レクサスGX 2024 日本登場|2.4ターボハイブリッド&3.5L V6ツインターボ搭載

2024年秋登場予想

新型GXは新GA-Fプラットフォームの採用により基本性能が刷新され、世界中の厳しい環境下で鍛え上げられた悪路走破性に進化。

素性を徹底的に磨き上げ、LEXUSらしい走り“Lexus Driving Signature”を実現しています。

オフロード走行時の機能に根差したプロポーションと過酷な環境でも快適性を提供するインテリア。

そして、飽くなき冒険心をさらにかき立てる“OVERTRAIL”仕様も追加されます。

新プラットフォーム「GA-F」採用

オフロード性能の大きな要因のひとつとなる新プラットフォーム「GA-F」採用により、本格オフローダーとしての高い耐久性と信頼性を確保。

優れた車両安定性を実現するとともに、ボディ剛性を高めることで、レクサスの特徴である走りをサポートします。

世界中の厳しい環境下での厳しいテストを通じてオフロード性能を向上させ、目的に最適なパッケージを備えた本格オフローダーです。

新型GXのスペック

全長4950mm
全幅1980mm
全高1865mm
ホイールベース2850mm
パワートレイン①3.5L V6ツインターボ
パワートレイン②2.4L直4ターボハイブリッド
ホイールサイズ18/20/22インチ

3.5L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載

クラストップレベルの牽引性能を実現する高出力・高トルクを発揮するパワフルなエンジン。

また、レクサス初となる2.4Lターボハイブリッド仕様を導入し、低燃費とパワフルなパフォーマンスを両立。

サスペンションのジオメトリーを最適化

GXは、オフロード性能を向上させるため、GXは伝統的なリアリジッドサスペンションシステムとホイールアーティキュレーションを採用し、路面追従性を高めています。

さらに、電動パワーステアリング(EPS)を採用することで、路面からの不要なフィードバックを低減し、ドライバーの運転への集中力を高めます。

オンロードでの快適なドライビングを実現するため、レクサスはボディ剛性の向上とEPSの採用に注力し、手応えのある俊敏なステアリングを実現しました。

また、クラストップレベルの静粛性と上質な乗り心地を実現し、長距離移動時の疲労を最小限に抑えます。

GXの内外装デザインはオフロード性能と調和

エクステリアはモダンでタフなプロポーションを、インテリアはデジタル環境をイメージし、森の中の閑静な別荘を思わせる快適な空間を提供。

OVERTRAIL PROJECTを体現した“OVERTRAIL”仕様

OVERTRAIL PROJECTは、レクサスのカーボンニュートラル社会へのコミットメントを具現化するとともに、アウトドア体験をより豊かにするクルマをお客様に提供するもの。

OVERTRAIL仕様は、専用エクステリアデザインになります。

冒険的なカラーオプション、専用オールテレーンタイヤなどにより、オフロード性能をさらに高めています。

また、レクサス初のE-KDSS(電子制御キネティックダイナミックサスペンションシステム)を採用し、オフロードとオンロードの走破性を両立させています。

「マルチテレインセレクト」や「クロールコントロール」などの先進ブレーキ制御技術や「マルチテレインモニター」が、さまざまな環境下での運転をサポート。

また、長時間の移動でも乗員の疲労を軽減する専用シートも採用しています。

先進安全技術

ドライバーの負担を軽減する最新のレクサスセーフティシステム+の先進安全技術を採用します。

このように、新型レクサスGXは、卓越したオフロード性能と、洗練されたオンロードでのドライビングの楽しさを両立させた総合的なパッケージとなっており、多用途で信頼性の高いプレミアムオフローダーへ。

関連記事

ランドクルーザー250(ランクル250)2024|2.7L&2.8L搭載&3種のマスク