新型シビックタイプR 2022年7月1日登場|高くても意外な若者人気の2.0Lターボ320ps/40.8kgmFFモデル

 

新型インテグラとの違い明白。日本製と海外版って感じ。

新型シビックタイプRは当時のインテグラっぽい雰囲気も持っていますよね。

 

後輪モーター駆動4WDハイブリッド搭載

フロントは標準エンジン駆動。

リアを左右独立のモーターで駆動制御する4WDです。

トルクベクタリング制御と呼ばれコーナリング性能が格段に上がります。

 

  • エンジン
  • モーター
  • システム出力
  • 4WDシステム
  • 2.0L直4ターボ
  • リア左右×各1
  • 400ps
  • SH-AWD

走行性能が高まり、燃費向上にも影響を与えます。

 




予想価格

5,500,000円

 

新型シビックタイプRのエクステリア

空気抵抗を受けにくいデザインへ

フロント周りの空力性能を変更しています。

水平基調のデザインに変更されましたね。

 

シビックハッチバックをベースに軽量化。

大人しいデザインながら空力性能を向上しています。

 

リアウィングも空気抵抗の少ない形状になっているようです。

 

ボディサイズ予想

新型
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
予想ボディサイズ
  • 4560mm
  • 1875mm
  • 1415mm
  • 2735mm
  • 1450kg

 

新型シビックタイプRの内装

ベースとなるシビックハッチバックの内装

タイプRにはもちろんスポーツシート採用。

  • レッド/ブラックスポーツシート
  • インパネ周りの専用デザイン

が継承されます。

 

新型シビックタイプRのパワートレイン

2.0LターボでFF駆動

2.0Lターボ
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 駆動
予想スペック
  • 320ps
  • 40.8kgm
  • FF

 

エンジン+モーター仕様のハイブリッドはない?

後輪駆動に各1モーターを搭載して制御。

エンジン+モーター仕様のハイブリッドが採用されるという情報もありました。

リア2モーターは各々駆動力があり、リア左右独立で制御可能なシステムです。

 

この仕様であればSH-AWDの4WD採用予定でした。

FF(前輪駆動)は従来通りエンジン駆動の仕組み

2モーター後輪へ追加され各モーターで後輪も駆動する4WDでした。

2.0Lターボ+モーター
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 全システム出力
予想スペック
  • 320ps
  • 40.8kgm
  • 400ps/50.0kgm

 

リア左右輪をモーターがおのおの制御するためコーナーでは後輪の接地力が抜群。

すいすいと曲がれる仕様です。

 

同4WDシステム搭載ホンダ車種

でおなじみ。

 

電動化は2030年までに必須とされています。

シビックタイプRもハイブリッドを搭載しなければ生き残れなくなりました。

ゆくゆくはこのハイブリッドを採用する日が来るでしょう。

 

新型シビックタイプRの先進安全装備

シビックハッチバックは

Honda SENSING標準装備

  • 検知性能拡張

 

渋滞運転支援機能トラフィックジャムアシスト採用

  • 速度域0km/h~約65km/h
  • 車間・車線キープ
  • アクセル・ブレーキ・ステアリングアシスト

機能搭載が実現し、より安全で負担の少ない

ドライブが可能になっています。

 

旧シビックTYPE R|スペック

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 駆動
  • 燃費
  • 最低地上高
  • タイヤ
  • 4560mm
  • 1875mm
  • 1435mm
  • 2700mm
  • 1390kg
  • 2.0L直4ターボ
  • 310ps/6500rpm
  • 40.8kgm/2500-4500rpm
  • 6速MT
  • FF
  • 13.5km/L
  • 125mm
  • 245/30ZR20

4,500,360円

 

関連情報

新型シビックハッチバック情報はこちら。

シビックベースミドルSUV情報はこちら。

シビックタイプR一部改良情報はこちら。




WEEKLY RANKING