新車発売情報Labo

Read Article

トヨタ超小型EV新型モデル情報2020年12月発売|次世代モビリティ120万円程度の価格で登場?

トヨタは超小型EVをベースにした車を2020年12月に市販します。このEVは東京モーターショー2019のMEGA WEB会場・FUTURE EXPOで展示。2人乗りで航続距離は100km程度を想定。

比較的低価格と見られ、軽自動車よりも小さい全幅や全長となっています。全高が高く乗り降りがしやすく、サイズの取り回しの良さという部分で、高齢者と地方の交通網確保を目的に開発されています。

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • 乗車
  • 最高速度
  • 航続距離
  • 充電
  • 2490mm
  • 1290mm
  • 1550mm
  • 2名
  • 60km/h
  • 100km/L
  • 5時間(200V)


トヨタ新型小型EVの完成系エクステリア

トヨタ小型EV1

トヨタの新開発小型EVの市販モデルのエクステリアはおそらくモーターショー展示モデルから極端な変化はないものと考えられます。

ヘッドランプはプロジェクター式LEDランプが左右一灯ずつ。リフレクターやウィンカーの方式に変更される可能性も考えられます。

また、アルミホイールは別のものに変えられる可能性が高いでしょう。

トヨタ小型EV2

トヨタ新型小型EVのボディカラー

トヨタ小型EV3

トヨタ新型小型EVのボディカラーは、少なくとも展示モデルと同等のホワイトとブラックの2トーン設定。そして、シルバーやブルー、レッド系は用意されると考えられます。

ブラック部分をレッドやイエローなどにする方向性もあるかもしれません。

トヨタ新型小型EVのインテリア

公開されているモデルではインパネやダッシュボードの一部やステアリングホイール中央、エアコン吹き出し口がホワイトで彩られています。しかし、こちらはブラックで統一したバージョンが登場するものと思われます。

一方で、ホワイト以外のカラーバリエーションも考えられます。ボディカラーすべてに対応という可能性は低いでしょう。

窓ガラス周りは明らかにコンセプトカー仕様となっているため、市販版はもう少し窓周りに段差のあるデザインとなるでしょう。

ドアハンドルは非常に現実的なもののため、変化はないかもしれません。また、後部ドアは跳ね上げ式の現実的な仕様に作られています。

センターメーター配置のデジタルメーターに関して

おそらく市販モデルでも同等のものとなるでしょう。この車は2人乗りで、軽自動車よりも小さい全幅となっています。

シートは横2列になっていることから、助手席のスライド機構がある可能性もあります。展示モデルでの荷室スペースの構造を考えると難しいかもしれません。

ただ、ドア周りのデザインやセンターアームレストがないことについては市販モデルでも変わらないでしょう。

トヨタ新型小型EVのパワートレイン

トヨタの新型小型EVで公表されているスペックは最高速度60km/h、一回の充電での航続距離が100kmとなっています。駆動方式は公表されていません。

他の小型電気自動車の傾向から後輪駆動の線も考えられ、4WDの可能性はほぼゼロでしょう。

モーター出力は不明です。

現在発売されているドアなし1人乗りEVのコムスが5kwのモーターを搭載していますので、15kw程度の出力に収まることも考えられます。

トヨタ新型小型EVの先進安全装備

トヨタ新型小型EVは立ち位置が独特な車種です。販売ターゲットもToyota Safety Senseの搭載が期待されます。また、駐車支援テクノロジーの搭載も考えられますね。

一方、レーダークルーズコントロール搭載の可能性は極めて低いといっていいでしょう。

トヨタ新型小型EVの価格

コンビニエンスストアでも使われているドアのない1人乗り電気自動車”コムス”が90万円前後の価格で販売されています。

トヨタの新型小型EVは少なくとも120万円程度の価格になると考えられます。

画像引用元:https://www.motor1.com/

Return Top