新車発売情報Labo

Read Article

N-ONE新型モデル情報2020年11月発売|次世代プラットフォーム採用MT設定

ホンダの軽乗用車N-ONEは2020年11月の新型登場予定。グレード構成はオリジナル・プレミアム・RS設定し、セレクトが廃止されています。RSはDOHCターボエンジンと6速マニュアルトランスミッションを装備します。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1610mm
  • 2520mm
  • 850kg
  • 0.66L直3
  • 58ps/7300rpm
  • 6.6kgm
  • CVT/6速MT


新型N-ONEはキープコンセプトで装備充実

【オリジナル】主要装備

N-ONE9

  • Honda SENSING
  • フルLEDヘッドライト
  • 電子制御パーキングブレーキ
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ
  • プラズマクラスター技術搭載
  • フルオート・エアコンディショナー

【プレミアム】主要装備|オリジナル+

N-ONE20

  • 本革巻ステアリングホイール
  • LEDフォグライト
  • Premium専用エクステリア
  • 14インチアルミホイール(Premium)
  • 15インチアルミホイール(Premium Tourer)

【RS】主要装備|プレミアム+

N-ONE24

  • RS専用本革巻ステアリングホイール
  • LEDフォグライト
  • RS専用エクステリア
  • 本革巻セレクトレバー|CVT車
  • 本革巻MTシフトノブ|6MT車
  • 15インチアルミホイール

ボディカラー グレード限定色

オリジナル

  1. フレームレッド
  2. プラチナホワイトパール
  3. サーフブルー
  4. プレミアムアイボリーパール
  5. ルナシルバーメタリック
  6. クリスタルブラックパール
  7. 同レッド&ホワイトルーフ2トーン
  8. 同ホワイト&ブラックルーフ2トーン
  9. 同サーフブルー&ホワイトルーフ2トーン
  10. 同アイボリー&ホワイトルーフ2トーン

プレミアム

  1. プラチナホワイトパール
  2. ミッドナイトブルービームメタリック
  3. ブリティッシュグリーンパール
  4. プレミアムアイボリーパール
  5. シャイニンググレーメタリック
  6. クリスタルブラックパール
  7. プラチナホワイトパール&ブラックルーフ2トーン
  8. 同ブルー&シルバールーフ2トーン
  9. 同グリーン&シルバールーフ2トーン
  10. 同アイボリー&ブラックルーフ2トーン

RS

  1. クリスタルブラックパール
  2. 同ホワイト&ブラックルーフ2トーン
  3. 同グリーン&ホワイトルーフ2トーン
  4. プレミアムイエローパール&ブラックルーフ2トーン
  5. サンセットオレンジ&ブラックルーフ2トーン


内装は現行同様インパネシフト・フロントベンチシート構成

N-ONE41

シート生地やカラーのリニューアルは確実と思われます。ただ、リアシートのセンターアームレストの装備の可能性はやや低い可能性があります。

マルチインフォメーションディスプレイの大型化の可能性は高いです。

しかし、ヘッドアップディスプレイの装備の可能性はあまり高くなく、次期フィット次第という面もあります。シート格納機能に関しても現行モデルとほぼ同等と考えられます。

また、乗り心地の質感を向上する意味で、遮音性を高める仕様が期待されています。つまりは、内装の充実していたN-BOXスラッシュの良いところを吸収してしまえばいいのにってことです。

そのN-BOXスラッシュも、実はフルモデルチェンジが期待されているモデルとなっています。2020年2月に生産終了を迎えています。ただ新型は、この情勢下、可能性は低いのかもしれませんね。

N-BOXのエンジンをそのまま採用?

N-ONE37

N-BOX
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
NA
  • S07B直3
  • 58ps/7300rpm
  • 6.6kgm/4800rpm
  • CVT/6速MT
ターボ
  • S07B直3ターボ
  • 64ps/6000rpm
  • 10.6kgm/2600rpm
  • CVT

燃費はNAでJC08モードで30.0km/Lあたりが限度となるでしょう。4WDも継続採用されます。

トランスミッション

トランスミッションはRSスポーツグレードにのみ6速MTを採用します。ほかはCVT採用です。

また、現行ホンダ車はモデルチェンジでアジャイルハンドリングアシストという旋回支援システムが搭載されます。これは期待値ですがN-ONEにも採用されるかもしれません。

N-ONEの立ち位置、N-WGNのモデルチェンジ内容から考えて、ハイブリッドシステムや新エンジン搭載の可能性はほぼ0と言えます。

新システムが搭載される場合は、近い時期にN-BOXにも同等のシステムが採用されると考えて良いでしょう。N-ONEの次世代プラットフォームは、現行N-BOXをベースにするものと考えられます。

新型N-ONEにHonda SENSING初搭載

ホンダセンシング

  1. 衝突軽減ブレーキ
  2. 誤発進抑制機能
  3. 歩行者事故軽減ステアリング
  4. 先行車発進お知らせ機能
  5. 標識認識機能
  6. 路外逸脱抑制機能
  7. 渋滞追従機能付きアクティブクルーズコントロール
  8. 車線維持支援システム
  9. 後方誤発進抑制機能
  10. オートハイビーム

現行N-BOXと同等の機能を装備します。

N-ONE Labo


新型N-ONEのデザインラインは電気自動車Honda e・Honda Sports EV Concept。また東京オートサロン2020にプロトタイプと言われるN-ONE CAFE RACER CONCEPT(カフェレーサーコンセプト)が出展されました。

その外観は現行を大きく踏襲しており、細かなパーツ類に違いがあるだけとなっています。

丸目2灯のヘッドランプ構成は残されるでしょう。また、LEDヘッドランプの採用の可能性も高く、現行モデルのプロジェクターヘッドランプの代わりとなるかもしれません。

現行モデルはローダウンとノーマルのスタイルで構成されています。しかし、次世代型は立体駐車場に入るというメリットを重視しローダウン一本になることも考えられます。

S660を除くと、現時点でホンダの立体駐車場に入る軽自動車はN-ONEローダウンのみとなります。なお、立ち位置・コスト的な問題からデジタルドアミラーの採用の可能性は低いでしょう。

Return Top