クロストレック(XV)2023年以降登場|1.6L廃止&2.0Lマイルド&1.5ターボ搭載予想

↓※XV

 

動画にもまとめました

 

関連記事

新型インプレッサ情報はこちら。

 




予想価格

2,900,000円~3000,000円台

 

新型クロストレック(XV)の新外観

  • フルインナーフレーム構造
  • フルLEDハイ&ロービームランプ+LEDコーナリングランプ

ボディサイズ

XV&フォレスターと比較

比較
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
新型クロストレック
  • 4480mm
  • 1800mm
  • 1580mm
XV
  • 4485mm
  • 1800mm
  • 1550-1575mm
フォレスター
  • 4640mm
  • 1815mm
  • 1730mm

※ホイールベース2670mm
※重量1540~1620kg
※タイヤサイズ225/60R17・225/55R18

フォレスターSTI Sport2022年夏登場予定|一部改良時に設定

ボディカラー

全9色

デザインはXVらしいですね。

レヴォーグにもアウトバックにも寄らない。

新型クロストレック(XV)の内装

内装は最新モデルを踏襲。

  • 11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ
  • 2ピニオン電動パワーステアリング

ほか特徴

  • ファブリック(シルバーステッチ)|上級グレード
  • トリコット(シルバーステッチ)|標準グレード
  • 本革シート|メーカーオプション
  • 6:4分割可倒式リヤシート

 

搭載エンジンは2.0Lマイルドハイブリッドへ

新型クロストレック(XV)のパワートレイン

2.0L e-BOXER搭載

予想スペック

  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • モーター出力
  • 水平対向2.0L+モーター
  • 150ps
  • 19.5kgm
  • 14ps/7.0kgm

燃費予想

16km/L

駆動予想

シンメトリカルAWD(Xモード)

トランスミッション

リニアトロニックCVT

足回り予想

AWD制御テクノロジー向上

PHVは?

フルBEVソルテラの登場により電動化が見直され、追加設定の可能性もあるようです。

1.6L NAエンジン廃止

続報にて。

以下は可能性のある代替パワートレイン。

1.5Lターボ搭載予想

1.6Lエンジンに換えてダウンサイズ1.5Lターボ搭載の可能性も。

新開発でトルクフルなエンジン。予想数値は以下。

  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 水平対向1.5Lターボ
  • 150ps
  • 25.0kgm

インプレッサの話題作りには最適なパワートレインです。

 

新型クロストレック(XV)の先進安全装備

  • デジタルマルチビューモニター
  • フルLEDハイ&ロービームランプ+LEDコーナリングランプ
  • 新型ステレオカメラユニット
  • 広角単眼カメラ

 

同社関連モデル情報

新型インプレッサ情報はこちら。

新型ソルテラ情報はこちら。

XV改良情報はこちら。

 

 

以降は、XVの旧新型情報です。

【2017年4月6日】新型XV|3代目

  • ハイブリッドモデルは3代目初期では設定なし
  • 「DYNAMIC × SOLID」デザイン採用

エクステリア

  • 全高:1550mmで機械式立体駐車場を利用可能に。
  • 最低地上高:200mm

フロント

  • ヘキサゴングリル採用
  • ポジションランプ:薄型シャープ形状採用

ボディカラー|新色2色追加

  • クールグレーカーキ
  • サンシャインオレンジ

インテリア

  • ブラック&グレー基調
  • アクセント:オレンジステッチ
  • インストルメントパネル:抑揚あるデザイン採用
  • シートトリム:4種類設定

安全装備EyeSight ver.3全グレード標準装備

  • ハイビームアシスト
  • スバルリヤビークルディテクション
  • ステアリング連動ヘッドランプ
  • アクティブトルクベクタリング
  • 全車速対応クルーズコントロール
  • ステアリング車線中央維持機能(60キロ以上で作動)
  • 運転席SRSニーエアバッグ(全7つ)
  • 歩行者保護エアバッグ全車標準装備
  • 電動パーキングブレーキ全車標準装備

新SUBARU GLOBAL PLATFORM採用

  • 操舵応答性と操舵安定性を飛躍的に向上
  • 車線変更時などで操舵に対してクルマがリニアに反応
  • 衝突時のエネルギー吸収量増大
  • ボディ構造の最適化
  • 高張力鋼板の最適化
  • 重量増を抑制し全方位での衝突安全性を向上
  • ボディのフレームワークを一新
  • プラットフォームと上屋骨格の結合強化
  • リアフレームとサイドシルの結合構造見直し
  • 構造用接着剤の採用
  • ボディ全体の剛性を向上
  • 振動騒音を抑制
  • サスペンション改良(フロント・リア)
  • 構造刷新により大幅な剛性アップ
  • フロント:クロスメンバー構造変更
  • エンジンマウント取付部の剛性を向上し振動を遮断
  • リア:運動性能と振動騒音の低減を両立
  • ダンバーの減衰力最適化
  • リアスタビライザー:車体の揺れを抑制

搭載エンジン2.0L FB20型

  • 燃料システム直噴化
  • 約80%の部品で設計見直し
  • 燃費性能・実用域トルク向上

 

同社関連モデル情報

新型インプレッサ情報はこちら。

新型ソルテラ情報はこちら。

XV改良情報はこちら。




DAILY RANKING