ホンダN-VAN商用モデル|バモス アクティバン後継。2018年7月13日登場

N-BOXベースの「Nシリーズ」第6弾

商用軽バン・N-VANを設定。

バモス(乗用)/アクティバン(商用)は生産終了。

これからN-VANは「後継車種」の役割を果たすことになります。

N-VANは、最新モデル・N-BOXの「使い勝手」を継承。

助手席側をピラーレス化させ、荷物や人の「乗降性」を高めています。

 




N-VANのエクステリア

N-VANは、N-BOXベースでFF(前輪駆動)を採用。

ハイルーフに「G」「L」「FUN」グレードを設定。

ノーマルルーフを「COOL」に設定します。

価格

G

1,267,920円(2WD/6MT)18.6km/L
1,267,920円(2WD/CVT)23.8km/L
1,398,600円(4WD/6MT)17.6km/L
1,398,600円(4WD/CVT)21.2km/L

L

1,341,360円(2WD/6MT)18.6km/L
1,341,360円(2WD/CVT)23.8km/L
1,472,040円(4WD/6MT)17.6km/L
1,472,040円(4WD/CVT)21.2km/L

※G/LグレードはすべてNA(自然吸気)

FUN

1,560,600円(2WD/6MT)18.6km/L
1,560,600円(2WD/CVT)23.8km/L
1,668,600円(ターボ2WD/6MT)23.6km/L
1,691,280円(2WD/6MT)17.6km/L
1,691,280円(4WD/CVT)21.2km/L
1,799,280円(ターボ4WD/CVT)21.2km/L

COOL

1,560,600円(2WD/6MT)18.6km/L
1,560,600円(2WD/CVT)23.8km/L
1,668,600円(ターボ2WD/6MT)23.6km/L
1,691,280円(2WD/6MT)17.6km/L
1,691,280円(4WD/CVT)21.2km/L
1,799,280円(ターボ4WD/CVT)21.2km

※6MT/CVTともに同じ価格

その他

  • ナビ装着用スペシャルパッケージ:+38,800円
  • Honda SENSINGレス:▲70,200円

エコカー減税

NA(2WD):0円(100%)
ターボ(2WD):5,500円(80%)
NA(4WD):16,900円(40%)
ターボ(4WD):17,900円(40%)

 

タイプ別の特徴は以下となります。

グレード体系

  • 4ナンバー/4人乗り
  • 価格:N-BOX+20万円程度
  • 駆動:FF/4WD
  • ホンダセンシング「レス」仕様あり
  • 積載量:FF350キロ/4WD300キロ

エントリーモデル(ハイルーフ)G/L商用

NA(自然吸気)

  • トランスミッション:CVT/6MT(両方インパネシフト)
  • ボディカラー:ホワイト/シルバー
  • 装備:マルチリフレクターハロゲンヘッドライト

 

+style FUN(ハイルーフ)

NA/ターボ

  • トランスミッション:CVT/6MT(ターボ車はCVTのみ)
  • ボディカラー:6色+専用色イエロー
  • 装備:マルチリフレクターハロゲンヘッドライト
  • ホンダセンシング標準装備

 

+style COOL(ノーマルルーフ)

NA/ターボ

  • トランスミッション:CVT/6MT(ターボ車はCVTのみ)
  • ボディカラー:6色+専用色パープル
  • 装備:LEDヘッドライト

 

ボディカラー

エントリーモデル(G/L)

  • タフタホワイトⅡ
  • ルナシルバーメタリック

 

+style COOL/+style FUN

  • ブリリアントスポーティブルーメタリック
  • ガーデングリーンメタリック
  • プレミアムピンクパール
  • クリスタルブラックパール
  • シャイニンググレーメタリック
  • プレミアムホワイトパールⅡ
  • プレミアムイエローパール(+style COOL専用色)
  • プレミアムベルベットパープルパール(+style FUN専用色)

では、インテリア(荷室空間)はどのような造りでしょうか。

 

N-VANのインテリア

テールゲートと助手席側センターピラーレス(軽バン初)

「大開口」部分を増やし、場所を選ばず積載性に優れます。

積載性

最大スペース長:2635mm(助手席側・リアシートダイブダウン)
荷室長(助手席側):1510mm
助手席側開口部幅:1580mm
助手席側開口部高:1230mm
テールゲート開口部幅:1230mm
テールゲート開口部高:1300mm
荷室高:1365mm
荷室幅:1390mm
荷室フロア長:1585mm(リアシートダイブダウン)
荷室床面地上高:525mm
最大積載量350kg
段ボール:71個
ビールケース:40個

 

シートアレンジ|運転席以外のシートをすべて格納可能

  • 荷室スペース:ダイブダウンによるフルフラット化が可能
  • リアシート:背もたれが小さいヘッドレスト無し仕様
  • リアゲート下:床下に収納スペースあり

N-VANは、商用以外のキャンプ道具積み込み、自転車積載、大型品購入など、

荷室を様々な積載スペースに使うシーンを想定しています。

仕事に遊びに大活躍間違いなしなのが、新型N-VANです。

 

その他のメリット
  • 低床化し荷物を積み下ろしやすい造り&乗降性向上
  • 荷室:100V AC電源+USBユニット設定(FUNに設定)
  • ハイルーフ荷室:荷室長1630mm/荷室高1365mm(2名乗車時)

 

商用車・新型を駆動する「エンジン」の情報です。

N-VANのエンジン|直3 DOHC S07A型 改良 採用

  • エンジン:直列3気筒DOHC 660cc i-VTECエンジン 自然吸気「S07B」型
  • 最高出力:43kW(58PS)/7300rpm
  • 最大トルク:65Nm(6.6kgm)/4800rpm
  • トランスミッション:CVT
  • JC08モード燃費:23.6キロ~23.8キロ

N-VANは主に街中での低速走行が多い状況を想定しています。

そのため、低回転域で出力を発揮できるN-WGNのエンジンを搭載。

N-BOXと変わりません。

低回転域トルクに優れるエンジンは積荷の重さによらず、燃費効率と走行性能の両立が可能なのです。

そして、N-VANのJC08モード燃費となります。

 

燃費(JC08モード)

  • NA:23.8キロ
  • ターボ:23.6キロ

NA&ターボともに経済性が高く、長距離移動にも役立つ燃費性能となりますね。

その燃費数値を含めたN-VAN(自然吸気)のスペックは以下となります。

 

スペック

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1780mm
荷室長:1630mm(2名乗車時)/(アクティバン荷室長:1725mm)
荷室高:1365mm/(アクティバン荷室高:1200mm)
ホイールベース:2520mm
エンジン:直列3気筒DOHC S07A型採用(N-WGN搭載)
最大出力:58ps/7300rpm
最大トルク:6.6kg.m/4700rpm
燃費:23.6キロ~23.8キロ
価格:156万~179万円

 

そして、ついに商用車にも先進安全機能が広がってきましたね。

Honda SENSING搭載

「商用車にも先進安全技術搭載」が話題になっていますね。

  • トヨタハイエース:Toyota Safety Sense P標準搭載
  • 日産NV350キャラバン:エマージェンシーブレーキとVDC標準装備
  • ダイハツハイゼットカーゴ:スマートアシストIII搭載

など「クルマを走らせる仕事にも安全性は必須」との認識が浸透してきています。

 

N-VANも運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を搭載し、安全性向上を図ります。

 

ビジネスにも遊びにも使えるN-VAN

その広い室内スペースを活かして、キャンプ仕様にカスタム可能。

ビジネス以外にも「シートアレンジ」を活用できます。

キャンプ用ベッド道具一式(オプション設定)

新型N-VANではユニークな使い道の提案が行われています。

リアバンパーには電源コンセントを装備するようです。

このようなオプション設定はフリード(2列シートモデル)で実績を積み上げています。

ホンダには応用が利き、新型N-VANの売り出し方に役立てるのだと思います。

例:キャンプ仕様にする場合

フラットになったフロアを「荷室空間」として利用し荷物とともにキャンプ場へ向かいます。

現地に着いたら、リアバンパーの電源コンセントからの電源供給で明かりを灯し、夕食の支度に入ります。

夕食を終えたら、荷室フロアにマットレスを敷いて「ベッド」仕様に変更。

今夜は車中泊でぐっすり眠れそうです。

 

関連記事

スペーシアベース(2022年モデル)情報はこちら。




DAILY RANKING