日産三菱新型軽EV SUV(IMk SUV)に期待|軽キックス&パジェロミニが電気自動車で復活?

IMkにSUV版登場?
日産三菱は軽EVに続きSUVも市販?

日産三菱(NMKV)開発による軽EV SUV(IMk SUV)が

IMkに続いて登場することが期待されています。

 

外観はキックスのイメージ

 

予想エクステリアは現行キックス。

初代キックスは軽自動車で登場していて

2代目から登録車となりました。

この軽自動車規格⇒登録車へ変更の動きが

IMk SUVにも適用される可能性が指摘されています。

 

三菱版はパジェロミニ?

日産IMk SUVとエンブレム違いで登場予想。

外観はパジェロミニ後継みたいなコンセプト

ekクロスとの違いが強調されます。

 

予想価格

いま分かることは軽EV IMkの価格を参考にするということのみです。

【参照】軽EV IMkの価格
実質購入価格2,000,000円
予想本体価格2,200,000円?
この価格から補助金で税金軽減や免税が行われます。
なので実質負担額は一般的な軽自動車と同等レベルになる買い物です。

 

日産三菱軽EV SUV(IMk SUV)の外観はキックスの雰囲気

確定ではなくIMkのデザインでSUVになる可能性もあります。

コンセプトなのでIMkも市販車の外観は確定していません。

アリア風なのだろうという想像しか湧かないですよね。

 

比較すればSUVのeK Xをイメージさせる意匠にも見えます。

コンセプト段階であれば、どのモデルにも対応できるからです。

IMkはSUVにもなれる外観にも見えますよね。

 

軽自動車EV専用プラットフォーム採用

IMkはコンセプト段階で少し大きなボディ規格になっています。

IMkコンセプト
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
ボディサイズ
  • 3434mm
  • 1512mm
  • 1644mm

全幅は軽規格の1475mmを超えています。

 

このことが意味するのが

日産三菱軽EV SUV(IMk SUV)は

  • 登録車規格にも拡張される可能性がある

という予想につながっているのかもしれません。

 

となれば外観がキックスなので

キックスEVかもっとミニサイズのキックス似SUVの誕生

と話が繋がっていきそうな予感がします。

 

電気自動車i-MiEVが軽自動車からコンパクトカーになりましたよね。

 

日産三菱軽EV SUV(IMk SUV)の内装予想

キックスの内装にはならずIMkから派生させた

EVらしいすっきりとして扱いやすそうなインテリアになるでしょう。

ここはIMkと共通でしょうね。

 

日産三菱軽EV SUV(IMk SUV)のパワートレイン予想

スペックはIMk同等でしょう。

IMk SUV
  • 動力
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 駆動用バッテリー
  • 航続距離(予想)
スペック
  • モーター
  • 64ps
  • 16.3kgm
  • 総電力量20kWh
  • 200km/L

 

総電力量20kWhの駆動用バッテリー搭載

蓄電力はV2H機器を使えば

家の非常用電源として活用できる仕様になると

三菱から発表されています。

 

航続距離は200km目標

現在は、パワートレインに関して

「何も発表されていない」状況です。

 

日産三菱軽EV SUV(IMk SUV)の先進安全装備予想

デイズ・ekワゴンの性能を超える

プロパイロット2.0が採用されるでしょう。

高速道路と一般道でも運転支援が可能になります。

 

一般道の運転支援は「主要幹線道路運転支援機能」と呼ばれ、

軽自動車の運航が多い一般道で安全に機能する高度機能です。

 

高度機能搭載?

  • プロパイロットリモートパーキング
  • ドライバーレスバレーパーキング機能
  • スマホ連携パーソナライズシートポジションセッティング
  • コネクテッド機能|乗車前のエアコン・ステアリングヒーター・シートヒーター作動機能

 

日産三菱新型軽EV(IMk)情報はこちら。

 

ミニSUVシリーズ

ダイハツロッキーe-SMART HYBRID情報はこちら。

ホンダ新型コンパクトSUV情報はこちら。

スズキ新型コンパクトSUV情報はこちら。

レクサス新型コンパクトSUV情報はこちら。

 



WEEKLY RANKING