新型ステップワゴン上級(ハイグレード)仕様でオデッセイ枠を埋められるのか?という話題。

新型ステップワゴンはスパーダに上級(ハイグレード)仕様を設定するって話題がありますよね。

こんな話題が出たのも、2021年12月に生産終了するオデッセイが原因でしょう。

オデッセイは必要ないから生産終了したのか?

それとも、

新型ステップワゴンにその役割を与える「前提」で生産終了したのか?

この辺りに疑問が浮かびました。

どうやらオデッセイには後継ミニバンが2022年秋冬登場するようです。

スパーダは3ナンバーサイズのスポーツタイプ

なので、ボディサイズではオデッセイに近い部分があります。

しかし、元々ライバルはノア・ヴォクシーエアロ、セレナハイウェイスターです。

スパーダでは

ライバルがアルファードやエルグランドだった

オデッセイの溝を埋めるモデルにはなれないでしょうね。

新型ステップワゴンになって、

スパーダだけ特別にボディサイズが大きなカスタム仕様にならない限りは。

そんなことはあり得ないでしょうし。

 

ではスパーダの上級仕様を勝手にオデッセイの後釜だと思い込んでいる

管理人の妄想ということでしょうね。

話題が出たときにピンと来たつもりでした。しかし、

「オデッセイの後継モデルが登場しない」とはまだ確定していません。

車販売盛況の中国でも米国でもかなり大きなサイズのホンダモデルが存在しますよね。

しかもSUVが人気なので、オデッセイのような専属ミニバンを撤退して、

大型の新型SUVが日本でも登場するという可能性もなくはなさそうです。

そんな予想情報は出ていませんけどね。ただ、

ホンダはEVの電動化で加速していきそうな雰囲気です。

Honda eはじめ、

Honda-e

ヴェゼルの電気自動車バージョンもすでに発表されています。

2021-Honda-SUV-e-Prototype-4

このラインナップやメーカーの流れを見ていると

だんだんサイズアップしているので、

ミニバンもEV化の波に乗るんじゃないかってね。

思うんですよ。

 

波に乗らないならミニバンは撤退するか、もっと大型SUVでEVが登場するとかね。

でも、あまり大きなモデルとEVって効率悪そうですね。

まぁもう燃費の競争ではなく、パワートレインの変遷に注目が集まっているので

別にミニバンが電気自動車になってもおかしくないですよね。

 

トヨタもEVのラインナップにミニバンが入っているし。

トヨタスバル共同開発EV

オデッセイはもしかして、電気自動車になって後継が出るんじゃないか

淡い期待を抱いたわけです。好きだったモデルですから。

ただ、新型ステップワゴンがスパーダの上級仕様を出しても

オデッセイの役割は果たせないよね~と強く感じます。

 

いったいオデッセイが抜けたラインナップを

このあとどうするんでしょうね?