【最新】マツダ新型CX-60が2022年9月15日まずはe-SKYACTIV D搭載車登場

他のラインナップは2022年12月に登場予定です。

PHEVは2.5L 直4エンジン+モーターのプラグインハイブリッド。

名称は「e-SKYACTIV PHEV」

今後、マツダ注目のパワートレインになりますね。

動画作りました

 

そのほか、パワートレインには候補あり

かねてから話題になっていた3.0L 直6エンジン

こちらはマイルドハイブリッド

当ラインナップにはクリーンディーゼルとガソリンが用意される予想です。

 

駆動はFR(後輪駆動)で、4WDはFRベースで展開されます。

妄想を広げて、ガソリンエンジンオンリーの搭載も可能性があるそう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

新車発売情報(@haru27biz)がシェアした投稿

 




価格

2,992,000円〜6,264,500円

 

ボディサイズ

同社サイズ比較
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
CX-60
  • 4740mm
  • 1890mm
  • 1685mm
  • 2870mm
  • 1680-1890kg
CX-5
  • 4575mm
  • 1845mm
  • 1690mm
  • 2700mm
  • 1540-1670kg
CX-8
  • 4900mm
  • 1840mm
  • 1730mm
  • 2930mm
  • 1750-1780kg

 

トヨタハリアーとも比較

ボディサイズ
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
CX-60
  • 4740mm
  • 1890mm
  • 1685mm
  • 2870mm
  • 1680-1890kg
ハリアー
  • 4740mm
  • 1855mm
  • 1660mm
  • 2690mm
  • 1530-1750kg

欧州仕様のサイズ感はタテヨコにどっしりしています。

 

CX-60はクーペルックでしょうか?

斜めからの画像だと、ハリアーほど最終ラインが流れてない印象。

でも、リアからの眺めは「意外とクーペっぽいな」と見てとれます。

それにリアコンビランプがハリアーに似てるので、「OEMじゃないよね?」と感じちゃいました。

 

なので、ハリアーと並べてみた

正面

 

サイド

※サイズ編集ヘタですみません。苦笑.形を見てネ。

 

リア

どっちを買いたくなりますか?

 

装備品の質感高い内装

2列シート5人乗り

リア席からの眺め。

A型の人が好みそうな綺麗な内装。

 

パワートレイン

e-SKYACTIV D

e-SKYACTIV D
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • WLTC燃費
スペック
  • 3.3L直6ターボ
  • 231ps/4000-4200rpm
  • 51.0kgm/1500-3000rpm
  • 18.3-19.8km/L

SKYACTIV-D 3.3

e-SKYACTIV D
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • WLTC燃費
スペック
  • 3.3L直6ターボ
  • 254ps/3750rpm
  • 56.1kgm/1500-2400rpm
  • 21.0-21.1km/L

※モーター出力16.3ps/トルク15.6kgm

SKYACTIV-G 2.5

2.5L直4ガソリン
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • WLTC燃費
スペック
  • 2.5L直4
  • 188ps/6000rpm
  • 25.5kgm/3000rpm
  • 13.0-14.2km/L

e-SKYACTIV PHEV予想

2.5L 直4エンジン+モーター

欧州
  • エンジン
  • エンジン出力
  • モーター出力
  • システム出力
  • EV航続距離
スペック
  • 2.5L直4
  • 192ps
  • 136ps
  • 328ps/51.0kgm
  • 67km

 

で、続きとして、

未来のパワートレインはこのラインナップに入らないのか?

です。

未来のパワートレインとは「電動化」仕様のこと。

具体的にはロータリー(シリーズ式PHEV)とEV(BEV)を指します。

 

これらを展開するのは主にスモール商品群で試していく形になりそうです。

MX-30マツダ2ロードスター

 

他、新燃料エンジンも未来に展開予想

  • 水素燃料
  • バイオ燃料
  • 合成燃料

これら次世代燃料を使えるエンジンを開発予定です。

 

バイオ燃料仕様車はイベント出典の発表がありましたね。

マツダ3にバイオディーゼルエンジン搭載

バイオディーゼル燃料で走るMAZDA SPIRIT RACING MAZDA3 Bio Conceptを2022年3月に発表済み。

 

新燃料によるラインナップ展開の先は長く、2050年までに実現する話です。

けれど、マツダは見据えています。

 

マツダ未来計画の流れ

2022年-2024年
ロータリーエンジン発電モデル導入
※ロータリー(シリーズ式PHEV)

2025年
BEV専用プラットフォーム商品群導入

2030年
全てのモデルの電動化を完了させる予定(グローバル)
※トヨタとの協業で実現する予想

 

関連情報

【最新】マツダ新型マツダ6は2022年秋登場。マツダ・コ・パイロット・コンセプト搭載

【最新】マツダ新型CX-80は2023年秋登場。FRの恩恵が3列目と操作に好影響

 

ロータリー関連記事

MX-30 PHEV情報こちら。

マツダ2 RE情報はこちら。

新型ロードスター情報はこちら。




DAILY RANKING