ダイハツミライースターボモデルが新型TR-XXとして登場する可能性はある?

ダイハツのミライースに

  • スポーツ仕様ターボ
  • 5速MT仕様

を追加することが長く噂されていました。

 

スズキの

のモデルチェンジに伴い

 

ダイハツのミライース・スポーツモデルも

噂が再燃しています。

 

しかし、もうこれ出ないやつ!っていうのが

長く新型情報を研究してきて感じることです。

 

ダイハツは事前に新モデルを発表しない傾向にあるため、

ミライースターボモデルの情報は

期待だけが高まり続けます。(笑)

 

予想装備

  • 専用スポーツサスペンション
  • スタビライザー

が装備され、アルトワークスに対抗できる軽スポーツに

相応しいチューニング内容になると予想されます。

 

ダイハツ新型ミライースターボモデルは

「TR-XX」を名乗るとも予想されていました。

 

ラリー競技モデルとして存在した「ミラTR-XX」のような

ハイスペックモデルを想定した妄想に近い情報です。

 

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 車重
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 足回り
  • 安全装備
  • ライバル
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1500mm
  • 2455mm
  • 710kg
  • 658cc 直3ターボ
  • 64ps/6400rpm
  • 9.4kgm/3200rpm
  • 5MT/CVT
  • サーキット対応
  • スマアシ
  • アルトワークス

 




予想価格

1,500,000~1,700,000円

 

ダイハツ新型ミライースターボの予想パワートレイン

ムーヴ搭載KF型

トルク重視の改良を加えたものを搭載しそうです。

 

競技重視で乗る場合

トルクアップによるコーナー後の立ち上がりが早ければ、

先の先のラインまで頭が回りますよね。

変にコーナーに突っ込んだりしなくて済むし、

下手な慣性を残そうと思わずに

ブレーキングを躊躇なく行えます。

 

燃費26~29キロ予想

これだけ走れば十分。

でも、競技となれば10キロ以下でしょうか。

ハイオクじゃないのが救いです。

 

専用チューニング

ターボ化のためインタークーラーでフロントが重くなります。

フロントの荷重変化に対してバランスをとるため

スタビライザーが装備されるという情報でした。

 

エンジントルク向上とボディ剛性強化

足元を支えるサスペンションもスポーティ仕様を採用。

素早く軽快に走る姿が浮かびますね。

 

ノーマルよりもしっかり足周りは固まり、

横揺れの挙動は減り一方で、

縦揺れの挙動が増えるため一般的に街乗りには向きません。

 

購入する人はそれが好みでしょうし

もっとイジるでしょうから、

よりサーキット仕様になっちゃいますね。

 

ミライースターボ所有に向いているのは独身者、競技専用購入。

家族持ちでもセカンドカーとして

趣味と近所の買い物を兼ねるJOYカーとなりそうです。

 

トランスミッション

5速MTに加え、CVTも採用されるとの情報です。

 

 

ダイハツ軽自動車のトランスミッション事情

ダイハツで軽乗用車に5速マニュアルを採用しているのは

  • コペンだけ

です。

キャストスポーツは生産終了したもののCVTでした。

 

ミライースターボ5速MTが登場すれば

トコットにもターボ5速MTの可能性が浮上します。

 

となるとミライースの商用バン仕様にも

非ターボ5速MTを登場させなければならない状況になるんです。

 

この話がこうつながります。

トコット スポルザVer.登場の可能性も

2019年東京オートサロンでトコットスポルザVer.という

トコットのスポーツバージョンが発表されています。

 

ミライースターボ5速MTが発売されるなら

トコットのスポーツバージョンが発売されてもおかしくありません。

 

しかし、こちらはトランスミッションが公表されていません。

  • 「MT+ターボ」を期待するコンセプトカー

という存在です。

 

ダイハツ新型ミライースターボのエクステリア予想

外観はシックに仕上げられる予想。

フロントグリルにマットブラックの装飾が追加されます。

 

一般車と見分ける意味でカラーアクセントを付け

アルトワークスに対抗するフロント・リアスポイラー、

エアロパーツを装着したものとなるでしょう。

 

採用ボディカラーは?

赤いストライプやステッカーの採用。

トコットスポルザVer.のような

下部がブラックのツートンとなることも考えられます。

 

ダイハツ新型ミライースターボの内装予想

インパネシフトからフロアシフトへの変更が必要なため、

大幅にインテリアが変更され、

フロントシート形状の変更も行われます。

 

ダイハツ新型ミライースターボに予防安全装備は採用される?

ダイハツの5速MT軽自動車にも

予防安全装備スマートアシストは装備可能です。

 

以下の機能は装備可能。

  • 対車両・対歩行者衝突回避支援ブレーキ機能
  • 対車両・対歩行者衝突警報機能
  • 車線逸脱警報機能
  • オートハイビーム

誤発進抑制機能は装備されません。

 

ダイハツ新型ミライースターボのスポーツ度によっては

  • 予防安全機能は採用されない

というケースもあります。

 

ミラトコット一部改良情報はこちら。

キャストスタイル一部改良情報はこちら。

※アクティバ・スポーツ生産終了

 

ライバル関連記事

新型アルト情報はこちら。

新型アルトラパン情報はこちら。

新型アルトワークス情報はこちら。




WEEKLY RANKING