新型シエンタ2022年7月に期待|TNGAアクアベース

シエンタは2022年フルモデルチェンジするらしいけど
発売日や価格、室内の感じ、クロスオーバーモデルも出るの?

新型シエンタは7年ぶり2022年7月登場が期待されています。

ボディサイズは見直されつつも5ナンバーサイズを維持。

しかし、フリードに比べてボディサイズが

小さくまとまり気味のシエンタ。

新型はサイズを広げ、居住空間を拡張したモデルに進化します。

 

外観デザインにはアクア・ヤリスのデザイン性のように

直線基調になり、スポーティ性を加えます。

新型アクア登場で新型シエンタが気になる話。

さらにシエンタクロスという

シエンタベースSUVの登場もうわさになってます。

新型シエンタの外観デザイン予想

ベースとなるモデルのデザインラインを取り込み

現行よりもシャープな変化が予想されます。

フロントマスクはアクア・ヤリス・ヤリスクロス

選択肢も広がってます。

アクアは2021年新型になったので

新型シエンタのハイブリッドに影響を与えます。

 

5ナンバーサイズ継続

現行シエンタはフリードに比べて

「ボディサイズが小さく見える」

という評価です。

比較
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
シエンタ
  • 4260mm
  • 1695mm
  • 1675mm
  • 2750mm
フリード
  • 4265mm
  • 1695mm
  • 1710mm
  • 2740mm

そこが良さでもあると思うのですが

人や荷物を積めないデザインに見えるため

サイズ拡張の可能性も出てきました。

 

TNGAを駆使すればサイズをコンパクトに魅せつつ、

各パーツ位置の最適化で居住性や積載性を高めます。

トヨタの戦略により、ライバルに劣らない

スモールサイズミニバンに仕上がって登場しそうですね。

 

新型シエンタの内装予想

いま見るとちょっと古く見えるこのコクピット。

アクアの最新デザインに置き換われば最高ですね。

↑ ※アクア

ほか、装備類の予想も出ています。

シートアレンジに工夫を加えます。

話題となった3列目のダイブダウンの構造含め

より使い勝手を向上します。

モデル歴7年で車内ポケットの使い勝手も研究され

見直されるようです。

女性目線、ダイハツ軽自動車からのアイデアが

居住性に役立てられます。

 

乗車人数は2列&3列継続

  1. 3列シート7人乗り
  2. 2列シート5人乗り

ラインナップはフリードを意識したものとなり、変わりません。

  • 3列はファミリー層向け
  • 2列は単身層のレジャー向け

という目的分けになっています。

2列シート5人乗りは2018年に追加設定されたものです。

目的を分けているので、

現行2代目で人気を博したシエンタは

3代目も同じ構成になると見られています。

 

【継続】両側スライドドアの便利機能

  • 自動開閉
  • ハンズフリー機能

もオプション設定されると予想されています。

大型ディスプレイオーディオ採用

予防安全装備とあわせてアクアと同じ

10.5インチディスプレイで大型化。

見やすく直感的に操作できるタッチパネルになり、

機能も向上します。

 

パワートレインは新開発1.5Lガソリン&1.5Lハイブリッド

パワートレインはヤリスに準じ

新開発3気筒の

  • 1.5Lガソリン
  • 1.5Lハイブリッド

搭載予想となります。

このラインナップすべてに2WD・4WDを用意。

ハイブリッドに4WDグレードが追加設定

現行2WDだけのラインナップに

4WDグレードが追加設定されるということです。

駆動方式はCVTを採用。

 

また、エンジンパワーを上げつつ

ハンドリング・足回りを見直し

TNGAの効果もあって走りと乗り心地は飛躍します。

 

バイポーラニッケルバッテリー搭載

アクア新型ノアが搭載するハイブリッド用バッテリーで

  • バッテリー小型化
  • 電気アシスト拡大
  • EV走行距離拡大
  • WLTCモード燃費向上

といった効果を発揮。

ヤリスが積むリチウムイオン電池より高出力のものになります。

 

新型シエンタもToyota Safety Sense全車標準装備

こちらもヤリス・アクアに搭載した

最新の予防安全装備を手に入れ全車標準装備となります。

【参照】ヤリスにコンパクトカー初機能搭載

  • レーダークルーズコントロール
  • レーントレーシングアシスト

高度駐車支援システムAdvanced Park(アドバンストパーク)

交差点・カーブの右・左折時に巻き込みを防止する機能を含む

自動制御ステアリング・アクセル・ブレーキ機能。

 

その他コンパクト初機能

  • 低速時加速抑制機能
  • リヤクロストラフィックオートブレーキ
  • ブラインドスポットモニター

シエンタの一部改良情報はこちら