスはC-HRより

少し大きいボディサイズとなります。

結論、ヤリスクロスより大きく

カローラツーリングより小さいという結果になります。

 

ヤリスクロス&RAV4&C-HR&ライズとデザイン比較

最低地上高が180mmでオフロード派のカローラクロス。

ヤリスクロスとデザイン比較

サイズ感とフォルムが近いデザインです。

RAV4とデザイン比較

フロント周りが似ながらも

まだ若々しい男が乗る雰囲気が漂っています。

C-HRとデザイン比較

クラスが同じということでヘッドランプ形状が近いです。

筋肉質なフォルムが印象的ですよね。

カローラクロスの登場によりC-HR廃止?2021年秋に注目

ライズとデザイン比較

外観はどことなく近い印象がありながらも

やはりこちらも若々しい印象になります。

 

内装は2列シート5人乗りラゲッジ487L

2列シート5人乗り

後席のドア開口部はクラストップレベルの高さがあり

乗り降りのしやすさが特徴的です。

後席リクライニングは2段階後ろへ倒せるので

窮屈さが解消されます。

内装の特徴は大きな荷室

大きなラゲッジスペースで487Lもあります。

ハンズフリーパワーバックドアもオプション設定します。

後部空間はトヨタSUVでトップ。

他モデルはほぼ300L台後半です。

メーター

アナログでも十分魅力を感じられるデザインです。

大型ディスプレイとセンターコンソールが特徴的。

 

新型カローラクロスのパワートレイン

パワートレイン
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • モータートルク
  • システム出力
1.8Lハイブリッド
  • 2ZR-FXE
  • 98ps/5200rpm
  • 14.5kgm/3600rpm
  • F72/R7.2ps
  • F16.6/R5.6kgm
  • 122ps
1.8Lガソリン
  • 2ZR-FAE
  • 140ps/6200rpm
  • 17.3kgm/3900rpm

パワートレインは1.8Lハイブリッドと1.8Lガソリンの2本立て。

トランスミッションはCVT。

駆動はガソリン車に2WD。

ハイブリッドは2WDと4WD(E-Four)が用意されます。

パワートレインを他のトヨタSUV比較

  • カローラツーリング:1.8Lハイブリッド&ガソリン&1.2Lターボ
  • C-HR:1.8Lハイブリッド&1.2Lターボ
  • ヤリスクロス:1.5L(直3)ハイブリッド&ガソリン
  • ライズ:1.0L
  • RAV4:2.5Lハイブリッド&ガソリン

カローラツーリング・C-HRと共通点が多くなります。

ヤリスクロス情報はこちら。