アクアに『安全装備充実グレード』追加|2WD・4WDに設定

上位グレードに位置するようなので、かなりの機能が搭載されるのか?

それともあまり売れてなくて、注目させる機能搭載なのか?

新型アクアはToyota Safety Sense全車標準装備です。

 

交差点・カーブの右・左折時に巻き込みを防止する機能を含む、アドバンストパークは設定されています。

とくに目を惹く話題はありませんでした。

 

アクアの既存安全機能

  • プリクラッシュセーフティ
  • 全車速対応型アダプティブクルーズコントロール
  • レーントレーシングアシスト
  • プラスサポート(ペダル踏み間違い)
  • アクセサリーコンセント(AC100V/1500W)
  • 非常時給電モード

ここへ、それ以上の機能が追加される?ということは

最新モデル・ノアに追加された機能を設定

プロアクティブドライビングアシスト

後付けできるんですね。

歩行者・自転車・駐車車両の動きを「先読み」して

ステアリング・ブレーキ操作をアシストする機能です。

 

さらに、先行車・カーブで減速操作サポートも。

ドライバーの張りつめた緊張感を緩めたり、安全運転に必要な認知・判断が苦手な人をサポートします。

 

そうなると現行価格にどれほど上乗せされるでしょう。

現行価格は2,090,000~2,598,000円。

 

上級グレードに設定されるので、本体価格2,598,000円以上になるかもしれません。

参考に現行グレードは

  • Z|最上級
  • G
  • X
  • B|最廉価(ビジネス)

がラインナップされています。

G・最上級Zグレード辺りに安全機能を充実させるのかもしれないですね。

 

関連記事

【最新】待望のトヨタシエンタはbZ4X系顔デザインで2022年夏ついに登場!




WEEKLY RANKING