Read Article

Toyotaプリウス マイナーチェンジ|全車Toyota Safety Sense|2018年12月17日発売

トヨタは、プリウスのマイナーチェンジを実施し、2018年12月17日に発売予定。

シリーズとなるプリウスαのフルモデルチェンジと同時期に
マイナーチェンジが行われる予定です。

プリウス|マイナーチェンジ概要

  • フロント・リアのデザイン変更
  • 3連LEDヘッドライトに形状変更
  • LEDシーケンシャルターンランプ装備
  • テールランプデザイン変更
  • ボディカラー:新色追加
  • インテリアカラー:クールグレーorブラックに新色追加
  • Toyota Safety Sense全車標準装備
  • リチウムイオンバッテリーに一本化
  • 価格の見直し

 

スポンサードリンク

 

フロント・リアデザイン変更

PRIUS

  • 「涙目」形状を廃止
  • ターンシグナルをバンパーへ独立

させるデザインに変更します。

ヘッドライトには、プリウスPHVのような3連LEDヘッドライトが採用され、

Prius PHV2

プリウスPHVのヘッドランプに近いけれど、しっかり「差別化」されたフロントマスクになります。

 

ターンランプが独立すると同時に、「あの、ターンランプ」を採用します。

LEDシーケンシャルターンランプ装備

C-HRに初採用し、アルファード・ヴェルファイアにも採用した「流れるウィンカー」でおなじみの
LEDシーケンシャルターンランプが装備されます。

 

また、フロント周辺の変更と同時に「リアデザイン」も変更されます。

テールランプデザイン変更

PRIUS2

まるでミニバンのように上下に間延びさせたテールランプの

  • 下に伸びる部分を廃止
  • バンパーにはランプを残さずサブウィンドウ下部へ流れ込ませる形状
  • LEDシーケンシャルターンランプに対応

へと変更され、リアもプリウスPHV寄りのデザインになります。

PRIUS PHV

 

 

以上のように前後の印象を大きく変える新生プリウスには
新しいボディカラーも与えられそうです。

ボディカラーに新色を追加

現行「全9色」のボディカラーを見直し、「新色」を追加します。

 

 

続いて内装は、シックだけど「暗い色ばかり」だったシート地に
「新しい色」を採り入れて新鮮さを持たせる仕様に変更されそうです。

インテリアの変更点

内装色の「クールグレー」or「ブラック」の選択肢に加え「新色」を追加する予定です。

 

 

2018年に発売される全トヨタモデルには、「次世代版安全装備」が搭載されます。

「Toyota Safety Sense」全車標準搭載

現行のToyota Safety Sense Pは、第2世代システム「Toyota Safety Sense」へ置き換えられます。

「晴れの日・夜間」「歩行者・自転車」などを検知する調整がされ、より安全性を向上します。

 

 

次にパワートレーン関係です。

ハイブリッドシステム

効率のいいリチウムイオンバッテリーのみに変更し、燃費向上を図ります。

 

 

以上のような充実の改良を実施するので「価格」も改訂されるようです。

価格

(現在調査中)

  • Sグレード設定の特別仕様車を廃止

 

以上です。

 

 

スポンサードリンク

 

【2017年11月】プリウス|一部改良

  • ヘッドアップディスプレイ:オートクルーズ表示追加
  • コンソールボックス:ブラックに変更(現在まぶしいほどのホワイト)
  • ワイパー(フロント)改良
  • オプション追加:11.5インチナビ
  • プリウス発売20周年を記念する特別仕様車・ツートン仕様を追加

 

 

【2015年12月9日】4代目プリウス|デビュー

4代目プリウス1

  • TNGA(Toyota New Global Architecture)新開発プラットフォーム初採用
  • 30系プリウスより広い室内空間/ノーズが70mm低い低重心ボディに
  • トヨタマークの位置は86と同じぐらいの高さ
  • 現行よりも空気抵抗を無くした「究極の空力フォルム」

 

エクステリア改良

ボディサイズ

全長:4540mm
全幅:1760mm
全高:1470mm
ホイールベース:2700mm

 

ライト全てにLED採用

  • LEDフォロントフォグランプ
  • LEDサイドターンライト
  • LEDハイマウントストップランプ
  • LEDライセンスプレートランプ

ヘッドライトユニットは1眼でハイビームとロービームを使い分ける
Bi-Beam LEDヘッドライトを採用。

 

パワートレーンも大幅に効率向上。

エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上

パワートレーンシステム全体(エンジン・トランスミッション)で
燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上。

ハイブリッドシステム

  • 駆動ユニットの配置見直し
  • モーター・インバーター・電池の小型化
  • 高効率化を図る

ことで、先代より燃費の15%以上向上しています。

 

エンジン

最大熱効率40%を実現した改良型直列4気筒DOHC 1.8L エンジン「2ZR-FXE」搭載。
エンジン+ハイブリッドシステム全体で「約20%の低損失化」を達成しました。

 

この恩恵は燃費へと還元されます。

最高「40.8キロ」の低燃費を達成

  • Eグレード:JC08モード走行燃費40.8キロ
  • 2WD:JC08モード37.2キロ
  • E-Four(電気式4輪駆動方式):JC08モード34キロの低燃費を実現

 

 

そして、安全装備には「P」が採用されました。

安全技術Toyota Safety Sense P搭載

2018年からは「C」「P」を統合して「Toyota Safety Sense」となります。

 

 

追伸情報

関連記事

「セダン」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top