新車Labo

Read Article

シエンタ新車2022年7月に期待|TNGAヤリスベースキープコンセプト直線基調デザイン採用

新型シエンタは2022年7月登場が期待されています。

ボディサイズは見直されつつも5ナンバーサイズを維持。

しかし、フリードに比べてボディサイズが小さくまとまり気味のシエンタ。

新型はサイズを広げ、直線ラインのフォルムと居住空間を拡張したモデルに進化します。

ヤリス・ヤリスクロスと選択肢の増えたデザイン性を踏まえ、新たなエクステリアとスポーティ性を加えるとのうわさです。

ヤリス6

Labo
さらに、「シエンタクロス」というシエンタベースSUVの登場がうわさされてるよ。
キャンプ・釣り・登山・アウトドア用品専門買取【JUST BUY】


新型シエンタのデザイン変更点

ベースとなるヤリスのデザインラインを取り込み、現行よりもシャープに変化。

フロントマスクはヤリスとヤリスクロスで選択肢が広がりました。

ヤリスクロス

派生元のモデルどれかに似てくるのはたしかで、その選択肢にはアクアも入ってくるでしょう。

アクアは2021年新型がうわさされており、先に登場すれば、ハイブリッドグレードにおもに影響を与えそうです。

ボディサイズは継続ですが、現行シエンタはフリードに比べて「ボディサイズが小さく見える」と評価されています。

べつにそこが良さにもなると思うのですが、人や荷物を積めないデザインに見えるため、たしょうのサイズ拡張は可能性あります。

まあ、TNGAを駆使すれば、サイズをコンパクトに魅せつつ各パーツ位置の最適化で、居住性や積載性を高めるでしょう。

5ナンバーサイズは継続されます。

最強トヨタのうれすじ戦略により、ライバルに劣らないスモールサイズミニバンに仕上げるでしょう。

比較
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
シエンタ
  • 4260mm
  • 1695mm
  • 1675mm
  • 2750mm
フリード
  • 4265mm
  • 1695mm
  • 1710mm
  • 2740mm

新型シエンタの内装予想

シエンタ26

大型ディスプレイオーディオ採用

最新のトヨタセーフティセンス搭載をうけ、ディスプレイ大型化や機能向上を果たします。

インパネまわりは、直感的なデザインになるでしょう。

期待します。トヨタ車のインパネまわりってすこし地味ですよね。

内装はさらなる使い勝手向上を果たす

話題となった3列目のダイブダウン構造含め、さらに使い勝手を向上するため、シートアレンジに工夫を加えると見られています。

また、この5年のモデル経歴から得た車内ポケットの使い勝手なども研究され、見直して還元されます。

この部分については、ファミリー・単身共通で気になる部分でしょう。

女性目線やダイハツモデルからのアイデアが加えられ、居住性の向上に役立てられます。

乗車人数は2列&3列継続

  1. 3列シート7人乗り
  2. 2列シート5人乗り

ラインナップはフリードを意識したものとなり、変わりません

2列シート5人乗りは2018年に追加設定されたものです。

3列はファミリー層向け、2列は単身層のレジャー向けという目的わけになります。

めいかくに目的をわけているため、現行2代目で人気を博したシエンタは、3代目も必須要素を変えることはないでしょう。

【継続】両側スライドドアの便利機能

自動開閉・ハンズフリー機能もオプションで設定されます。

パワートレインは新開発1.5Lガソリン&1.5Lハイブリッド

シエンタ25

パワートレインもヤリスに準じ、新開発3気筒の

  • 1.5Lガソリン
  • 1.5Lハイブリッド

が搭載されます。

このラインナップすべてに2WD・4WDが用意され、駆動方式はCVTを採用

また、エンジンパワーを上げつつ、ハンドリング・足回りをみなおし、走りと乗り心地は1段上に飛躍します。

新型シエンタのToyota Safety Sense

Toyota Safety Sense

こちらもヤリスに搭載した最新の性能を手に入れ、全車標準装備となります。

【参照】ヤリスにコンパクトカー初機能搭載

  1. レーダークルーズコントロール
  2. レーントレーシングアシスト

新装備高度駐車支援システムAdvanced Park(アドバンストパーク)

  1. 自動制御ステアリング・アクセル・ブレーキ機能

その他コンパクト初機能

  1. 低速時加速抑制機能
  2. リヤクロストラフィックオートブレーキ
  3. ブラインドスポットモニター

 

【2020年6月頃?】シエンタ一部改良?

  • ボディカラーのラインナップ見直し

 

【2019年10月4日】シエンタ特別仕様車GLAMPER

エクステリア

  1. フロントグリル(漆黒メッキ)
  2. ドアミラーカバー(ブラック加飾)
  3. アウトサイドドアハンドル(ブラック加飾)
  4. ホイールキャップ(ブラック加飾)
  5. 特別設定色グレイッシュブルー

内装インテリア

  1. ブラックインテリア(インストルメントパネル&アッパーボックス)
  2. 専用ファブリック巻きフロントドアアームレスト
  3. 専用ファブリックシート表皮(コハク)

トヨタは2019年10月4日、シエンタにアウトドアテイストのモデルを設定しました。

 

【2018年9月11日】トヨタシエンタ初マイナーチェンジ

トヨタはシエンタ初のマイナーチェンジを2018年9月11日実施。

ラゲッジがフラットになる2列シートモデル「FUNBASE X」「FUNBASE G」を新設。

価格は177万6600円~253万2600円。

現行が発売されたときのインパクトもすごかったです。フォルムそのものが変わりました。

次のフルモデルチェンジはTNGA化で、正常進化を遂げつつ、新機能まんさいになりそうですね。

変更点

  1. フロントグリル/バンパー/リアコンビランプ/フォグランプ機能デザイン変更
  2. 5人乗り仕様(2列シート)FUNBASE新設定
  3. ボディカラー:センシュアルレッドマイカなど設定/2トーンルーフ設定
  4. 燃費:ハイブリッド燃費28.8キロ(JC08モード)
  5. Toyota Safety Sense:機能向上(歩行者検知機能など)
  6. 特別仕様車Gクエロをグレードに移設

エクステリア変更点

フロントバンパー・フロントグリル・ヘッドライト・リアランプ・ホイールキャップのデザインを大幅に変更。

メッシュグリルとメッキ加飾でフロントデザイン統一。

次いで「ボディカラー」も新色追加。

ボディカラー|新色追加・2トーン設定|全16色

モノトーン
  1. スーパーホワイトⅡ
  2. ホワイトパールクリスタルシャイン
  3. シルバーメタリック
  4. ブラックマイカ
  5. センシュアルレッドマイカ
  6. ベージュ
  7. ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン
  8. エアーイエロー
  9. ラディアントグリーンメタリック
  10. ブルーメタリック
2トーン
  1. ブラックマイカ×センシュアルレッドマイカ
  2. ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン×ホワイトパールクリスタルシャイン
  3. ブラックマイカ×ベージュ
  4. ブラックマイカ×エアーイエロー
  5. ブラックマイカ×ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン
  6. ブラックマイカ×ラディアントグリーンメタリック

不評だったフレックストーンを廃止して、2トーンルーフを6色設定。2トーンは、ドアミラー・ルーフが同色になります。

ホワイトパールクリスタルシャインには、限定色ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャインのドアミラー・ルーフが設定されます。

また、新色として

  1. センシュアルレッドマイカ(C-HRの赤)
  2. ベージュ
  3. ラディアントグリーンメタリック(C-HRの青)

を追加。それぞれに2トーンも設定されています。

新色追加・2トーンルーフ追加で「売れ筋のC-HR化」を果たすわけですね。

カローラスポーツに続く「C-HR的キャラ設定」で親しみやすくなります。

インテリアは「座席数」調整と「質感」を高めます。

インテリア変更点

【2列シート仕様設定】5人乗り「FUNBASE X」「FUNBASE G」追加

5人乗り仕様はハイブリッドモデルとガソリンモデルの2WDに設定。

ラゲッジに余裕が生まれる

2列目シートを倒せば、フラット状態で最大荷室長2065mmの大容量ラゲッジスペースになります。

ユーティリティホール設置

ユーティリティホールとは左右のデッキサイド(タイヤ上部)に「9個」の便利なひっかけ部品が設置されているものです。

ここに「ラゲージユーティリティセット」や「システムバーセット」といったディーラーオプション品を取り付けることによって、荷物滑りや落下を防ぎ、ラゲッジスペースを有効に活用できます。

機能性向上

  1. イモビライザー|全グレード標準装備
  2. パワースライドドア予約ロック機能|G Cuero・G標準装備
  3. ※XはスマートエントリーとセットOP
  4. リアシートリマインダー(後席置き忘れ防止アラート)|X以外に標準装備
  5. オート電格式アウターミラー|G Cuero・G標準装備
  6. ※Xはスマートエントリー|セットOP
  7. 充電用USB端子(2個)|全グレード標準装備
  8. 後席用アクセサリーソケット|2列シートモデルに全装備
  9. 6スピーカー|G Cuero標準装備
  10. ※他グレードはナビレディパッケージ|セットOP
  11. ステアリングヒーター
  12. ※スーパーUV&シートヒーターパッケージ|セットOP

パワースライドドア「予約ロック」機能追加

パワースライドドアが閉まっているときに「施錠」動作を加えるとクローズ後の施錠を予約できる便利機能です。

リアシートリマインダー|荷物置き忘れ防止機能初採用

走行後に車両を停止してスタートボタンをOFFした場合に、マルチインフォメーションディスプレイに「荷物置き忘れ防止」の通知メッセージを表示します。

パワートレーンに変更はなく、熱効率を高め燃費向上が行われます。

燃費向上|ハイブリッド

G Cuero/G/X/FUNBASE G/FUNBASE Xグレード

  • MC後:28.8キロ(JC08モード)
  • WLTCモード:22.8キロ
  • 市街地モード:22.7キロ/郊外モード:23.9キロ/高速道路モード:22.1キロ
  • ※旧シエンタ:27.2キロ

ガソリン燃費

  • 2WD|20.2キロ|G Cuero/G/X/FUNBASE G/FUNBASE X
  • 4WD|15.4キロ|G Cuero/G/X

価格

HYBRID

X
2,226,960円(2WD)
G
2,380,320円(2WD)
G Cuero
2,532,600円(2WD)
FUNBASE X
2,187,000円(2WD)
FUNBASE G
2,340,360円(2WD)

ガソリン

X
1,816,560円(2WD)
1,958,040円(4WD)
G
2,020,680円(2WD)
2,162,160円(4WD)
G Cuero
2,172,960円(2WD)
FUNBASE X
1,776,600円(2WD)
FUNBASE G
1,980,720円(2WD)

Toyota Safety Sense【G Cuero・G標準装備】

「Toyota Safety Sense」となり高い機能性を「Xグレード以外に標準搭載」となります。

  1. インテリジェントクリアランスソナー設定
  2. 歩行者検知機能追加
  3. クルーズコントロール機能追加
  4. ※標準装備:HYBRIDのG“Cuero”・G・FUNBASE Gに設定
  5. パノラミックビューモニター設定(メーカーOP)
  6. パーキングセーフティーブレーキ(静止物対象)設定(メーカーOP:G・X)

ミリ波レーダー(現行:レーザーレーダー)+単眼カメラにより「歩行者」認識が可能になり事故の「回避や衝突被害の軽減」を支援します。

グレード見直し

X Vパッケージ廃止

  • FUNBASE Xをエントリーモデルに設定。価格:1,776,600円(2WD)

特別仕様車Gクエロをグレードに設定

特別仕様車「G」クエロをグレードに移設します。

これにより特別仕様車は、一時廃止。

トヨタ シエンタ

Labo
シエンタのベースとなる「新型アクア」と「ヤリス」の記事も参照してみてね!
Return Top