新型シビックタイプR 2022年6月|2.0Lターボ+後輪2モーター4WDハイブリッド

新型シビックタイプR登場は2022年?
予想発売日や価格はわかってる?

新型シビックタイプRは2022年6月登場が期待されています。

後輪モーター駆動4WDハイブリッド搭載

フロントは標準のエンジン駆動で動かし

リアを左右独立のモーターで駆動制御する4WDです。

  • トルクベクタリング制御

と呼ばれコーナリング性能が格段に上がります。

  • エンジン
  • モーター
  • システム出力
  • 4WDシステム
  • 2.0L直4ターボ
  • リア左右×各1
  • 400ps
  • S-AWD

走行性能が高まり、燃費向上にも影響を与えます。

新型シビックハッチバック情報はこちら。

シビックタイプR一部改良情報はこちら。

予想価格

0

新型シビックタイプRのエクステリア

現行より水平基調のデザインに変更されましたね。

このボディサイズ予想はこちらです。

新型
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
予想ボディサイズ
  • 4560mm
  • 1875mm
  • 1415mm
  • 2735mm
  • 1450kg

空気抵抗を受けにくいデザインへ

フロント周りの空力性能を変更しています。

シビックハッチバックをベースに軽量化がはかられ、

大人しいデザインながら空力性能を向上しています。

リアウィングも空気抵抗の少ない形状になっているようです。

旧ウィング↓

 

新型シビックタイプRの内装

ベースとなるシビックハッチバックの内装が上記です。

シートもノーマル仕様です。

スポーツタイプのシートを設定

拡大すると

しっかりレッドスポーツシートが見えます。

旧モデルよりも大人しいデザインに感じられますね。

新型シビックタイプRにも

  • レッド/ブラックスポーツシート
  • インパネ周りの専用デザイン

が継承されます。

↓旧インパネデザイン

 

新型シビックタイプRのパワートレイン予想

後輪駆動に各1モーターを搭載して制御する

エンジン+モーター仕様のハイブリッドです。

リア2モーターは各々駆動力があり

リア左右独立で制御可能です。

FF(前輪駆動)は従来通りエンジン駆動

2モーター後輪へ追加され

各モーターで後輪も駆動する4WDになります。

2.0Lターボ+モーター
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 全システム出力
予想スペック
  • 320ps
  • 40.8kgm
  • 400ps/50.0kgm

リア左右輪をモーターがおのおの制御するため

コーナーでは後輪の接地力が抜群で

すいすいと曲がれます。

 

同4WDシステム搭載ホンダ車種

でおなじみです。

電動化は2030年までに必須とされています。

シビックタイプRもハイブリッドを搭載しなければ

生き残れなくなりました。

 

新型シビックタイプRの先進安全装備

シビックハッチバックは

Honda SENSING標準装備

  • 検知性能拡張

渋滞運転支援機能トラフィックジャムアシスト採用

  • 速度域0km/h~約65km/h
  • 車間・車線キープ
  • アクセル・ブレーキ・ステアリングアシスト

機能搭載が実現し、より安全で負担の少ない

ドライブが可能になっています。

Honda SENSINGとは|セダンから軽自動車まで幅広く搭載されるホンダ安全運転支援システム

新型シビックハッチバック情報はこちら。

シビックタイプR一部改良情報はこちら。

旧シビックTYPE R|スペック

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
  • 駆動
  • 燃費
  • 最低地上高
  • タイヤ
  • 4560mm
  • 1875mm
  • 1435mm
  • 2700mm
  • 1390kg
  • 2.0L直4ターボ
  • 310ps/6500rpm
  • 40.8kgm/2500-4500rpm
  • 6速MT
  • FF
  • 13.5km/L
  • 125mm
  • 245/30ZR20
0