Read Article

ダイハツミライースターボモデル新型TR-XX情報2019年12月発売|予想価格150~170万円スポーツ仕様

ダイハツのミライースに、スポーツ仕様のターボ・5速MT仕様が追加されます。

装備には、さらにスポーツサスペンション・スタビライザーが追加され、スズキアルトワークスに対抗する最高の軽自動車スポーツモデルが誕生します。

ミライースのターボモデルは”TR-XX”を名乗り、かつてラリー競技モデルとして存在した「ミラTR-XX」のようなハイスペックモデルとして開発されています。

スポンサードリンク

ダイハツミライースターボモデル新型TR-XX情報2019

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 車重
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 足回り
  • 安全装備
  • ライバル
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1500mm
  • 2455mm
  • 710kg
  • 658cc 直3ターボ
  • 64ps/6400rpm
  • 9.4kgm/3200rpm
  • 5MT/CVT
  • サーキット対応
  • スマアシⅢ
  • アルトワークス

ミライースターボTR-XXのパワートレーン

ミライースターボのエンジンは、ムーヴが搭載するKF型に、トルク重視の改良を加えたものになります。

競技重視で乗る場合、トルクアップによるコーナー後の立ち上がりが早ければ、先の先のラインまで頭が回りますよね。

しかも、変にコーナーに突っ込んだりしなくて済むし、下手な慣性を残そうと思わずにブレーキングを躊躇なく行えます。

燃費予想|26~29キロ

これだけ走れば十分。でも、競技となれば10キロ以下でしょうか。ハイオクじゃないのが救いです。

ミライースターボTR-XX専用チューニング

ターボ化のため、インタークーラー分、フロントが重くなります。フロント重量変化によるバランスをとるために、スタビライザーが装備されるという情報が出ています。

エンジントルク向上とボディ剛性の強化に合わせて、足元を支えるサスペンションもスポーティな仕様のものが採用されるようです。

新型ミライースTR-XXの素早く軽快に走る姿が心に浮かびますね。

ノーマルよりもしっかり足周りは固まり、横揺れの挙動は減り一方で、縦揺れの挙動が増えるため、一般的に街乗りには向きません。

しかし、購入する人はそれが好みでしょうし、もっとイジるでしょうから、よりサーキット仕様になっちゃいますね。

そうなるとミライースターボ所有に向いているのは、独身者で競技専用購入、または家族持ちでもセカンドカーとして趣味と近所の買い物を兼ねるJOYカーとなりそうです。

ミライースターボTR-XXのトランスミッション

5速MTに加え、CVTも採用されるとの情報です。

ダイハツ軽自動車のトランスミッション事情

ダイハツでは、現在軽乗用車で5速マニュアルを採用しているのは、2シーターオープンカーのコペンだけとなっています。なお、キャストスポーツはCVTとなっています。キャスト8

ミライースターボ5速MTが登場すると、キャストとトコットにも同様のターボ5速MT車が登場する可能性も出てきます。さらに、ミライースの商用バン仕様にも非ターボ5速MTを登場させるかもしれません。

ミライースターボTR-XXのエクステリア

ミライースTR-XXの外観は、シックに仕上げられるとの予想で、フロントグリル・アルミホイールにマットブラックの装飾が追加されるようです。

そのほか、「一般車と見分ける」という部分で、何らかのカラーアクセントをつけることが考えられます。

アルトワークスに対抗するフロント・リアスポイラー、エアロパーツを装着したものとなるでしょう。

ミライースターボTR-XXに採用されるボディカラーは?

赤いストライプやステッカーの採用もありえるでしょう。トコット スポルザVer.のような下部がブラックのツートンとなることも考えられます。

ミライース3

ミライースターボTR-XXのインテリア

ミライースターボが登場した場合、インパネシフトからフロアシフトへの変更が必要なため、大幅にインテリアが変更され、フロントシート形状の変更も行われます。

ミライースターボTR-XXに予防安全装備は採用される?

ダイハツの5速MT軽自動車にも、予防安全装備であるスマートアシストⅢは装備可能となっており、

  1. 対車両・対歩行者衝突回避支援ブレーキ機能
  2. 対車両・対歩行者衝突警報機能
  3. 車線逸脱警報機能
  4. オートハイビーム

などの機能は装備可能なはずです。ただし誤発進抑制機能は装備されません。

なお、ミライースターボのスポーツ性の度合いでは、予防安全装備自体装備されないというケースもあります。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.daihatsu.co.jp
画像引用元:https://www.carscoops.com

ミライースターボTR-XX発売でトコット スポルザVer.登場の可能性も

2019年東京オートサロンで、トコット スポルザVer.というトコットのスポーツバージョンが発表されています。

ミライースターボ5速MTが発売されるのなら、トコットのスポーツバージョンが発売されてもおかしくありません。

トコット1

しかし、こちらはトランスミッションが公表されておらず、”MT+ターボ”の期待を受けているコンセプトカーという立ち位置になります。

Return Top