新車発売情報Labo

Read Article

ダイハツタフト2020年6月10日発売|予想価格120万~160万円ハスラー対抗DNGAオフロード4WDターボ

ダイハツタフトはハスラー対抗モデルとして2020年6月登場。
4月1日に先行予約を開始しました。

タント同様DNGAプラットフォームを採用。
最低地上高180mm、FF/4WD両タイプを揃えます。

価格帯はキャスト・アクティバよりやや高くなり、ハスラーと競えるFF140万円、4WD148万円からのスタート予想。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1630mm
  • 2460mm
  • 850kg
  • 0.66L直3
  • 52ps/6900rpm
  • 6.1kgm
  • CVT
  • ガラスルーフ装備
  • 最低地上高
  • タイヤ
  • プラットフォーム
  • 4WDシステム
  • グレード
  • 駆動
  • トランスミッション
  • 骨格
  • スカイフィールドトップ
  • 190mm
  • 165/65R15
  • DNGA
  • ビスカスカップリング式
  • X/G/Gターボ
  • 2WD/4WD
  • CVT
  • モノコック


ダイハツタフト次世代モデルのエクステリア

タフト

外観はオフロードに振ったデザインを採用。
しかし、ハスラー対抗ということでタウンユースを考慮した都会派SUVとなります。

ボディカラー9色

  1. レイクブルーメタリック
  2. フォレストカーキメタリック
  3. サンドベージュメタリック
  4. レモンスカッシュクリスタルメタリック
  5. スプラッシュブルーメタリック
  6. ブラックマイカ
  7. シャイニングホワイトパール
  8. コンバーノレッド
  9. ブライトシルバーメタリック

※2トーン設定なし

【動画】東京オートサロン2020タフトコンセプト出展

ダイハツタフト次世代モデルの内装インテリア

タフト

インテリアは開放感のあるグラスルーフを採用。
タフトはインパネシフトを採用。以下のロッキーシフト位置と差別化が図られます。

ライズ

インテリア装備

  1. カップホルダー
  2. 大型インパネトレイ
  3. グローブボックス2層
  4. 電動パーキングブレーキ全グレード標準装備

リアシート

フルフラットモードでは、リアシートバックを前に倒してフルフラットで広いスペースを確保できます。
リアシートの後ろは汚れにくく拭き取りやすい加工を施したアウトドア仕様になっているようです。

下段モードにするとフレキシブルボードを下げ、背の高いものを安定して乗せることができます。
またこのボードにはフックが2カ所あり、ショッピングバックをかけることも可能です。

さらに立て掛けモード
こちらは高さのある荷物を載せることができ、立てかけたフレキシブルボードについたフックも利用することが可能です。

ダイハツタフト次世代モデルのパワートレイン

どのタイプも現行タントをベースとしたメカニズム。
ターボとNAの2本立てのエンジン搭載。トランスミッションにはD-CVTが設定。

最も優れたグレードのWTLC燃費は22.0km/l程度になると考えられます。

ダイハツタフト次世代モデルの先進安全装備スマートアシスト

ダイハツ新型軽自動車クロスオーバーSUVはタントと同等の予防安全装備確定。
ダイハツコネクトの設定もほぼ確実といえるでしょう。

ダイハツタフト次世代モデル情報Labo

ダイハツムーヴ新型フルモデルチェンジ情報

画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:http://www.suzuki.co.jp
Return Top