Read Article

三菱アウトランダーPHEV マイナーチェンジ|大幅改良|2018年8月下旬発売

三菱は、スイスのジュネーブモーター2018に

アウトランダーPHEV 2019年モデルを出展。

日本モデルは、2018年8月下旬に発売されます。

アウトランダーPHEV1引用元:https://www.carscoops.com

アウトランダーPHEV 2019年モデルは、新エンジン2.4Lエンジンを搭載。

S-AWCにSPORTモード/SNOWモードが追加され、

エクステリア・インテリアデザインに変更が加えられます。

 

スポンサードリンク

 

エクステリア|デザイン変更

アウトランダーPHEV3

リヤスポイラー形状変更。

アウトランダーPHEV52019三菱アウトランダーPHEV

2019三菱アウトランダーPHEV2 2019三菱アウトランダーPHEV3引用元:https://www.carscoops.com

  • LEDヘッドライト装備
  • LEDフォグランプベゼル設置
  • ラジエーターグリル形状変更

と、現行からのイメージチェンジを図ります。

 

また、スッキリしすぎていた外観に装飾パーツをいくつか設定。

より味のあるモデルとなりそうなアウトランダー2019年モデルです。

 

機能性・スポーティさを向上させる装備追加

  • フロント/リアのスキッドプレート
  • フィン形状新デザインアルミホイール
  • 空力性能を高めるリアスポイラー

 

 

インテリアも三菱の最上級モデルにふさわしい雰囲気を演出していきます。

インテリア

アウトランダーPHEV6

  • パワーメータ表示:モーター・エンジンの出力状況をモニター可能に
  • 新形状キルティング本革シート採用:サポート性アップ
  • オーナメントパネル:レーザーエッチング加工
  • コンソールボックス後ろ:吹出口設置

 

 

素晴らしい外観を手にした三菱アウトランダーPHEV。

その中身も手が加えられます。

エンジン排気量アップ

  • 2.4Lに拡大(現行モデルは2.0L)
  • カムプロフィール変更
  • バルブタイミング制御による高膨張比サイクル(アトキンソンサイクル)化
  • 最高出力:約10%向上
  • ジェネレーター・リアモーター出力:約10%向上
  • バッテリー容量:約15%向上
  • 航続距離:5キロ向上
  • 後部モーター:出力アップ
  • EV走行最高速度:135キロへ
  • EVモード航続:45キロ
  • WLTCモード燃費:49.9キロ
  • 充電中のエアコン使用が可能に

出力だけを最大化させるのではなく、抑えて静音化させるなどの工夫も実施。

「エンジン発電制御」を全域で見直し

エンジン音を大幅に縮小し、発電によるエンジン始動時の違和感も低減します。

 

また、新駆動用バッテリーを採用。

バッテリー・モーターの出力効率も向上します。

駆動用バッテリー

  • 容量:約15%向上
  • 最高出力:約10%向上
  • ジェネレーター・リアモーター出力:約10%向上

モーター駆動が生み出す「気持ちよい走り」を楽しめます。

 

 

アウトランダーPHEV 2019年モデル|スペック

全長:4695mm
全幅:1800mm
全高:1710mm
ホイールベース: 2670mm
トレッド: 1540mm
エンジン:2.4L直列4気筒DOHC
モーター:前後2モーター
バッテリー:リチウムイオンバッテリー
バッテリー(電力):13.8kWh

 

 

もちろん、乗り心地だけでなく走行性能も格段にアップ。

車両運動統合制御システム「S-AWC」

  • モーターのレスポンスを高めて前後の駆動力配分を最適化
  • SPORTモード/SNOWモード追加
  • セーブモード&チャージモードボタン統合

SPORTモード

旋回性能・加速性能向上

SNOWモード

モーターのレスポンス・車両挙動を穏やかにし、

氷雪路のような滑りやすい路面での安定性とコントロール性を高めています。

 

 

【ガソリン】アウトランダー|同時に改良実施

エクステリア

  • フロントデザイン(ヘッドライトLED化?)
  • アルミホイール意匠変更
  • ボディ剛性向上(接着施行)

インテリア

  • 後部エアコン:吹き出し口追加
  • 全席パワーウィンドウ:オート化
  • 電動テールゲート:標準装備(上級・ミドルグレード)
  • ピアノブラック加飾増設

足回り/機能

  • サスペンション改良
  • ステアリング改良
  • ※タイヤ接地感/クイック感向上
  • S-AWC:インジゲータ変更(エクリプスクロス同等)

安全装備

  • 誤発進抑制機能:標準装備

また、グレード名が見直され、エンジン・スペックには変更ないとの情報です。

 

 

そして、この改良が2020年頃のフルモデルチェンジへとつながっていきます。

 追伸情報

関連記事



 

Return Top