新車Labo

Read Article

シビックタイプR新車2022年3~12月に期待|後輪2モーター4WDターボハイブリッド

新型シビックタイプRは2022年3~12月登場が期待されています。

新型シビックタイプRは後輪にモーター出力を加えた4WDハイブリッド搭載とのうわさ。

フロントを標準駆動、リアをモーター駆動で制御する4WDです。

リア駆動はトルクベクタリング制御がはたらき、コーナリング性能が格段に上がります。

このハイブリッド化が走行性能を高めつつ、燃費向上にも影響を与えます。

  • エンジン
  • モーター
  • システム出力
  • 4WDシステム
  • 2.0L直4ターボ
  • リア左右×各1
  • 400ps
  • S-AWD


新型シビックタイプRのエクステリア予想

シビックタイプR0

新型シビックタイプRは現行より水平基調のデザインを採用します。(※画像引用元:https://www.carscoops.com/)

新型
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
予想ボディサイズ
  • 4560mm
  • 1875mm
  • 1435mm
  • 2700mm
  • 1450kg

シビックタイプR1

現行は空気抵抗を受けやすいデザインだったため、フロント周りの空力性能を変更。

シビックハッチバックもデザインが判明しており水平基調です。

シビックをベースに軽量化がはかられ、現行より大人しいデザインに控えながらも、空力性能を向上する手法をとります。

リアウィングはカッコつけではなく、空気抵抗をなくす形状へ変化するようです。

新型シビックタイプRの内装予想

シビック7

レッド/ブラックのスポーツシートやインパネ周りのデザインは継承します。

シフトレバーの有無はハイブリッドシステムにより、異なる可能性が出てきます。

シビック16

次期シビックタイプRのパワートレイン&駆動

ハイブリッド搭載のうわさも根強いようですが、現行同様、2.0Lターボエンジンを搭載するとのうわさもあります。

駆動もFF(前輪駆動)を継続とのことです。

一方で、2.0Lターボハイブリッドや1.5Lターボハイブリッド搭載のうわさはどうなっているのでしょうか?

2.0Lは次の新型モデルに適用されず、1.5Lは海外のパワートレインと情報がごっちゃになっているとされています。

2.0L VTECターボハイブリッドは新型の”次の”モデルに搭載?

このパワートレインは次期シビックタイプRの次の新型モデルに搭載されるとうわさされています。

つまり、現時点では現実味はまだない開発中のパワートレインです。

しかし、雑誌では次期型で強くこのパワートレインを推しています。

どうなるのでしょうね。

 

このパワートレインの仕組みは、後輪駆動に各1モーターを搭載して制御する、エンジン+モーター仕様のハイブリッドです。

リアモーターは駆動力制御があり、リア左右独立して機能します。

これにより駆動は、これまでのFF(前輪駆動)から4WDへ変更されるというものです。

2.0Lターボ+リアモーター
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 全システム出力
予想スペック
  • 320ps
  • 40.8kgm
  • 400ps/50.0kgm

リア左右輪をモーターがおのおの制御するため、コーナーでは後輪の接地力が抜群で、すいすいと曲がれます。

この4WDシステムはレジェンド・NSX(3モーターハイブリッドシステム・SPORT HYBRID SH-AWD)でおなじみの機能です。


1.5Lターボハイブリッドは?

北米のシビックSiグレードにモーターを組み合わせた1.5Lターボハイブリッドが搭載される予定があります。(205ps/26.5kgm)

このパワートレインが次期シビックタイプRに搭載されるのではないか?と誤解されたようです。

 

電動化は2030年までに必須とされています。

結論として、シビックタイプRもいずれハイブリッドを搭載しなければ生き残れなくなります。

これが次期型で実現するのか?次期型以降に実現するのか?わからない…というだけのことですね。

2030年といえど、クルマの開発スパンとしてはすぐ目の前です。

先々の計画が次の新型のものとして、うわさされてもおかしはないですね。

新型シビックタイプRの先進安全装備

ホンダセンシング

新型にもHonda SENSING継続採用となるでしょう。


シビックタイプR Labo

Return Top