新型ステップワゴン上級PREMIUM LINEでオデッセイ枠を埋める?という話題。

新型ステップワゴンはスパーダに上級仕様を設定するって話題がありました。

これがスパーダPREMIUM LINE?と発表時に感じたものの

スパーダPREMIUM LINEはスパーダに装備を加えた上級仕様でした。

 

ステップワゴンはすでに新型が発表されていて、グレードには

  • AIR
  • SPADA
  • SPADA PREMIUM LINE

が用意されます。

 

で、予想ではかなり前に

このSPADA PREMIUM LINEがオデッセイ後継という話をしています。

つまり、オデッセイの枠はステップワゴンの上級仕様で埋めるという意味。

 

しかし、その後、オデッセイ後継新型ミニバンが登場する、

しかも2022年内という情報が出ました。

 

こんな重複した話題が出たのは、

2021年12月に突然生産終了したオデッセイが原因でしょう。

 

オデッセイは”必要ないから”生産終了したのか?

それとも、新型ステップワゴンにその役割を与える「前提」で生産終了したのか?

ここに疑問が浮かびました。

 

重ねますけど、オデッセイには後継ミニバンが登場するという情報が出ています。

さて、

  • ステップワゴンのさらに上級仕様が出て後継になるのか?
  • オデッセイには後継新型が用意されるのか?

ここを深掘りしていきましょう。




スパーダは3ナンバーサイズのスポーツモデル

なので、ボディサイズではオデッセイに近い部分があります。

しかし、元々ライバルは

  • ノア・ヴォクシーのエアロ
  • セレナハイウェイスター

です。

 

スパーダでオデッセイ枠を埋めるとしたら

ライバルがアルファードやエルグランドなので

その溝を埋めるモデルにはなれないでしょう。

 

新型ステップワゴンSPADA PREMIUM LINE以上の上級仕様が

特別にボディサイズが大きな仕様にならない限りは。

そんなことはあり得ないでしょうし。

 

新型ステップワゴンSPADA PREMIUM LINE以上の上級仕様を

オデッセイの後釜だと思い込むのは妄想レベルです。

 

しかし、「オデッセイ後継登場」はまだ不確定。

ホンダはEVが加速しそうな雰囲気。ミニバンも?

Honda eはじめ、ヴェゼルの電気自動車バージョンもすでに発表されています。

ラインナップやメーカーの動向を見ていくとだんだんサイズアップしているので、

 

ミニバンもEV化の波に乗るんじゃないか?

って妄想してしまいます。

この点、中国は先行するでしょうね。

 

もう燃費競争は終わり、パワートレインのEV化が強引に(?苦笑)

推し進められていく雰囲気なので、

オデッセイのようなミニバンが電気自動車になってもおかしくないですよね。

 

トヨタもEVのラインナップにミニバンが入っているし。

(これは商用で新型ハイエースと見られています

 

オデッセイは電気自動車になって後継が出るんじゃないか?

と淡い期待を抱いたわけです。好きだったモデルですから。

 

ただ、新型ステップワゴンSPADA PREMIUM LINE以上の上級仕様では、

オデッセイの役割は果たせないよね~と感じています。

 

オデッセイが抜けたラインナップにはどうなるか?

皆さん気になっていると思います。

 

今のところ、注目しておきたい情報は

新型ステップワゴンSPADA PREMIUM LINE以上の上級仕様

オデッセイ後継新型ミニバンが本当に出るのか?出ないのか?

この2点です。

 

関連記事

ステップワゴンが魅せる未来|家族をもっと笑顔に、気持ちよくしたい欲満載

新型ステップワゴン情報はこちら。

ホンダ新車発売情報2022




WEEKLY RANKING