Read Article

スポンサードリンク

新型シビックタイプR|ハッチバックにハイブリッド搭載?|2021年以降発売予想

ホンダはシビック・タイプRの次期モデルについての検討を始めており、ハイブリッド仕様になるとの噂が出ています。

シビックタイプR1

これはスイスで開催されたジュネーブモーターショー2019で明らかになった情報で、ホンダが進めている電動化の一環により、2025年までに欧州市場全体の車種全てを電動化させることを打ち出したことに始まります。

今回は新型シビック・タイプRについて紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

新型シビック・タイプRはNSXに似たタイプのハイブリッドを採用の見込み

新型シビック・タイプRに導入されるハイブリッドシステムは、ホンダのフラッグシップスポーツモデルであるNSXと似たタイプとなる見込みです。

NSX1

NSXではICE(内燃機関)に、駆動用モーターを後輪用に1基と前輪用に2基の合計3基を組み合わせたシステムを採用していますが、

新型シビック・タイプRではICEを前輪駆動に用いて、駆動用モーター2基によって後輪を駆動させるシステムを採用するAWDとなる可能性が高いです。

シビック・タイプR

さらに新型シビック・タイプRのパワートレーンには、ICEに現行モデルも採用している2000cc直列4気筒直噴ターボエンジンを継続採用する見込みとなっています。

 

 

新型シビック・タイプRのエクステリア

現行型のシビック・タイプRのエクステリアは、欧州のCセグメントのセダン風ハッチバックとなっています。

しかし、新型シビック・タイプRでは更なるクイック性や軽量化を実現する為にボディサイズをコンパクト化させる可能性があります。

 

これは現在のホットハッチモデルの姿が大きく変わっていて、初代シビック・タイプRではスポーツドライビングの入門用モデルという位置付けでしたが、

現在では並のスポーツカーを凌駕する性能が与えられています。

 

そのため、各社のホットハッチモデル間での争いは過激化しており、シビック・タイプRやフォルクスワーゲンのゴルフGTI、ルノーのメガーヌRS等はFFを維持していますが、

フォードのフォーカスRSやアウディのRS3等は、パワーを上げていくとトラクションが不足してしまうことからAWD化されています。

 

ホットハッチ間での争いに勝利することが至上命題であるシビック・タイプRはAWDの採用と共に、ボディサイズのコンパクト化を実現する可能性があるのです。

 

 

今後はホットハッチモデルもハイブリッドの時代に

ジュネーブモーターショーではシビック・タイプRが電動化されるという噂が話題となっていますが、実はホットハッチモデルを発売する他社でも電動化に関する研究が行われていると言われています。

これはパワーと環境性能を両立させようとするとガソリンエンジンのみでは厳しい時代となっており、何らかの電動化が必要となっているからです。

そのためフォードの次期フォーカスRSも48Vのマイルドハイブリッドになるという説が有力となっています。

 

 

新型シビック・タイプRの発売時期

ホンダは新型シビック・タイプRに関する具体的な情報を何も発表していません。

しかし、ベースモデルとなるシビックはホンダを代表する基幹車種であり、いずれシビックの新型モデルが登場するのは確実です。

先代モデルのシビック・タイプRまではノーマル車をベースに後付けでチューニングを行なっていましたが、

現行モデルからは設計段階からタイプRを並行して開発することで、ノーマルモデルの走行性能のレベルアップとタイプRの実用性の拡大を両立する方針をとっています。

この方針は新型シビックにも引き継がれている可能性が高く、発売時期は現行型シビックが登場して6年が経過した2021年以降となりそうです。

 

 

新型シビック・タイプRの販売価格

新型シビック・タイプRに関する具体的な情報が発表されていないので完全な推測となりますが、電動化されることからシビック・タイプRの販売価格は現行モデルよりも高額になる可能性が高いです。

 

 

追伸情報

関連記事

「スポーツ」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:https://www.motor1.com

Return Top