スバル新型ソルテラ2022年夏に期待|エクステリア&インテリア画像一部解禁

スバル新型ソルテラの登場時期はトヨタ新型bZ4Xと同じ時期?
スバルSUV EVのスペックや価格、内装を知りたい。

スバル新型ソルテラはbZ4Xと同じ2022年夏登場が期待されています。

新型ソルテラのエクステリアは

トヨタ新型bZ4Xよりもシンプルなデザインを採用。

新型ソルテラにはe-TNGAプラットフォームが使用されており

全駆動方式・あらゆるセグメント

全規模のモーター&バッテリーに対応できるもの。

 

最新のバッテリー管理システム搭載により

航続距離350キロ以上走行可能なモデルになる予定です。

 

スバル新型ソルテラの内装は2列シート5人乗りを採用。

通常SUVの基本的な室内空間が提供されていますね。

 

安全装備はアイサイトが予定されています。

最新のアイサイトX支援機能搭載の可能性が高いでしょう。

新型ソルテラ
  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • 動力
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • トランスミッション
予想スペック
  • 4510mm
  • 1790mm
  • 1540mm
  • 2710mm
  • 1530kg
  • モーター
  • 165ps
  • 34.0kgm

予想価格

0

0

スバル新型ソルテラのエクステリア

リア形状

トヨタbZ4Xとリアランプ形状が違うことが分かりますね。

bZ4Xは外へ流れるのに対し

ソルテラはスバルらしくコの字形状です。

 

スバル新型ソルテラのインテリアも1つ公開されました。

スバル新型ソルテラの内装

イイ感じですね~♪☺

でもこの画像だと見えにくいからbZ4Xの内装でこちら。

センターの超大型タブレットはもうパソコン1台の性能を発揮してくれそうです。

目線を下部に移動するとスッキリしていて

運転中の操作しやすさが伝わってきますね。

ほとんどの操作をタッチで行えるのではないでしょうか。

メーターがほぼフロントガラス付近に位置しているため

走行中、インフォメーション把握がしやすいでしょうね。

 

シート形状は一般的な2列シート5人乗り

こちらもトヨタ版画像でシート確認。

後部座席は背もたれが奥まで倒せているので

上級SUVに特徴的なリアの居住性が高い仕様でしょう。

オプションで本革シートを選択すれば

さらにくつろぎ性が上がります。

第一弾EVに相応しい上級設定が行われるでしょう。

 

大型バッテリー搭載でスペースが犠牲になりそうなのに

ここまで拡張できたのには理由があります。

SUVの車高を生かし大容量バッテリーをフロア下に搭載

「でっかい板」と言えるほど大型のバッテリーを積むEVなので

上記画像のフロア下全体を使って電池が格納されています。

その大きさは想像してるより大きく

例えるなら、ミニ四駆の中に電池2本格納しているようなイメージ。

EVは大容量バッテリーを搭載しないと走行距離を伸ばせませんからね。

このような工夫をして

通常モデル並みに快適な室内空間が保たれているということです。

 

話の流れで航続距離の話に移りますね。

スバル新型ソルテラの走行距離は?

大型電池をフロア下に積んだことで

  • WTLCモード航続距離350kmオーバーになる

と予想されています。

モーター出力は165psを発揮。

バッテリーの重さとミドルサイズSUVのボディサイズであることを考えると

日常使用に足りる数値なのか心配ですけど

必要十分な出力は確保されているでしょう。

 

採用バッテリーが新型のリチウムイオン電池だった場合、

スバル新型ソルテラの航続距離は

最低でも300kmの航続距離は確保されそうです。

 

さらに、バッテリー関連の話は広がりを見せ、

既存内燃機関にはない動力性能を維持するための

新機能が搭載される可能性があります。

スバル新型ソルテラにはバッテリー管理システム搭載?

トヨタは海外有名大学と共同で

リチウムイオンバッテリーの寿命を正確に予測するシステム

を開発しています。

この技術はバッテリー容量をデータ化して
AIと組み合わせた最新システムです。

これから訪れる電気モビリティ化に備え、

内燃機関の管理のように

メインの動力であるバッテリーの状態を

しっかり把握するのに重要なシステムです。

エネルギー源である電池を
過不足なく循環させる役割を担います。

 

スバル新型ソルテラの予防安全装備はどうなる?

  • スバルEyeSight

一択採用でより自動運転に近づいたアイサイトXが設定されます。

2022年以降のEV普及は加速を見せるため

電気自動車に相応しい安全装備が選択されるでしょう。