ダイハツ新型コンパクトSUVに期待|ジムニーシエラ対抗モデル

ダイハツ新型コンパクトSUV登場の噂。

  • ジムニーシエラ対抗モデル
  • オフロード性を向上したSUV

と言われ、2021年発売が期待されていました。

しかしもう年末。何も音沙汰なく過ぎましたね。

 

噂のモデル概要

1998年に発売されていた

旧テリオスとテリオスキッドの関係に近いモデルです。

 

新型コンパクトSUVは軽SUVをベースに

1.0L以上のエンジンを搭載するというものでした。

 

フェンダーやバンパーを大きく拡張したモデルです。

 

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • 最高出力
  • 最大トルク
  • 3395mm
  • 1475mm
  • 1650mm
  • 2350mm
  • 990kg
  • 0.66L直3ターボ
  • 64ps/6400rpm
  • 10.2kgm

 




予想価格

1,500,000~1,900,000円

 

ダイハツ新型コンパクトSUVのエクステリア予想

ダイハツのコンパクトSUVにはすでにロッキー、

軽自動車ではタフトがラインナップされています。

新型コンパクトSUVはロッキーと異なるコンセプトのモデルです。

 

コンセプトWakuWakuがテーマ

WakuWakuの市販車が軽SUV。

登録車が新型コンパクトSUVになる可能性があります。

 

ヘッドライト

ヘッドライト周りの造形はリフレクター式LEDの可能性。

軽SUVと登録車の新型コンパクトSUVは

フロントデザインに大きな変化はなく、

フェンダー幅拡大/バンパー大型化がメインとなるでしょう。

 

リア周り

WakuWakuのようなリアウィンドウは採用されず、

一般的なものとなると予想されます。

 

リアドアハンドルはコンセプトカーと同様になる可能性。

 

  • リアドアブラック樹脂パーツ削減
  • リアゲート下部のシルバーをブラック樹脂カラーへ

する可能性があります。

 

新型コンパクトSUVの内装予想

新型コンパクトSUVは5ドア仕様になるでしょう。

 

リアシート

  • 3人乗車可能の5人乗り

となることが軽自動車仕様とは大きく異なる面となります。

 

ホイールベース自体は変わらないため、

シート間隔などの広さは変わりません。

 

インパネ周り

コンセプトカーWakuWakuはインパネシフトです。

この部分はそのまま継承されるはずです。

  • ディスプレイオーディオ採用

 

上方に開くルーフや樹脂製シートバック

こちらは実現しない可能性が高いでしょう。

横開きのリアゲートになる可能性はあるものの

スペアタイヤが標準装備になる可能性は低いです。

 

新型コンパクトSUVの予想パワートレイン

ロッキーに搭載されたワンペダル操作可能な

  • 1.2L e-SMART HYBRID

が採用されるでしょう。

 

4WDシステム

ロッキーと同様のダイナミックトルクコントロール4WDが装備されるはず。

ロッキーは最低地上高185mmで

新型コンパクトSUVは185mm以上~210mmになるかもしれません。

 

フレームは頑強で悪路に強いラダーフレームになることが期待されます。

ロッキーとの差別化という意味で最も重要なポイントといえるでしょう。

 

新型コンパクトSUVの先進装備スマートアシスト

予防安全装備は販売されている時点のスマートアシストの最新型が装備されます。

 

ダイハツ新型軽SUV情報はこちら。

ロッキー情報はこちら。

ダイハツ新車発売情報2022




WEEKLY RANKING