マツダ6一部改良2022年12月中旬|特別仕様車・登場30周年記念モデル設定

わかったのは特別仕様車に特別設定色ワインレッドを設定するとの情報。




マツダのソウルレッドクリスタルメタリック以外の「レッド」?

どんなだろう?

最新モデルのCX-60CX-60 PHEVにも、新種のMX-30にも設定されてないワインレッドとは?

過去の市販モデルでも、そんな色見たことない気がするけれど。

以下のロードスターのこの色は光の当たり方でワインレッドに見えますね。

でも、これはソウルレッドクリスタルメタリックでしょう。

探したけど、ありません。あ、コレかな?

それとも内装のこと?(これもレッドっぽい)

マツダ6の特別仕様車にはワインレッドの特別設定色があるそうです。(いやなさそう)

 

【2020年12月3日】マツダ6一部改良

エンジン充実&ボディカラー追加

セダン&ワゴン100周年特別記念車のエンジンラインナップ充実。

価格帯は2,893,000円~4,482,500円。

100周年特別記念車にエンジンラインナップ追加

  • SKYACTIV-G 2.5
  • SKYACTIV-D 2.2
  • SKYACTIV-G 2.5T(230ps)

100周年特別記念車の価格帯は3,822,500円~4,482,500円。

ボディーカラー追加

ポリメタルグレーメタリックを100周年特別記念車以外に追加して、限定車との魅力を分けました。

 

【2019年8月】マツダ6一部改良

今回の改良から「アクセラ」がMAZDA3と名称変更する流れに乗り、「アテンザ」もマツダ6と名乗ります。

エクステリア変更点

フロントブレーキサイズを17インチへサイズアップし、制動力を強化。

内装インテリア変更点

シートカラーの追加を行います。

  • 専用ナッパレザー&スムースレザー
  • ブラック&レッドステッチ

【ガソリン】2.5Lターボ設定|SKYACTIV-G 2.5T

CX-5・CX-8に採用した高出力エンジンSKYACTIV-G 2.5Tを採用します。

V8 4.0L NAガソリン同等のトルクを発揮。

スペック
エンジン:直列4気筒2.5L直噴ガソリンターボ
最高出力(ネット): 227HP(169kW)/5000rpm
最大トルク(ネット): 310ft-lb(420Nm)/2000rpm

新エンジンSKYACTIV-G 2.5T|特徴

  • 4L V8自然吸気ガソリンエンジン並みの豊かなトルク
  • 高圧縮比
  • ダイナミック・プレッシャー・ターボ
  • クールドEGR
  • 高効率燃焼の踏襲

豊富なトルクによって運転中も心に余裕を持ちつつ、

さらにワクワクする走りを楽しめるグレードの登場です。

新グレード25T S Package設定

フロントファイナルギア比を低速化するチューニング実施。

機能追加|GVCプラス標準装備

アメリカ仕様のアテンザで採用されているものでした。

車体の挙動性能・安定性能がさらに高まります。

IRカットガラス標準装備

  • 25S L Package
  • XD L Package
  • 25T S Package

マツダコネクト

AppleCarPlay/Google・Android Auto対応。

 

【2018年6月21日】アテンザマイナーチェンジ

価格2,797,200円~4,001,400円

質感向上

  • エクステリア改良
  • インテリアの質感向上
  • SKYACTIV-G 2.5T設定
  • i-ACTIVSENSE更新

 

関連記事

 




DAILY RANKING