新車Labo

Read Article

アウトランダー新車2021年2月発売|予想価格280~530万円PHEV2モーターS-AWD

新型アウトランダーは2021年2月発売。年内に2.0Lガソリン投入。PHEVは時期遅れ、2022年2月に投入されると噂されています。

プラットフォームは日産新型エクストレイルと共用します。

彼がCMで全モデルに乗るおかげで、日産の販売は伸びそうですね~。

人気のPHEV。これまではアウトランダーだけでした。

しかし、スモールサイズのPHEV搭載車・エクリプスクロスPHEVが新登場していますよ。

スポーティセッティングで価格は385万~450万円。



新型アウトランダーのエクステリア予想

アウトランダー

【比較】エクストレイルの外観(ローグ兄弟車)

エクストレイル2

エクストレイルを見たとき「ゴツっとしてるな」と思ったので、アウトランダー寄りの影響が出ていますね

エクストレイルと共有する軽量・高剛性の最新プラットフォームを軸に、三菱独自に開発しています。

新型アウトランダーの内装予想

2列シート5人乗りを継続。

最新プラットフォーム採用により、もしかしたら3列シート7人乗りが設定されることも期待されています。

新型アウトランダーのパワートレイン予想

アウトランダーPHEV6

先行販売される【ガソリン】

新型アウトランダーには2.0Lと2.4Lのガソリンエンジンが搭載され、2WDモデルも設定されると期待されています。

遅れて投入される【PHEV

新開発とはならず、現行の2モーターPHEVシステムの発電効率を進化させたものになります。

効率がよくなる理由はバッテリーの高性能化によるものです。

PHEV
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • エンジン出力/トルク
  • モーター出力
  • トランスミッション
スペック
  • 4700mm
  • 1800mm
  • 1730mm
  • 2500mm
  • 1900kg
  • 2.4L+前後2モーター
  • 130ps/20.3kgm
  • 82ps+95ps
  • CVT

EVによる単独走行距離は、現行の60キロから100キロへ改善が図られると期待されています。

ちなみに他社のプラグインハイブリッド・RAV4 PHVは95キロです。

新改良2モーターPHEVシステム

回生エネルギーを効率的に電力化して、フル充電・燃料満タン時の航続距離を700km超えを目指します。

また、新型はガソリンエンジンを使用しないEVモード単独での航続距離の延長にも力を入れます。

新型アウトランダーの4WDシステム

アウトランダーPHEV1

AYC

前輪左右の駆動力配分を制御するヨーコントロール。

S-AWC

四輪のブレーキ制動力をコントロールし、限界運動性能を向上する車両運動統合制御システム。

2つのノウハウを活かした世界屈指の4WDシステム採用

S-AWC技術の採用により、様々な走行条件下でのドライブを可能にし、力強い走りを実現。

オンもオフも走破する先進のドライビングテクノロジーです。

S-AWCは、AWC思想を高次元で実現する車両運動統合制御システム。

4輪の駆動力・制動力を思いのままに制御し、いかなる走行環境においてもドライバーの操作に忠実な挙動を実現します。

S-AWC搭載により、誰が運転しても気持ちよくドライビングが可能に。

  • 「走る喜び」
  • 「確かな安心」
  • 「意のままの操縦性」
  • 「卓越した安定性」

を高いレベルですべてのユーザーに提供します。

新型アウトランダーの先進安全装備

MI-PILOT

日産の同一車線対応運転操作支援システムプロパイロットをマイパイロットとして採用します。

アウトランダーPHEV4

アウトランダーLabo



Return Top