新車Labo

Read Article

シビックタイプR新車2022年12月に期待|予想価格500万円&後輪2モーター4WDハイブリッドターボに刷新

新型シビックタイプRは2022年12月登場が期待されています。

新型シビックタイプRは後輪にモーター出力を加えた4WDハイブリッド搭載との噂。

フロントをガソリン駆動、リアをモーター駆動で制御した四輪駆動車です。

このハイブリッド化により、シビックタイプRは2.0L直4ターボエンジンの高出力化を果たしつつ、燃費水準は維持します。

  • エンジン
  • モーター
  • システム出力
  • 4WDシステム
  • 2.0L直4ターボ
  • 後輪2基
  • 400ps
  • トルクベクタリング機能


シビックタイプRのハイブリッド予想価格

480万円を越す可能性も出るでしょう。

シビックタイプRに現行の馬力を維持したままハイブリッドを搭載した場合、30万円以上の値上げが予想されるからです。

新型シビックタイプRのエクステリア予想

シビックタイプR0

新型シビックタイプRは現行より水平基調のデザインを採用します。(※画像引用元:https://www.carscoops.com/)

シビックタイプR1

現行は空気抵抗を受けやすいデザインだったため、フロント周りの空力性能を変更します。

シビックハッチバックもデザインが判明しており水平基調です。

シビックをベースに軽量化がはかられ、現行より大人しいデザインに控えながらも、空力性能を向上する手法をとります。

リアウィングはカッコつけではなく、空気抵抗をなくす形状へ変化するようです。

新型シビックタイプRの内装予想

シビック7

レッド/ブラックのスポーツシートやインパネ周りのデザインは継承します。

シフトレバーの有無はハイブリッドシステムにより、異なる可能性が出てきます。

シビック16

新型シビックタイプRのパワートレイン予想

2.0L VTECターボを採用しつつ、リアに駆動力制御用モーターが左右搭載され、FFから4WDへ変貌します。

2.0L VTECターボ
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • システム出力
予想スペック
  • 320ps
  • 40.8kgm
  • 400ps

新型シビックタイプRの先進安全装備

ホンダセンシング

新型にもHonda SENSING継続採用となるでしょう。


シビックタイプR Labo

Return Top