新車発売情報

Read Article

ホンダN-ONE新型モデルチェンジ情報2020年夏発売予想|N-WGN登場後も継続販売予定

スポンサードリンク


ホンダの軽乗用車N-ONEは、新型N-WGNにモデルチェンジ時期を越されモデル存続が危ぶまれています。しかし、雑誌情報によれば、2020年夏にフルモデルチェンジを行うという話です。

デザイン的に一定の支持を受けていることや、スズキラパンやミラトコット同様にジャンルが確立していることも、存続の可能性に追い風を与えます。

また、電気自動車のホンダeや2017年のモーターショーのHonda Sports EV Conceptは、N-ONEのデザインライン系統の車となります。

ホンダ新型N-ONEモデルチェンジ情報2020

ホンダ新型N-ONEのエクステリア

新型N-ONEが登場する場合、デザインはキープコンセプトとなる線が濃厚で、少なくとも丸目二灯のヘッドランプ構成は残されるでしょう。

また、LEDヘッドランプの採用の可能性も高く、現行モデルのプロジェクターヘッドランプの代わりとなるかもしれません。

現行モデルはローダウンとノーマルのスタイルで構成されています。

しかし、次世代型は立体駐車場に入るというメリットを重視しローダウン一本になることも考えられます。S660を除くと、現時点でホンダの立体駐車場に入る軽自動車は、N-ONEローダウンのみとなります。

なお、立ち位置・コスト的な問題からデジタルドアミラーの採用の可能性は低いでしょう。

ホンダ新型N-ONEのボディカラー

N-ONEは非常に多彩なボディカラーが特徴です。しかし、この傾向は次世代型にも継承されるでしょう。2トーンカラーの設定も確実と見られます。

ただ、グリルのブラック部のブラウン仕様やシルバー仕様は登場時には設定されないことも考えられます。

ホンダ新型N-ONEのインテリア

現行同様インパネシフト・フロントベンチシートの構成は変わらないと考えられます。シート生地やカラーのリニューアルはほぼ確実と思われます。

しかし、リアシートのセンターアームレストの装備の可能性はやや低いでしょう。

マルチインフォメーションディスプレイの大型化の可能性は高いです。

しかし、ヘッドアップディスプレイの装備の可能性はあまり高くなく、次期フィット次第という面もあります。

シート格納機能に関しても現行モデルとほぼ同等と考えられます。

ホンダ新型N-ONEのパワートレーン

現時点ではN-BOXのエンジンをそのまま採用する可能性が高く、燃費はNA、JC08モードで30.0km/Lあたりが限度となるでしょう。

4WDや64馬力ターボも継続採用され、6速マニュアルの可能性は低いと見ていいでしょう。

また、現行ホンダ車はモデルチェンジでアジャイルハンドリングアシストという旋回支援システムが搭載されます。これは新型N-ONEにも採用されるでしょう。

N-ONEの立ち位置、N-WGNのモデルチェンジ内容から考えて、ハイブリッドシステムや新エンジン搭載の可能性はほぼ0と言えます。

新システムが搭載される場合は、近い時期にN-BOXにも同等のシステムが採用されると考えて良いでしょう。

新型N-ONEのプラットフォームは、現行N-BOXをベースにするものと考えられます。

ホンダ新型N-ONEの安全装備

新型N-ONEには、Honda SENSINGの搭載が確実と言えます。新型N-WGNまたは新型Nフィットと同等のものとなります。

ただ、Honda SENSINGは車種によってやや性能が異なります。レジェンドに搭載されるトラフィックジャムアシストは採用されないでしょう。

なお、エアバッグの構成は現行モデルと同等となり、ボンネットが持ち上がる安全装備ポップアップフードシステムは、採用されないでしょう。もともとボンネットが高めなこともあるためです。

ホンダ新型N-ONEのグレード・予想価格

新型N-ONEのグレード構成は、”ツアラー”・”プレミアム”・”RS”の設定は残され、RSはよりスポイラーを強化したものとなるかもしれません。

ただ、”セレクト”は前述のとおり、やや継続は微妙です。価格的は、Honda SENSINGの設定などもあり、数万円程度値上げになるでしょう。

追伸情報

関連記事

★N-ONEをご検討中の方も、2019年はクラス上の”フリード”がマイナーチェンジを迎え、1.0Lターボを搭載する予定です。税金や燃費のことを考えると軽自動車なのですが、居住空間では幅・高さでミニバンとなります。今回フリードには、小排気量でパワーがあり、燃費性能も良い1.0Lターボ車が設定されます。

画像引用元:https://www.honda.co.jp

Return Top