レクサスCT後継登場に期待していい?|現行廃止とEVの噂はどう動いていく?

レクサスの現行CTは2021年12月までにモデル廃止という噂も出ていました。

しかしまだ現役です。

 

エレクトリファイドシリーズが発表されたことによって

その中にハッチバックが映し出されています。

このモデルがコンパクトサイズでCT後継のEVになるのか、

ワゴンタイプなのかまだ判明していません。

 

しかも、その上部左端には同じくハッチバックタイプの

シルエットだけのモデルが存在します。

こちらは「SUV」と見られており、右側はUXです。

 

CT後継を匂わせるEVモデルが3種類あるということです。

ただ、CT後継の噂は2021年中に出ませんでしたし

もう2020年以前のお話です。

 

これから情報が出てくると思いますが

どういう動きが出てくるか楽しみです。

 

以下はこれまでに出ていたCT後継に関する情報です。




ボディサイズ・コンセプト変更など大胆な変化を遂げる?

初期情報ではレクサスLF-SAというコンパクトコンセプトが

CT後継と見られていました。

でもこのモデルはレクサス新型コンパクトSUVで別物。

 

次のCTがもしSUVになればコンセプトの意味は合ってますね。

 

もう一つの可能性はEV化の話です。

CT後継は電気自動車として登場?

CT後継はEV化という話も出ています。

この場合の新型コンセプトはコンパクトSUVモデルで中国で先行発売。

同時期に日本にも導入されると噂されていました。

 

仮にEVが登場した場合、出力150ps・航続距離300kmは確保されるでしょう。

 

【2020年8月20日】レクサスCT一部改良

価格帯は3,869,000円~4,881,000円。

安全機能更新

対静止物仕様のパーキングサポートブレーキが追加され、

低速走行時に壁面などに衝突する危険を回避できるようになります。

また、被害軽減に貢献します。

この機能は全車に標準装備されました。

 

ボディーカラー新設定

  • ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング
  • テレーンカーキマイカメタリック
  • セレスティアルブルーガラスフレーク

 

関連情報

レクサス新型コンパクトSUV情報はこちら。




WEEKLY RANKING