新型シエンタ2022年7月に期待|TNGAアクアベース【2021年6月2日一部改良&特別仕様車】

新型シエンタは2022年7月登場が期待されています。

ボディサイズは見直されつつも5ナンバーサイズを維持。

しかし、フリードに比べてボディサイズが小さくまとまり気味のシエンタ。

新型はサイズを広げ、直線ラインのフォルムと居住空間を拡張したモデルに進化します。

シエンタ

アクア・ヤリス・ヤリスクロスと選択肢の増えたデザイン性で

新たなエクステリアとスポーティ性を加えるとのうわさです。

アクア

新型アクア登場で新型シエンタが気になる話。

さらに「シエンタクロス」というシエンタベースSUVの登場もうわさになってます。

新型シエンタのデザイン

ベースとなるモデルのデザインラインを取り込み、現行よりもシャークになる変化が予想されますね。

フロントマスクはヤリスとヤリスクロスという選択肢も広がってます。

派生元のモデルどれかに似てくるのはたしかで、その選択肢にはアクアも入ってくるでしょう。

アクア

アクアは2021年新型になり、先に登場すれば、ハイブリッドグレードに影響を与えそうです。

5ナンバーサイズは継続されます。

現行シエンタはフリードに比べて「ボディサイズが小さく見える」という評価です。

比較
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
シエンタ
  • 4260mm
  • 1695mm
  • 1675mm
  • 2750mm
フリード
  • 4265mm
  • 1695mm
  • 1710mm
  • 2740mm

そこが良さでもあると思うのですが、人や荷物を積めないデザインに見えるためサイズ拡張の可能性も出てきました。

TNGAを駆使すればサイズをコンパクトに魅せつつ、各パーツ位置の最適化で、居住性や積載性を高めるでしょう。

トヨタの戦略により、ライバルに劣らないスモールサイズミニバンに仕上がって登場しそうですね。

新型シエンタの内装予想

シエンタ25

いま見るとちょっと古く見えるこのコクピット。

アクアの最新デザインに置き換われば最高ですね。

アクア

↑ ※アクア

ほか、装備類の予想も出ています。

大型ディスプレイオーディオ採用

予防安全装備とあわせてアクアと同じ10.5インチディスプレイで大型化。

見やすく直感的に操作できるタッチパネルになり、機能も向上するでしょう。

シートアレンジに工夫を加えます。

話題となった3列目のダイブダウンの構造含め、より使い勝手を向上します。

モデル歴5年の内に、車内ポケットの使い勝手も研究され見直されるようです。

女性目線、ダイハツ軽自動車からのアイデアで、居住性に役立てられます。

乗車人数は2列&3列継続

  1. 3列シート7人乗り
  2. 2列シート5人乗り

ラインナップはフリードを意識したものとなり、変わりません。

2列シート5人乗りは2018年に追加設定されたものです。

3列はファミリー層向け、2列は単身層のレジャー向けという目的分けになっています。

目的を分けているので、現行2代目で人気を博したシエンタは3代目も同じ構成になると見られています。

【継続】両側スライドドアの便利機能

自動開閉・ハンズフリー機能もオプション設定されると予想されています。

パワートレインは新開発1.5Lガソリン&1.5Lハイブリッド

シエンタ25

パワートレインもヤリスに準じ、新開発3気筒の

  • 1.5Lガソリン
  • 1.5Lハイブリッド

が搭載されます。

このラインナップすべてに2WD・4WDが用意され、駆動方式はCVTを採用。

また、エンジンパワーを上げつつ、ハンドリング・足回りをみなおし、走りと乗り心地は飛躍します。

新型シエンタもToyota Safety Sense全車標準装備

Toyota Safety Sense

こちらもヤリス・アクアに搭載した最新の予防安全装備を手に入れ、全車標準装備となります。

【参照】ヤリスにコンパクトカー初機能搭載

  • レーダークルーズコントロール
  • レーントレーシングアシスト

新装備高度駐車支援システムAdvanced Park(アドバンストパーク)

自動制御ステアリング・アクセル・ブレーキ機能

その他コンパクト初機能

  • 低速時加速抑制機能
  • リヤクロストラフィックオートブレーキ
  • ブラインドスポットモニター

シエンタの一部改良情報はこちら