新型XV 2022年11月登場予想|1.6L&2.0L(1.5ターボ)搭載予想

新型インプレッサと同内容を掲載しています。

外観と内装は今の流れだと

レヴォーグの雰囲気を纏うことになりそうです。

 

搭載エンジン

1.6L・2.0Lを継続採用して、別に新開発1.5Lターボ搭載の予想も。

ダウンサイズエンジン採用が期待されています。

 

予防安全装備

アイサイトXを一部グレードに採用。

 

時期的にホンダセンシングエリートのような

自動運転レベル3相当の機能が

試験的に搭載される可能性も指摘されています。

 



新型XVの新しい外観はレヴォーグ

スバルの主軸レヴォーグからデザインを応用します。

この流れはWRX S4WRX STIにも適用されるため

大きく外さないデザインに仕上がるでしょう。

 

新型XVの内装予想

内装もレヴォーグから大きく影響されます。

アイサイトX搭載グレードは

レヴォーグのタテ型大型モニターを採用。

 

インパネ周りはコネクトサービスの搭載で

変化がみられそうです。

 

プラットフォームは現行で刷新済み

新型XVはレヴォーグの新技術で現行をアップデートします。

サイズが現行と同等なら内装は

若干広さを感じさせるものになるでしょう。

 

  • パワーシート性能向上
  • ハンズフリーリアゲート装備

など機能の利便性向上は図られると予想されます。

 

搭載エンジンは1.6L・2.0Lに加えて1.5Lターボ追加?

新型XVのパワートレイン予想

4代目、5代目に継承したFB16型・FB20型をさらに継続します。

 

変化が少ないことは刺激がないものの、

SGP効果により剛性が上がり

スバル独自の走行性・出力・燃費向上は図られるでしょう。

 

1.6Lエンジン改良継続

燃費性能を中心に効果を発揮するエンジンで

日常で扱いやすいコンパクト仕様のための役割に特化します。

 

走りと燃費の2.0Lエンジンも継続

現行FB20型エンジンを継続搭載。

ノンターボでもマイルドハイブリッドの走行性・燃費性能を改良。

 

e-BOXERはモーターアシスト・制御で動力を統一し

リニアな走りをさらに追求します。

 

トランスミッション

リニアトロニックCVTを継続採用。

 

足回り

AWD制御テクノロジー向上の予想も出ています。

 

以下は可能性のある予想パワートレイン。

1.5Lターボ搭載予想

1.6Lエンジン&2.0Lエンジンに加え

ダウンサイジングしたターボエンジン搭載の可能性も指摘されています。

 

新開発でトルクフルなエンジンのため

インプレッサの話題作りには最適なパワートレインとなるでしょう。

 

トヨタ式2モーターハイブリッド搭載?

古い情報となりますがインプレッサシリーズに

トヨタ式のハイブリッドが搭載される予想も出ていました。

 

WTLCモードで20.0km/L以上の燃費を達成できるパワートレインです。

 

もし搭載したら

XVとインプレッサスポーツが候補として有力です。

G4には設定がないパワートレインになるでしょう。

 

新型XVの先進安全装備

アイサイトは更新&バージョンアップが行われ

レヴォーグの基本性能が与えられます。

 

自動運転レベル2相当のアイサイトXは

上級グレードで選択可能になるという情報です。

 

基本性能だけでも日常使いなら足りる仕様ですね。

 

同社関連モデル情報

新型インプレッサ情報はこちら。

新型ソルテラ情報はこちら。

XV改良情報はこちら。

 

 

以降は、XVの旧新型情報です。

【2017年4月6日】新型XV|3代目

  • ハイブリッドモデルは3代目初期では設定なし
  • 「DYNAMIC × SOLID」デザイン採用

 

エクステリア

  • 全高:1550mmで機械式立体駐車場を利用可能に。
  • 最低地上高:200mm

 

フロント

  • ヘキサゴングリル採用
  • ポジションランプ:薄型シャープ形状採用

 

ボディカラー|新色2色追加

  • クールグレーカーキ
  • サンシャインオレンジ

 

インテリア

  • ブラック&グレー基調
  • アクセント:オレンジステッチ
  • インストルメントパネル:抑揚あるデザイン採用
  • シートトリム:4種類設定

 

安全装備EyeSight ver.3全グレード標準装備

  • ハイビームアシスト
  • スバルリヤビークルディテクション
  • ステアリング連動ヘッドランプ
  • アクティブトルクベクタリング
  • 全車速対応クルーズコントロール
  • ステアリング車線中央維持機能(60キロ以上で作動)
  • 運転席SRSニーエアバッグ(全7つ)
  • 歩行者保護エアバッグ全車標準装備
  • 電動パーキングブレーキ全車標準装備

 

新SUBARU GLOBAL PLATFORM採用

  • 操舵応答性と操舵安定性を飛躍的に向上
  • 車線変更時などで操舵に対してクルマがリニアに反応
  • 衝突時のエネルギー吸収量増大
  • ボディ構造の最適化
  • 高張力鋼板の最適化
  • 重量増を抑制し全方位での衝突安全性を向上
  • ボディのフレームワークを一新
  • プラットフォームと上屋骨格の結合強化
  • リアフレームとサイドシルの結合構造見直し
  • 構造用接着剤の採用
  • ボディ全体の剛性を向上
  • 振動騒音を抑制
  • サスペンション改良(フロント・リア)
  • 構造刷新により大幅な剛性アップ
  • フロント:クロスメンバー構造変更
  • エンジンマウント取付部の剛性を向上し振動を遮断
  • リア:運動性能と振動騒音の低減を両立
  • ダンバーの減衰力最適化
  • リアスタビライザー:車体の揺れを抑制

 

搭載エンジン2.0L FB20型

  • 燃料システム直噴化
  • 約80%の部品で設計見直し
  • 燃費性能・実用域トルク向上

 

同社関連モデル情報

新型インプレッサ情報はこちら。

新型ソルテラ情報はこちら。

XV改良情報はこちら。

 



MONTHLY RANKING