新型エスクード2022年4月に期待|48Vマイルドハイブリッド&1.0Lターボ搭載

新型エスクードはいつ登場?2022年?
48Vマイルドハイブリッド採用で日本発売は本当?

エスクードの現行型は国内販売終了していたんですね。

じゃあそろそろ新型も近い感じがします。

 

新型エスクードも1.4Lターボを搭載

システムには48Vマイルドハイブリッドが組み合わされます。

ほか、1.0Lターボ搭載も期待されてますよ。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • パワートレイン
  • 出力/トルク
  • モーター出力
  • トランスミッション
  • 4200mm
  • 1780mm
  • 1620mm
  • 2500mm
  • 1220kg
  • 1.4Lターボ+モーター
  • 125ps/22.0kgm
  • 13㎰
  • 6AT

予想価格

0

0

新型エスクードのエクステリア予想

スズキではジムニーが原点回帰のデザインで

ヒットを飛ばしています。

新型エスクードは世界展開モデルなので

どうかな?

  • 英国紳士な現行の延長で行くのか?
  • それとも原点回帰か原点回避か?

上記画像のようにクーペスタイルで

超未来感を出してほしいですけどね。

 

【考察】パーツデザイン

スズキデザインの傾向として

モチーフに初代モデルを盛り込むことも考えられます。

丸ライト2灯デザインには

ジムニー・ハスラー・クロスビーが存在するため

採用する可能性は低いかもしれません。

 

ハイビーム・ロービーム両方がLEDになり

リフレクター式を採用する可能性も。

また、LEDアクセサリーランプ採用も期待されますね。

 

ボディカラー予想

ハイブリッドのイメージとして

2トーンは継続されるでしょうね。

現行エスクードは全6色、2トーンカラーが3色です。

 

新型エスクードの内装予想

インテリアの広さは現行に対して

若干広くなる変化があると予想されます。

7人乗り仕様はないとしても

クーペスタイルで狭くなるように見えて

内装は居住性が上がる仕様になるかもしれないですね。

 

インパネ周辺に変化は?

大きく変化すると予想され

  • コネクトサービス対応大型ディスプレイ採用
  • 電子制御パーキングブレーキ
  • ヘッドアップディスプレイ

といった装備で進化するでしょう。

 

新型エスクードのパワートレイン予想

新型エスクードは1.4Lターボエンジン継続

マイルドハイブリッドを組み合わせる予想です。

パワートレインにはスイフト搭載の

48Vマイルドハイブリッドシステムが採用されるでしょう。

ほか1.0Lターボ搭載の期待も出ています。

新型エスクードの予想燃費

  • 電動化で16.0km/L

4WDシステム

LSD効果のあるALL GRIPを継続

性能はアップデートされ、さらなる悪路走破性を高めます。

 

新型エスクードの先進安全装備

衝突被害軽減ブレーキに追加装備

誤発進抑制機能に追加して

  • 標識認識機能
  • 検知性能向上
  • アダプティブクルーズコントロール更新

などの機能設定が行われると予想されます。

エスクードの一部改良情報はこちら。