新型ハリアーPHV 2022年秋登場予定|RAV4ベース4WDを一部改良で設定

プラグインハイブリッドが追加設定されるようですね。

NXには初期設定でしたから遅すぎるくらいですね。

 




新型ハリアーPHVの予想目安価格

最新予想ではハリアーハイブリッド+100万円

ハリアーハイブリッド(改良前)価格

4,220,000円~5,040,000円

+100万円?

5,220,000円~6,040,000円

高すぎない?

 

なので

ハリアーハイブリッド価格+60万円(~80万円)の場合

+60万円

4,820,000円~5,640,000円

+80万円?

5,020,000円~5,840,000円

 

【参照】RAV4 PHV価格

  • G(E-Four)
  • G”Z”(E-Four)
  • 4,690,000円
  • 4,990,000円

+60万円前後で収まる感じですね。

 

RAV4のシステムがベース

RAV4 PHV
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • Fモーター
  • Rモーター
  • システム出力
  • 駆動
  • EV走行距離
  • ハイブリッド燃費
  • タンク容量
  • 最長航続距離
スペック
  • 2.5L直4HV
  • 177ps/6000rpm
  • 22.3kgm/3600rpm
  • 182ps/12.3kgm
  • 54ps/12.3kgm
  • 306ps(THSII Plug-in)
  • E-Four
  • 95km(EVモード)
  • 22.2km/L
  • 55L
  • 1300㎞

 

EV航続距離

EVモードで95km達成か。

 

新開発リチウムイオンバッテリー搭載

新プラグインハイブリッドシステム採用の恩恵で

大容量バッテリーを搭載できモーター性能も高出力化します。

 

システム出力84ps向上、クラストップレベル225kW。

電動化により加速パワーも向上。

 

4WDシステムはE-Four採用

RAV4ハイブリッドに4WDが設定されていることから、

プラグインハイブリッド+4WDが期待されました。

 

外部給電機能

バッテリー蓄電力を最大で1500W出力可能。

停電・災害・緊急時、アウトドアの際に

最大1500W(AC100V)の外部給電機能が標準装備されています。

 

EV給電モード

バッテリーを使って給電します。

HV給電モード

バッテリー電力が低下するとエンジンを併用しつつ発電し、

満タンで3日分の電力が供給可能です。

 

参考|【NX450h+】2.5L PHEV

A25A-FXS型ベース
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • Fモーター出力
  • Rモーター出力
  • システム出力
スペック
  • 2.5L直4ハイブリッド
  • 178ps/5700rpm
  • 22.5kgm
  • 120ps/20.6kgm
  • 54ps/12.3kgm
  • 309ps

 

  • 大容量高出力リチウムイオンバッテリー
  • フロントリアモーター搭載
  • 4モード選択
  • 駆動AWD(E-Four)限定
  • トランスミッションTHSⅡプラグイン
  • 先読みエコドライブ

 

関連記事

RAV4 PHV情報はこちら。

新型プリウスPHV情報はこちら。

新型NX情報はこちら。




WEEKLY RANKING